FC2ブログ

だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  示現舎 >  示現舎、「ノー――」って

示現舎、「ノー――」って

よく言われるのが「お前の取引している出版社に圧力をかけて仕事を干してやる」とか
そういう感じのことです。
しかしこれは逆に有難い話で、人権屋さんも美しい国を目指されているという真正保守さん
とやらもそういう程度の人間でしかない証左だから、それを証明するいい資料となります。

示現舎だけでやっていくのは難しいけども、というか不可能ですが、
この前、正論の取材で朝鮮総連関係施設に取材した時に
「産経新聞の取材は受けない」と言われたから
「じゃあ示現舎じゃダメでしょうか」と言ったところ

「示現舎? 駄目、ノー」と
さらに激しい拒否反応を示されました。
これはすごいことですよ。
いやまさか知っていたこと以上に、産経新聞よりも激しく拒絶されるのは
自分にとっては光栄でした。

なんとかこれをもっとうまく活用して面白い本作りをしたいのですが。
なんでも今度、滋賀県の長浜市の図書館が一冊置いてくれるから
こういう地道なことをするしかありません。

ブログや動画サイトで朝鮮人ー、日教組―と言っていることが保守とは思わないし。

残念ながら保守系の人って「演説集」とか
中国だ、北朝鮮、マスコミだって大きな話と大きな陰謀論しか
食いついてくれないから、なかなかルポやジャーナルってのは
厳しいですね。

そういう意味で実は左派の人は羨ましい。
まあ分かる人が読んで頂ければいいのだけども。
スポンサーサイト



[ 2014年06月28日 12:01 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR