だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  人権・平和 >  いわゆるアイヌ民族とアイヌ文化への疑問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いわゆるアイヌ民族とアイヌ文化への疑問

札幌市・金子快之市議の「アイヌはいない」発言が話題になりました。
示現舎としても個人的にも「いない」という点には賛同できない部分もありますが
アイヌ民族、アイヌ文化、あるいは政策部分においておおいに疑問を持っています。

同和や在日と同様にアイヌ問題も検証する、制度について疑問を持つだけで
差別者の烙印を押されます。しかしその一方で無関心であることも差別といいます。

「関心」を持つとは明暗部双方に光を当てることもまた「関心」ではないでしょうか。
先住活動家たちの言だけを真に受けていることが果たして「関心」なのかどうか。

それからこれは右派左派双方に言えることですが、その実、あまり内情をご存知でもない。
実はこのアイヌ問題は「同和」「暴力団」「創価学会」、そして左派の人が忌み嫌う
「反動保守」の政治家も関わっています。

特にアイヌと創価学会の関係。
これは地元の事情通や識者の方から聞いた話でした。
実は当初、ネット弁慶さんたちにありがちな「反日創価の工作員」などといった
言説の一種だと思っていました。

ところが実際に調べていると本当にアイヌの有力者には学会員が多かった。
同和に真宗大谷派が多いのは歴史的、政治的経緯を説明することはできる。
しかしアイヌと学会は全く分かりません。
これは継続取材が必要そうです。


人権派であられる方々は自分たちが普段、忌み嫌う保守反動政治家が
アイヌ民族、文化、事業の最大の理解者である点をどう思うのか聞きたいところです。
つまりみなさんのおっしゃる人権は「保守反動」の力の上に成り立っているというわけです。

そう言うとまたきっとまた罵声を浴びせるでしょう。
やればいいと思う。人権屋だろうが、ネトウヨさんだろうがどうせそれしかできないだろうから。


それから今後、もっと解明していかなければならない問題がありますが
アイヌ事業はイコール同和事業です。
本州の同和事業が北海道でウタリ事業という形で実施されました。
本州で言うところの隣保館は北海道にいくと「生活館」になります。(全てではないが)
だから構造的には同和事業なのに、アイヌ問題、事業については
日本共産党も両手を挙げて賛同しているのは不可解なことです。

ただアイヌが取り巻く状況があまりにずさんでなおかつ文化、歴史と言っても
実態は伴っていない、このことは疑いのない事実です。

ただ人権派にしても、保守系市民にしてもこのような実態はまず知らないと思う。
脊髄反射的に金子議員に抗議した人もいました。
また北海道庁、札幌市に寄せられた意見の9割方が金子市議への激励、応援メッセージだったそうです。

ただこういう人々も別にアイヌ問題を理解して賛同メッセージを送ったわけではないでしょう。
先日、9日ほど北海道に行ってきました。
その結果、分かったのはこの問題は想像以上に根が深い、ということだけです。


●疑問1「人造文化アイヌ」

独特の紋様が刺繍されている民族衣装「ルウンペ」。
いわゆるハレの日の衣装で、晴れ着や本州で言うところの紋付袴に相当します。
これは江戸時代から本州から木綿が手に入り独自に発展しました。
つまり倭人との交易がなければ発展しなかったことになります。
これは固有の文化と言えるのかどうか。

写真は9月7日、千歳市内で開催されたアシリチェプです。
この祭りは鮭漁のシーズンになると自然や神様に感謝するというものです。
北海道の雰囲気や自然は好きだからお祭り自体は楽しいのだけど
ある意味、アイヌ民族を象徴するこのアシリチェプにも疑問がありました。

千歳川の名水公園にある
頭首工をしきって鮭を「放流」します。放流というのは自分たちで育てた鮭ではなく
「市場」で生きた鮭を買ってきて放流します。はっきりいってこの時点で”金魚すくい”と
そう大差はありません。
これをアプと呼ばれる独自のモリで突きます。
100匹放流して、獲れたのは2匹でした。
一匹は地元のアイヌの人が捕獲して、もう一匹を体験した観光客が獲りました。
残りは放流することになります。

主催者側の人によるとわざと下手にやって見せていかに難しいかを見てもらうという説明でした。
いや、そうには見えなかったな。
明らかにガチでやっていた。それでも一匹とるのがやっとこさ。
当たり前です。
そんな鮭をモリで突くような生活はしていないのだから。
アイヌ協会と言ってももう建設会社を経営していたり、サラリーマンや一般の人と
変わらない生活をしています。もちろん言語も日本語。

これがアイヌ民族、文化だろうか。

だから彼らや行政や活動家が「アイヌ文化」と騒ぐほどより、その文化に疑問が生じます。

先にルウンペはハレの日の衣装と言いました。
ルウンペを着て漁業は当時でもやっていなかったでしょう。
もちろんビジュアル的に分かりやすくアイヌの生活を伝えるという意味があるかもしれない。
しかし江戸時代、明治初期のアイヌの生活をアシリチェプが再現しているとは思えない。

