だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  東アジア情勢 >  早計ニュース「天安号民間調査員がクリントン国務長官へ書簡」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早計ニュース「天安号民間調査員がクリントン国務長官へ書簡」

天安号の民間調査員であるシンサンチョル氏が
クリントン国務長官に調査の実態と原因について
韓国政府を批判する書簡を送っていた。
書簡の内容は英文、和文で閲覧できる。
シン氏は
「今こそ、私のヒーローであるオバマ大統領が、
朝鮮半島における平和の難問を解くために、
そのリーダーシップと真実、信念と正義を私たちに
示す時であると私は考えます。私たちは常識に従い、
完璧な証拠をもって、正確に科学的にもう一度
この事故を調査したいと思います。それだけです。
それが、この問題を解くための正しい方法で
あるでしょうし、そうすれば、
韓国と合衆国の関係を強化するのに役立つことでしょう」
と訴えている。

http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html

爆発はなかった 魚雷もなかった
                  
There was no Explosion. There was No Torpedo.
by Shin Sang-Chul


* Date : May 26, 2010
Title : Opinion about Accident of PCC-772
PCC-772の事故に関する意見

Dear Hillary Clinton U.S. Secretary of State,
Welcome to Korea and I hope you could have a
good chance to discuss about the Peace
in East Asia including Korean Peninsula.

ようこそ韓国へ。長官が朝鮮半島を含む
東アジアにおける平和を話合う好機を得られるよう望みます。

I am S.C. Shin, a civil investigator
recommended by Korean National Assembly
for the sinking of Cheonan and I'm writing t
his letter to let you know the truth exactly here in Korea.

私は沈没した天安号調査のため韓国国会によって
推薦された民間調査員、S.C.Shinです。ここ韓国に
おける真実そのものを長官にお知らせしたくこの手紙を書いています。

I have graduated Korea Maritime University in 1982,
served 2 years in Navy as a sailing & gunnery
officer, worked for Hanjin Shipping on a containership
regular line between Far East & West coast of U.S as a
navigator for several years and experienced shipbuilding
inspect affair for 7 years in Major Shipyards in Korea
such as Hyundai, Samsung, Daewoo and Hanjin Heavy Industry.

私は韓国海洋大学を1982年に卒業し、航海および砲術士官
として2年間海軍に在籍、その後、韓進海運で航海士として
数年間極東と米国西海岸の定期航路貨物船に乗船勤務し、
さらに現代、サムスン、大宇、韓進重工のような韓国大企業
の造船所で7年間、造船検査業務を経験しました。

I have built 3 bulk carriers of 136,000 tons and
10 container ships of 2,000~4,000 ton in charge
of hull structure, shipping machinery and
outfittings,paint and nautical equipments
including navigation system.

私は136,000トンのばら積貨物船3隻、2,000~4,000トン
のコンテナ船10隻の建造で、船体構造、船用機械と装備、
塗料と航行システムを含む航海器具を担当しました。


Unbelievable conclusion and posture of
the Administration
韓国政府の信じがたいような結論と態度

I didn't agree with the conclusion of the Korean
military administration and now sued for libel by them. 
Can you imagine this situaton? I was the only person stood on
the opposite position. That's the only reason I am sued.
I cannot understand how this happens in a democratic
country in the world. So I want to talk to you about
my oppinion and I think this might be ameaningful
information to lead you to the truth of the
unfortunate accident in Korea.


私は韓国軍当局の結論に合意しませんでしたので、
現在名誉毀損により訴えられています。
この状況がおわかりでしょうか?
私は当局に反対の立場にたった唯一の人間です。
それが私が訴えられた唯一の理由です。
私は世界の中の民主主義国家において、
どうしてこのようなことが起こったのか理解できません。
それで私は自分の意見をあなたに述べたいと思いますが、
さらにこれがあなたを韓国でのあの不幸な事故の真相へと導く、
有意義な情報であるかもしれないと考えます。


As you know, this is so much important problem for
the peace of Korean Peninsula devoting to the
world's peace that you and your country
eagerly pursue to complete.

ご存じのように、この事件は世界の平和に
貢献する朝鮮半島の平和にとりあまりに重要な問題で,
そのためあなたとあなたの国は熱意をもって
完璧(な調査)にしようと追求するものです。

The Military Administration made a conclusion
that Cheonan had torn in two and sunken
by the 'Explosion of Torpedo'.

軍当局は「魚雷の爆発」によって天安号が2つに
割れて沈んだという結論に達しました。

But my oppinion is quite different from
it because I could not find even a slight
sign of 'Explosion' but could find
so many evidences of grounding in/out of the vessel.

しかし私の意見はそれとは全く異なります、
なぜなら私は「爆発」を示すものはかけらも見つけることができず、
反対にその船の座礁と離礁を示す
いくつもの証拠を見つけることができたからです。

I want to ask you fully understood
that a tiny voice for the truth may prevent
unexpected disaster and assure the safety
of 70 million people in Korean Peninsula.

私は、真実をもとめる小さな声が予期せぬ災いを防ぎ、
朝鮮半島にいる7,000万人の人間の安全を確実にするということを、
あなたに十分に理解して欲しいと思います。

Well, I'm going to tell you about the circumstances w
hich Baengnyeong-do is located in and especially
about the gelogical background with natural environment,
critical for vessels sailing this area.

これから、ベンニョン島の位置する環境、
特にこの付近での船舶航海にとって
重要な自然環境を含む地理学的背景について話します。


スポンサーサイト
[ 2010年05月28日 22:05 ] カテゴリ:東アジア情勢 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。