だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  示現舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「映画・八鹿高校事件」上映会 レビューとまとめ

4月21日「映画・八鹿高校事件」上映会の報告



作品感想

●七十年代のリアルな光景が…

本作は記録映画という性質上、淡々と証言や検証が続けられており
「予習」や「予備知識」がないとなかなか「入り込めない」という
印象でした。鑑賞後、参加者の方とディスカッションをしたのですが
皆さんさすがに物知り、ワケ知りの方が多かったので味わいを
感じてもらえたようでした。

個人的にまず事件の陰惨さとは別に七十年代の田舎町の風景に
感慨に浸っていました。
若者たちの髪型も若い頃の篠田三郎のような感じで
ホーロー看板、自動車などなど映画やドラマにはない「七十年代」がありました。

映画のラストシーンは事件後、八鹿高校で運動会が開催されて生徒たちの
爽やかな競技風景で締めくくられますが、なにしろ女子生徒はまだブルマの時代。

これは同和とは別のマニアが喜びそうな感じでした。

それはさておき、作品内容ですが、参加者の方から「起承転結がない」という
感想をもらいました。

繰り返しますがやはり「記録映画」であり、それから有志による手作り作品だから
流れも脈絡がなかったりします。起承転結がないと感じられたのもこのせいでしょう。
いわゆる商業ドギュメンタリーのような演出もなく、ひたすら「メモ」を
ビジュアル化した印象です。

●丸尾一派、モロにヤーさん風情

それからもっと「仁義なき戦い」のようなバトルシーンが出てくるのを期待したのですが
全く出てきません。確かに首謀者である丸尾一派が出てくるあたりは
「ミナミの帝王やがな」というツッコミもできるけど
もっと現場で何が起きていたのか暴行シーンも出して欲しかったです。
というよりみんなそこを期待したのですが。

法廷に解放同盟側の一派が向かう時もせめてマイクを向けて
「どかんかいボケ」ぐらいの発言は引き出して欲しかったですね。
それからもともと丸尾一派による「モデル確認会」が事前に開かれて
珍坂校長たちが要求を丸呑みしてそこから教職員の反発が強くなったと。
ならば校長からも詳細な証言をしてもらうとかもうワンアクションが
あるとより面白かったかもしれません。

実際にリンチされた先生たちが出演して寝そべって「こんな風に蹴られた」とか
「ヘッドロックをかけられた」とか再現してくれるけども、まあそれだけだと
結局、「お気の毒でした」というしか言い様がありません。

被害者である先生たちの奥さんたちも登場してインタビューに応じているけど
それがとてもにこやかに応じているのが不思議でした。もっと被害者のような
顔をすればいいのに。

この辺りが単なる暴行事件ではなく結局、共産党‐解放同盟の場外乱闘という
印象が払拭できない点です。
とは言え暴行自体は許されない行為だし、どう考えても解放同盟に非があると思いますが
ただいずれにしても事件から半世紀近く経つ今でも党派によって
人権の扱いが変わるという風潮はもう終わりにしませんか、と。
思った次第です。

●ちょっとだけ解放同盟側にシンパシーを感じるなら…

最近、解放同盟の集会や学習会が非常にワンパターン化していて

1、高校生やおばはん活動家の泣き言 必殺の「他地域の人にジロジロ見られた差別」(*今なお根強い差別があると訴えて、実例を挙げると出てくるのがこのフレーズ)
2、座付き学者の演説(二十年くらいほとんど内容が変わらない)
3、だから人権救済法が必要だー、という締めくくり

なにしろ「(役所も政治家も)何もしてくれません、してもらえない」という発言が本当に多い。
それも反権力を売り物にする団体が、なぜか行政や法律頼み。
「してくれない」というのはその最たる例です。

だから朝田浅田・丸尾一派のやったことは絶対に褒められることではないけど
彼らの主張からすれば八鹿高校事件は決して矛盾していないと思います。
つまり気に入らないならば行政や法律とは別に直接行動をする、と。
今回の上映会だって気にいらないことがあれば、襲撃でもすればいいのです。

七十年代あたりならこうした暴行も時代が看過した、しかし今は時代が許さないから控える
というのはおかしい。密室で役所や不動産会社をいびったりするよりも
パンチマーマのオッサンが大挙して暴力で訴えた方がよほど”らしい”。
それこそ”華”というやつです。