ある運動家がアシリチェプの後、こう言いました。

「アイヌ文化、民族がないという意見は怒りを感じる。アナタもアシリチェプを見たでしょう。
アナタの良心を信じます」

残念ながらアシリチェプを見てしまうとよりアイヌ文化について疑問が出てしまいました。
行政から補助金がおり、市場で鮮魚を買い、頭首工に放流したいけすの中で
下手な鉄砲数打ちゃあたるとばかりモリを突くのは固有の文化なのかと。

これがアイヌ文化を象徴しているというならば、人造文化としか思えません。

これを文化として賛同し、礼賛することが「良心」ならば、自分は別に良心など必要ないし
どんな罵声を浴びせられてもいいと思っています。

「ジャーナリストの良心」
「弱者を守る」
といった人たちがいかに誤り、いかに杜撰な報道をしてきたのか。
これはもう朝日新聞の一件で証明されましたよね。

ただ複雑な思いもあるんです。
アイヌ協会の人たちの中には本当に先住民族を連想させる
顔つきの人たちがいます。また子供たち、少年少女たち、いや幼児の中にも
ヒゲが生えている子はたくさんいます。

もちろん顔つきも日本人離れしていた。彼らに「俺たちはなんなんだ? 何人なんだ?」と
問われた時に私には答える術も権利もありません。
しかし繰り返しますが、その一方で、アイヌの名を借りた不可解な事業、トラブルは多数です。

人権派の人たちはこの点を看過しているけど、人権を借りて政治家が
ムダな公共事業や特定の政治活動を行う。こうした構造にすら批判することが
「差別」というならばもう私たちは「政治検証」「行政チェック」という行為は
できなくなります。

ただ単に人権とのべつもなく騒いでいることが実はより深い偏見や先入観を生むことに
気づいてほしいものです。

sake.jpg


スポンサーサイト
[ 2014年09月13日 02:21 ] カテゴリ:人権・平和 | TB(0) | CM(2)
アイヌと創価学会
ざっくりとした私見ですが、創価学会の拡大期において重要だったのは対象ぞ属性を問わない「折伏」で、在日であろうが同和であろうがアイヌであろうが「全くお構いなく」折伏していたことが大きいのではないでしょうか。必要なのは人数=スケールメリットであり、そこにはある意味「差別を超えた」ものがあったのでは。宗教として生き残るための戦略がその時には何よりも優先したという時代背景があったと思います。「○○にはなぜ特定の宗派が多いのか?」という命題を考える際には、○○側から見ても一面的で、宗教側の論理を見る必要があると思います。創価学会はこういう伸長期があったから、SGIをためらいなく作れたんでしょうし、池田先生さえ立てておけば何をしてもよい(韓国SGIは反日保守です)というのは分かりやすいと思います。
[ 2014/09/15 12:21 ] [ 編集 ]
Re: アイヌと創価学会
> ざっくりとした私見ですが、創価学会の拡大期において重要だったのは対象ぞ属性を問わない「折伏」で、在日であろうが同和であろうがアイヌであろうが「全くお構いなく」折伏していたことが大きいのではないでしょうか。必要なのは人数=スケールメリットであり、そこにはある意味「差別を超えた」ものがあったのでは。宗教として生き残るための戦略がその時には何よりも優先したという時代背景があったと思います。「○○にはなぜ特定の宗派が多いのか?」という命題を考える際には、○○側から見ても一面的で、宗教側の論理を見る必要があると思います。創価学会はこういう伸長期があったから、SGIをためらいなく作れたんでしょうし、池田先生さえ立てておけば何をしてもよい(韓国SGIは反日保守です)というのは分かりやすいと思います。


klg88 さんどうもです。
おそらくご指摘の通りだと思います。学会員なんて火星にいって折伏してこいとってもやるでしょう。
だから拡大期においてもアイヌ集落で不況を進めたのは大いに考えられます。
しかしそれだけでは説明できない「X」がアイヌと学会には多いのです。

50年代に創価学会を勢いを決定づける「小樽問答」という事件がありました。
ひらたくいうと池田大作SGI名誉会長が日蓮正宗側の僧侶をコテンパンに言い負かした
事件ですが、これが北海道全体に広まったのか?

ある陰謀論的な意見もありました。つまり教組、自治労、旧社会党が旧ソ連の影響を
深める中で、学会を広めることで赤化のブロックにしようと。その中でアイヌ団体にも
入り込んだ、というものですが、これは私はあまり同調できませんでした。

ところで行政や解放同盟に同和事業について尋ねるだけで、それは凄まじいリアクションが待っています。
行政においてはソファー付きの別室に通されるコースです。

しかし面白いことにアイヌについては役所でタブー感がなく
それなりの対応をします。ただ学会の話になるとアイヌ団体の関係者は
正露丸を噛み潰したような苦々しい表情を浮かべるのが印象的でした。

どうでもいい話ですが、お手すきの時に北海道庁の生活環境課アイヌ政策室に電話してみてください。
イランカラプテ=こんにちは
という挨拶で応対してくれます。

初めて電話したときに何のことか分からないから間違って札幌市の朝鮮会館に
電話してしまったかな、と思ったほどです。

札幌市は朝鮮総連関連施設の減免措置をしていますが、こちらの資料も入手しているから
近々、まとめたいと思います。

[ 2014/09/15 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。