だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  政局 >  衆院選に蠢く面々 亀井静香前国民新党代表の場合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衆院選に蠢く面々 亀井静香前国民新党代表の場合

亀井静香前国民新党代表は19日の記者会見で、新党「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党(略称・反TPP)」を結党することを発表した。代表は民主党に離党届を出した山田正彦元農林水産相。亀井氏は幹事長に就任した
http://www.asahi.com/politics/update2/1119/TKY201211190632.html

新党「反TPP」結成 代表に山田氏、亀井氏は幹事長



「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党(略称・反TPP)」
という長い党名は、都知事選等に出馬する泡沫候補の団体名を思わせます。
私が選挙権を得た頃ですが、「さきがけ」という妙な政党が発足しました。
自民党リベラル系や社民連、社会党右派らで構成された「さきがけ」には
菅直人前首相や鳩山由紀夫元首相らがおり、党の性格は中道路線でした。

当時、新党ブームだしなんとなく非自民、非共産で目新しさで一時、支持していた
痛い記憶もあります。
ただこの時期は「理念型政党名」は相応に心に響くものがあったのも事実でしょう。
ただ太陽だの緑だのみんなのだの乱立すると当然ながら陳腐化するわけで
斬新さで言えばむしろ
「立憲改進党」
「政友会」
の方がインパクトが強いような。

もっとも今の時代、「政友会」とやった場合、
口先三寸の選挙コンサルタントが「SAY YOU」みたいなキャッチフレーズを
つけそうなものです。
もう少し頭をひねった党名というものはないものかと思います。
今回の反TPPという政策方針を全面に出すのも
後々、「縛り」が生じる可能性があるわけで、「減税日本」という党名が
ある意味、河村たかし名古屋市長の足かせになっている点も
あまりよろしくないと思われます。

ところでこの亀井静香さんとは一体、どういう層のどういう人が支持しているのでしょうか。

ある意味、風物詩のような光景なんですが、永住外国人参政権や選択的夫婦別姓制度の
反対集会でも亀井さんが登壇するとなぜかたいてい罵声が浴びせられるという
事態が起きます。

民主党政権下でこれらの法案が提出されるようになると亀井さんも反対の姿勢を
示し、夫婦別姓をめぐっては千葉景子元法相とつばぜり合いをしたほど
少なくともこれらの件をめぐってはそれなりに存在感を示したと思います。
また国民新党は、選挙ポスターで堂々と永住外国人参政権や選択的夫婦別姓制度
を反対と書いていたのだから、もう少し暖かく迎えてあげてもいいと思いました。
しかしそうはならないのはやっぱり人徳なのか、大物議員なのにその晩節が
「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党(略称・反TPP)」
の幹事長職というのも報われない気がします。

いつだったかあまりにひどいヤジが飛び交ったから
「ちょっと今言ったアンタ、私と表で話をしようじゃないか」
「これから大事な話が始まるんだ!」
と壇上から聴衆と口論したこともありました。

こういうのを見るととても味わいのある方だとは思うのですが
存在感ほど人気がないのは否めません。

スポンサーサイト
[ 2012年11月19日 20:31 ] カテゴリ:政局 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめ【衆院選に蠢く面々 亀】
亀井静香前国民新党代表は19日の記者会見で、新党「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党(略称
[2012/11/22 03:26] まっとめBLOG速報
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。