八鹿高校事件は良くも悪くもまだ解放同盟が解放同盟らしかった頃の話だと思いました。

ディスカッションまとめ

なぜのどかな田舎町であれほどの事件が起きたのか?
(他地域でも八鹿高校事件のような事態が起きる可能性があったのになぜ八鹿高校だったのか?)
→兵庫県南部の都市部には解放運動が根付いていたものの、北部は弱かった。
その勢力版図拡大のために起きた摩擦だったのではないか。

再三の要請にも関わらず兵庫県警が動かなかったのはなぜか?
→当時、まだ学園紛争の余波があった時代。警察も学園への介入は容易ではなかったかも。
「学校の自治」の優先か? 学校の内輪もめという認識だった。
共産党が絡むと警察も動きにくい。また共産党が警察にすがるのもまたおかしい。

当時、全国的に革新自治体が増えて、いわゆる「社共ブロック」の時代だった。
この時、社会党=解放同盟、共産党はどう「同和」を扱ったのか?
→EX東京では美濃部都政で同和事業が盛んになった。自公民社のオール与党体制の自治体もあった。

メディアが報じなかったのはなぜか?
→そもそもそんな程度じゃないか。

といった具合でした。
せっかくいろいろな方が来て貴重な話をしてもらえたのにディスカッションの時間が
少なくて申し訳ありませんでした。
今度はもっと工夫して、意見交換の場を増やしたいと思います。

リクエストが多かったらまた八鹿高校事件の上映会をやりますが
その他、啓発ビデオでもツッコミどころ満載の名作があるので
そっちでもいいかもしれません。


[ 2013年04月22日 11:26 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(6)

「映画・八鹿高校事件」上映会を開催します

イベント案内

「映画・八鹿高校事件」上映会を開催します。

場所は中野区桃園区民活動センター、4月21日(日)15:00からです。

入場無料(カンパ、セールス行為など一切ナシ)

終了後は懇親会を予定していますが、参加希望の方は
実費でお願いします。もちろん自由参加です。

●アクセス

http://www2.wagamachi-guide.com/nakano/map.asp?dtp=1&uid=6&lid=86&mpx=139.6705892&mpy=35.69906359

人数に限りがありますので参加希望の方は
こちらからお申込みください。
http://www.jigensha.info/contact/

まずお目にかかることはないレアな映画ですので
ふるってご参加ください。
[ 2013年04月10日 16:36 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

「第十六回文学フリマin大阪」に出店します

2013y04m09d_012200903.jpg

示現舎が4月14日(日曜日)に堺市産業振興センター イベントホールで行われる「第十六回文学フリマin大阪」に出店します。当日は示現舎の出版物を特別価格で発売します。
[ 2013年04月09日 01:45 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

同和と在日7―糾弾ビジネスの正体見たり発売と今後の方針について

大変ご報告が遅くなりまして申し訳ありません。

同和と在日7―糾弾ビジネスの正体見たり!

本号をもちまして一応、月刊同和と在日という定期刊行は終わりになります。
創刊以来、ご愛読頂いた方には厚く御礼申し上げるとともにご報告が遅くなったことをお詫びします。

ただ示現舎としての発行物は今後も続けていきますのでどうかよろしくお願い致します。

それで電子出版の現況を含めて経緯と理由をご説明しますと
正直なところ時間、予算、スケジュール等など非常に厳しい中で続けてきたのですが
困難になってきたこと。
だから質の向上を担保するためにも、ワンテーマに絞ってもう少し掘り下げていこうと
思っています。

それからただ「同和と在日」というくくりでやっていくことに可能性があるのかどうかも
議論になりました。もちろん今後もテーマがあれば扱いますし
これは社是として続けていきます。
ただ結局、まっとうに生きる世間の方にとって同和だの在日だのはっきり言って
どうでもいい話で、思ったほど関心は薄かったというのが率直なところです。
また電子出版の項目でもお話しますが、実は書籍版、つまり紙媒体の方が
圧倒的に売上がよくて電子出版があまりに浸透していないという現実もあります。


しかしその一方で「同和と在日」が社会へ与える影響は少なくない。
じゃあなぜ話がなまじ大きくなるのかと言えば
ただ単に行政とメディアがまともに取り合うからでしょう。

●なぜ総連や民団の集会で一般メディアの記者が演説をするのか?
●なぜ同和事業の中身を聞きにいくだけで自治体の部署が蜂の巣をつついたような騒ぎになるのか?

