だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  声優アイコと生活保護

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

声優アイコと生活保護

「生活保護への偏見だ」
「煽っている」
とか言われても事件が起きて、その結果、生活保護の受給者でした、という
生保オチが多すぎやしないでしょうか。

睡眠薬を男性に飲ませ、現金や腕時計を奪ったとして今月7日、昏睡(こんすい)強盗容疑で、
神いっき容疑者が逮捕されました。神容疑者は「声優のアイコ」などと名乗り、男性に接触していた他、
生活保護の受給者であることも報じられていました。

生活保護問題を考える上で少しポイントがあると思っています。
各自治体で生活保護申請者が増加し、対応に困っているという実態もありますが
以前は「大阪モデル」といって近隣の自治体が、相談者に大阪への交通費を渡して
早い話がお引き取り頂くという事態が横行したといいます。

しかし周辺の自治体に貧困ビジネス屋が出てきて、わざわざ大阪に
行かせるよりも地元で申請させて中間搾取しようというわけで皮肉にも
そんな理由で大阪モデルは減少したそうです。(もちろん自治体間の協議もあったと思いますが)。

またもう一つの古典的手段としては共産党、公明党の議員を通じて申請させる
鉄板ルートがありましたが、これもかつてほど有効ではなくなったそうです。
理由としてはそれ以外のルートが充実してきたことが挙げられます。

また気の毒なもので昔は共産党の先生にお世話になったから赤旗日曜版も合わせて
1年とりますという話にもなったそうですが、最近は生活保護の支給が決まった途端、
携帯の着信を拒否する人も多いそうです。

では生活保護における最新の鉄板ルートは何か?(但し女性に限るですが)
公明党や共産党に頼むのはど素人、あるいは担当窓口に直接行くのはもっとど素人。

じゃあどこに行くのか。
「男女共同参画」関係の部署です。
ここで生活や雇用などの相談をする。それで生活費に困っているという話になると
職員から「ではこういう手段もある」と生活保護の申請が提案されます。
それで共同参画の部署を介して、生活保護担当に行くルートの方が
確実だ、というわけです。

アイコこと神容疑者は現在、性同一障害という憶測がありますが、
私はさもありなんと思っています。つまり
この障害を含めて「男女共同参画」関係の部署に行き
生活保護を得た、というシナリオは大いに考えられます。

それからこれは痛々しい証言ではありましたが、田舎に行くと町の厄介者みたいな
人が生活保護受給者で町をウロウロしているということがあります。
この人たちは就労能力、あるいは意思が著しく欠けていることもありますが
要するに生活保護でもしてやらないと何をしでかすか分からないという
自治体の判断も苦しいところでしょう。
スポンサーサイト
[ 2014年07月09日 20:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。