だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  民主党 >  菅直人首相、「朝起会」で改革を実践!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菅直人首相、「朝起会」で改革を実践!?

菅

早朝5時から会員たちは日常生活で”実践”したことや
悩み、目標を語り合う。社団法人実践倫理宏正会の
朝起会”演談”の光景である。
東京・九段下に本部を構える同会は全国各地に支部を
持ち一説には会員数200万人とも言われる。

主な活動は冒頭の「朝起会」で会員たちは一回300円
を支払って参加する。その特長は有名議員、地元首長も
多く参加していることだ。

過去の参加者によると
「地元の市長さんが”目覚ましを使っても起きれなかった
私が朝起会で早起きになれました”と挨拶したり、
TVでもよく目にする国会議員が参加します」
という。
確かに今年元旦、都内本部で開催された「元朝式」に
出席した議員は自民、民主の大物がズラリ。
菅直人現首相、森元首相、前原国交相、松井孝治官房副長官
が出席し挨拶に立っている。

同会の機関誌『倫風』によれば菅首相は
<これまで私は吉祥寺支部での元朝式に
出させていただいておりましたが、今日は
初めて本部の元朝式にお招きいただきまして、
ありがとうございます>
一部では居眠り菅とも揶揄されるのはまさか
”早起き”の影響ではないだろうが、
<いろんな「もったいない」を探し、お金を遣う
道を見つけることが私の今の仕事だと感じている
ところです>
と豊富を語っている。
朝起会の効果で景気回復を”実践”できるか。
スポンサーサイト
[ 2010年06月08日 17:03 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。