(このしっちゃかめっちゃかぶりは
特にひどいです。窓口に行って質問の趣旨を話すと、とりあえず部署の係長らしき人の
ところに報告に行きます。その後は、話を盛っているんじゃなくて本当に8時だョ!全員集合の世界です。
コントが終わってゲストの歌が始まる時にセットが片付けられるけど、あの盆踊りが
鳴っている時の感じ。ピンクレディーでも出てくるのかと思ってしまいます。
あっちじゃ棚や机の引き出しを開けてファイルを漁るわ、こっちはどこかに電話しだして
若手の職員が窓口でなんとか間を持たせようとオロオロして、どこかパーっと走り出して
別の部署に急ぐ職員もいたり。すると遠巻きに「あいつです。おかしなことを聞きにきました」みたいに
ボソボソ言っている職員もいたり)


さらに

●しかも下手をすると総務部長クラスまで出てきて応接間に通される。
●同和地区住民を対象にした失業手当の延長(最長3年のケースも)の中身をハローワークに
聞きに行くといきなり所長の応接間に案内される。

これって実はものすごく怖いことなんです。私みたいな一介のライターですらこの対応ということは
その当事者たちはどんな対応を受けてきたのか。
これにはすごく奥深いものがあるはずで、よりワンテーマに絞ってもう少し深層部分を
追及していこうと思っています。

そこで当面のテーマが「人権(同和を含む)とカネと企業」です。
これは従来から企業にとっては負担になってきたし、今後はここに「環境問題」なども
絡んでくるからより厄介な存在になってくるはず。しかし誰も反論することができない。

それに企業で働く人にとっては何らかの形で関わる問題ですから幅広い層に
問題提起できると思っています。これはかつてない作戦を準備しているので
ぜひご期待ください。


●電子出版の可能性について

これは業界関係者の方にご参考にして頂ければと思います。実際に記事作成、販売までやってみて
実感したことですが、まず売上について言えば
「国内の電子出版刊行物の中では売れている部類」
という表現しかできません。
書籍版の方が圧倒的に売れているという現実も当初の目的や狙いから外れてしまいました。

そもそも「同和と在日」なんていうジャンルだからあまりバカ売れするものではないと思うけど
例えば月の売上で言えば、一般の出版社(おそらく普通の人なら名前くらい知っている会社)
よりも成績が良かったりします。中には数部、あるいは売上ゼロという会社もありました。

もちろんこれは当方の勝利を意味しません。
どういうことか。
単に電子出版の市場規模が小さすぎるだけです。

一度、出版社の電子出版の担当者の人と情報交換をした時に
「この電子書籍が数千部売れて全体でも成績がいい」と
端末を見せてもらいました。
それは、ここ数年、テレビで見ない日がないくらいの有名タレントさんの本でした。
ただ示現舎の電子出版が数百部と有名タレントの本が数千部とではまるで
意味が違うことは誰でもお分かりでしょう。
ある意味、そこそこ売れて当たり前とも言えます。

それにもともと電子出版の本義は従来、一般書では扱えない内容を発刊できるという
ところに面白みがあるわけです。有名タレントを投じてという従来型の手法では
その魅力が活かされません。

つまりどっちも「電子出版市場」では勝者ではないのです。
タレント本で数千部というのは逆に言えば、それくらい売れないと意味がない。
一方、示現舎はただでさえ少ないパイの中の一部分。
千人くらいで十脚のイスとりゲームをした中で、お尻の部分に少し座れたくらい。

電子書籍販売運営者の関係者の人が
「示現舎の電子書籍は売れているけど、分野があれ(同和と在日だから)プッシュしにくい」
という証言は果たして喜んでいいものか悪いものか。


だからこういうところを含めて戦略的な見直しをする予定でございます。

単発企画については記事が出来次第、その都度、電子版で販売する予定で
それもせいぜい百円くらいの予定です。

●民主党政権なき後

05年くらいからですか、民主党の本性を暴くということをテーマに一貫してやってきた
わけでございます。ところがなんというか結局、あちらさんが勝手に転んでくれました。
ここが悩みの種で、心の空白ができてしまいました。

