だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ウリナリズムとアイヌ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウリナリズムとアイヌ

韓国人が物や文化物などを自国の起源とするいわゆる「ウリナリズム」。
これはアイヌにも見られるものでした。アイヌ事業は同和特別措置法に準拠する形で
施行されたため、行政的には同和とそっくりです。しかし主張はむしろウリナリズムに
似ていると思いました。

自分は同和や在日に対して当事者ではないがシンパシーを持ってコバンザメのように
活動をしている人を衛星活動家と呼んでいます。もちろんアイヌにおいても衛星活動家は
たくさんいました。

面白いことに衛生活動家は当事者よりも声が大きいし、主張もスケールが大きすぎると
いうのかはっきり言って「ウリナリズム」でした。

例えば日本の文化物の模様は縄文時代のアイヌの遺跡から発掘されたもので
倭人が盗用したとか、縄文人はアイヌ、本州の人はもともとアイヌ、とか
要するに韓国人や在日のそれと同じでした。

それからもう一つこの三者が似ているのは大学です。
同和や在日を出自とする大学研究者のプロフィールを見ると出身大学名は明かされていないが
大学院は京大や阪大と書かれている場合があります。
アイヌも同じです。北海学園大学2部から国立大院に進学するパターン。

もちろん本人の努力はあるかもしれないけども、北海学園の2部という痛い経歴から
北大への二階級特進が果たして「正規のルート」であるのか分かりません。
結論から言えばある種の力学が働いているのですが、それはまた別で
紹介したいと思います。

さて同和や在日を出自とする学生への優先枠を持っている大学はいくつかあります。
もっとも有名なのが四国学院大学、桃山学院大学、龍谷大学でしょうか。
アイヌについてはとりあえず四国学院大学と龍谷大学で実施されていました。

それでよく見るとアイヌ枠もあったのが興味深いところでした。
アイヌ奨学金で面白い話があって、ある大学の通信教育に入って数ヶ月で
退学してそのまま数十年間、奨学金を受給するというパターン。
これが王道的なやり方だとか。
役所の担当者は社会人学生と取り繕うのだけども、その必死さが
逆にこの問題の深刻さを感じました。
まあ「アイヌもいろいろ」というのだから、大学15年生がいても
世の中、不思議じゃないでしょうけども。

アイヌ民族として出自の自覚を持つ者。現在地は問わない

「自覚」とは何を意味するのかもう一つ彼らの言うところの
アイデンティティや自覚が分かりません。

申し訳ないけどその自覚はアットゥシを着込み北海道庁に要求を迫る程度のものなのか。
だったらすごくさもしい民族だと思います。
倭人に土地を奪われた、民族性を奪われた、と訴える一方でその倭人の政府に
すがるその様は民族の誇りと言えるのかどうか。

またなんでもアイヌ証明書なるものがあるそうだけど、ではそれはどのように
作成されるのかというと、戸籍謄本を調べているそうです。

友好団体の人権屋さんは戸籍謄本が差別の温床と訴えておられますが、
という疑問の投げかけはとてもムダな作業でした。

お友達の解放同盟が戸籍は差別だ、と訴えてところがその戸籍の記載がアイヌ事業を
受けるための条件になっているのが不思議です。

中には安政時代(江戸時代)に戸籍謄本があってそこにアイヌと書いてあるという超理論も
耳にしました。しかしその超理論も通用するから面白い。
同和や在日でも超理論はあるけども、アイヌの超理論は縄文時代にまで
遡るからアイヌ版「ウリナリズム」は時空を超えた壮大なスケールなのです。



ainudaigaku.jpg

suisen.jpg
スポンサーサイト
[ 2014年09月16日 10:20 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。