だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  政局 >  衆院選に蠢く面々 松本龍元復興担当相の場合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衆院選に蠢く面々 松本龍元復興担当相の場合

衆院選は来月4日公示、投票が16日に決まりました。

90年代に起きた新党ブームを思わす状況で乱立する少数政党は
もはやカオス状態です。
現職、立候補予定者問わず気になる人物は多いので、少しずつ
取り上げていくとしましょう。

あまりに驚くことがたくさんあったから
もう多くの方の記憶の片隅に残る程度かもしれませんが、
岩手・宮城の被災地両県知事に暴言を吐いた
松本龍元復興担当相は、次期総選挙をどう迎えるのでしょう。

どうも解放同盟福岡県連、または地元の関係団体もサジを投げたとも
聞いておりますが、「解放の一区」とも言われる
議席をそう簡単に手放せるものなのか。
また本人から進退について明確なメッセージはないし、政界から
引退するのは本意ではないでしょう。


まず動向を探る上でポイントは、あの小泉政権下で自民党が圧倒的に
勝利した05年の郵政解散。民主党は大敗しながらも龍氏自身は盤石で
議席を守り抜きました。
だからもし”あの一件”がなければ、龍氏は無事平穏に議席を守ることが
できたでしょう。しかし状況は厳しい。

もう一つ気になることがあります。
実は私も後々に聞いたのですが、
昨年岐阜県で開催された「部落解放研究第45回全国集会」初日の
全体会でのこと。


2012y11m09d_230935612.jpg






絶坂繁之部落解放同盟中央本部執行委員長もとい組坂繁之委員長は挨拶の早々、

「このたびは役員の松本龍がご迷惑をおかけして申し訳ない」

と平謝りだったそうです。
私は次の日の参加で、オープニングの内容を知らなかったので
後で参加者に聞かされて驚きました。

何が驚いたのかと言うと「謝罪した」ことよりも「実名を挙げた」
ことが意外だったのです。
というのは、過去の解放研究集会で、例えば同和絡みの事件について触れる時も
「近年、不祥事が相次ぎ運動体も一層の点検が必要だ」
「運動の中でエセ同和行為を働いた者がいた」
といったものでした。
この際、例えば飛鳥会事件、奈良市環境局職員(ポルシェ中川)といったような
事件名や当事者名が明かされることはまずありません。

それとこうした話の後に
「しかし運動に対する偏見、中傷とは断固闘う」といった文言が
加わることも見逃せません。
例えば自動車メーカーでリコール問題が発生した時に
社長が「しかし当社に対する中傷は許せない」と言うのでしょうか。
それはまず考えられない。
従来の不祥事に対するその見解は、わずかな反省の弁と開き直りで構成された
印象でした。

しかし松本氏についての謝罪は挨拶の冒頭でしかも実名というから驚きでした。
これについてあくまで邪推ですが、龍氏と運動が「一緒にされてはたまらない」という
思惑が働いたのではと考えます。
それに加えて今後の運動が被災地、特に「福島」に向いている点も重要です。
福島によっていわゆる放射線の風評被害等や被ばく問題から生じる「福島差別」と
東北という解放運動の盲点に食い込めるかもしれません。

その際、龍氏の存在は運動の展開上、足かせとなりかねません。
またあの発言以降に発生した福岡市東区・松本組会長への襲撃事件も
さらに龍氏周辺の胡散臭さを増幅させてしまったわけです。
地元の運動家や支援者からは付き合いきれない、という思いもあるようです。

しかしどうあれ有力な組織内候補で、そして何よりも同和のプリンスであり
解放の議席の所有者というバックグランドは生半可な強さではない。
しかも選挙に強い龍氏を民主党が公認しないこともないでしょう。
最終的には
「故・松本治一郎という威光と被災地への配慮」
という天秤がどう傾くのか。

福島への思惑があったとしても私は前者ではないかと思います。
このまま次期総選挙に突入ではないでしょうか。
本来、周囲に「モノを申せる人」がいれば、別の判断もあり得るでしょうが
そもそもそんな人物がいれば「あんな風」にはなっていない。

シナリオとしては当選した場合、メンツは立つし
龍氏はおそらく一介の野党議員だからもう矢面に
立つことはないから無事平穏に議員生活を続けられる。
それにまさかあの問題を蒸し返されることはないだろうし
「同和タブー」がそうはさせない。

仮に落選した場合は、「民主党への逆風」という言い訳がつくから
これで「引退」という具合に取り繕えるし、あるいは
参院選への鞍替えという大技も可能となる。
どう転んでも彼の場合、相応の道が開けているでしょう。

もちろんそれは地元福岡、そして解放同盟、ひいては日本社会にとって
何らプラスならないと思いますが。
スポンサーサイト
[ 2012年11月17日 15:21 ] カテゴリ:政局 | TB(1) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/18 03:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめ【衆院選に蠢く面々 松】
衆院選は来月4日公示、投票が16日に決まりました。90年代に起きた新党ブームを思わす状況で乱立する
[2012/11/22 03:26] まっとめBLOG速報
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。