民主に向けた拳はまだ振り上げたままで、今の民主党をどうこうしても
面白みもまた世間の関心もないでしょう。ドラゴンが当選していたら、何かできたかも
しれませんが、まあまあそれも大した話にならないし。
松本龍、松岡徹、その次に面白い人が出てこればいいのですが。
一時期、橋本勉氏を注目しましたが、いかんせんタマが小さい上に彼もまた
勝手にコケてしまいました。
おそらく民主党の「この部分」については一部、維新に移譲されたとも見ています。
今後は、やっぱり維新の動向を注視して参ります。

●ハシシタ騒動

やっぱりあらゆる意味で、徒労感というかバカバカしさを感じたのがこの一件でした。
世の中の不条理が全て凝縮されたというのか。何を言ってもムダというのか…
メディア関係者の方って多くは「反権力」という言葉が好きだし、
「人と違ったことや突拍子のないこと
を言えるオレは素敵やん」というロジックで成り立っているはず。

ところがなぜ一言「解放新聞に部落地名が出ているからいいやん」
「解放同盟の支部名はまんま同和地区名やん」と言えないのでしょう。

結局、メディア関係者の中で皆さんに共通するのは
「下手なことを言ったらまさかオレところまで牛の首投げ込まれんやろうな」
という思惑でしょう。

橋下市長や同和問題、あるいは部落解放同盟の運動を検証する以前の出発点の前に
「牛の首」=保身があるからおかしな論調になってしまう。
しかしハシシタ報道が提示した問題はまだまだあるわけだから、諦めないで地道に
検証を続けていこうと思います。
[ 2013年02月20日 14:56 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(4)

【読者限定】5月号「ある助役の死」の後日談 さすが同和のドン

目下のところ衆院選を賑わすとある「お方」を集中的に取材しておりまして
その過程で小耳に挟んだ話がありますので、同和と在日の読者の方に
お伝えします。アフターサービスみたいなもので本稿と合わせて
同和と在日5―疑惑の糾弾 (示現舎ムック)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4990578759/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4990578759&linkCode=as2&tag=tottoriloop-22

こちらをご覧ください。
今年5月号「深層ルポ・ある助役の死 「同和」と「人権」の人殺しィ!」
というのは本当にショックなことが多くて、いかに滋賀県の同和行政が
異常であったのか痛感したものです。

それで分かる方には分かるとだけ言いますが、記事中では
M氏といういわば地元で「同和のドン」と呼ばれる人が登場します。
N町と言えば東近江市か近江八幡市辺りの方ならピンとくるでしょう。


助役さんというのは旧八日市市の方でとても地元では大変評判のいい方でした。
この方の自殺とMさんが必ずしも直結はしないけども、助役さんを追い詰めた
要因にはMさんの存在があったと言えます。
当時、一応、Mさんには取材しましたが、諸事情があってとても
「同和のドン」という前評判を肌で感じるに至りませんでした。

ただ全盛期はさすがに同和のドンと言えるだけの存在感を発揮していたようです。

それで滋賀県というのは
とても企業誘致が強い地域で大手企業の工場が
結構多いのです。それでまだNECの工場がバリバリ
稼働していた20年ほど前の話。

Mさんの身内もNECの工場で働いていたそうです。
ある時、異動があって別工場の異動が決まったというのですが
たまたま異動した社員が同和地区があるN町の
住民が多かったと。

するとその身内がMさんに
「地区の人間だけ別工場に飛ばす。これは差別人事だ」と
チクったそうです。
Mさんが激怒してNECに苦情を言ったところ
その異動も見直された挙句に、人事担当の課長さんが
左遷されました。

大手企業の人事までに介入できるのだから
確かにそれは同和のドンだわなって話なんですが
Mさんについてはもうちょっと斜め上をいく話もあって
これ以上、付き合いきれないという気もあって
また機会があったらのお話にしましょう。

以前取材した地元記者さんが
「Mさんの増長を止められなかったのは痛恨」
と言っておられたのがなんとなく分かりました。
[ 2012年12月14日 00:35 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。