だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  示現舎 >  「同和はタブーではない(2)」(示現舎)本日発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「同和はタブーではない(2)」(示現舎)本日発売

「同和はタブーではない(2)」(示現舎)
  本日発売!!!!!!!!!



「同和はタブーではない(1) 
~同和地区を情報公開請求するとどうなるか~」に
続く第2弾。


同和はタブーではない(2)

~部落解放同盟滋賀県連合会各支部名簿流出事件~」(200円)


本日、リリースです。
お求めの方はこちらからよろしくお願いします。
http://atamaga.jp/dwa2


目次
●何が「部落地名総鑑」か
・法務省からの削除要請
・有利な裁判
・インターネット版“部落地名総鑑”
・職場への圧力
・第1回口頭弁論
・情報公開条例の個人情報とは
●部落解放同盟滋賀県連合会各支部名簿流出事件
・部落解放同盟の会員名簿
・食肉業の故郷“末広”
・虎姫改良住宅群
・合計12支部913名分の名簿が流出
・県連と企連
・爆破予告
・沈黙の理由
・法務局に個人情報開示請求

【今回のハイライト】

著者、鳥取ループの元に届いた削除要請。ここから
「同和地区」という概念に様々な疑問が噴出する。
ここで行政の曖昧な「同和地区」の概念が浮き彫りとなる。

そしてニセの部落地名年鑑に対して、憤る
部落解放同盟と関係する研究者たち。

ところが、部落地名年鑑どころではない
部落解放同盟員の名簿がネット上に流出した。
しかもこれは紛れもない”本物”。

ところがこれらは回収も
削除要請もなされたわけでなかった。
ニセの年鑑があれだけ問題視されたにも
関わらず平然と放置される名簿。

不気味に沈黙を続ける解同滋賀県連、そして
傍観する行政。そしてこの流出事件を
探っていくとさらに複雑な問題が



【編集部よりお詫び】
今回はページ数が増えたため50円の値上げとなりましたが
どうかご容赦ください。ただ内容については「リアルな同和問題と
同和地区」を実感して頂けると思います
スポンサーサイト
[ 2010年08月10日 17:15 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。