だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  示現舎 >  編集後記「人権侵害とは何を『侵害』したのか」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

編集後記「人権侵害とは何を『侵害』したのか」

月刊「同和と在日」2012年11月号では、先月号からの続編をメインとしています。
続「同和と企業」 解放同盟に狙われたエイブルとパナホームこれは『エセ同和行為』じゃないか!

http://atamaga.jp/dz22

解放同盟の糾弾後、何が起きたのかをレポートしています。

これを踏まえて運動体、行政の方にお聞きしたいのですが、同和問題で
「人権侵害」が起きて本当に不利益が生じたのでしょうか?
これは何度も引き合いに出しますが、部落解放同盟滋賀県連の
同盟員名簿が約1千人分も流出したことがありましたが、
それで一体、どのような不利益が生じたのか、私は聞いたことがありません。

「琵琶湖で毎年10人自殺者がいるがこれも部落差別と考えている」と
同県連の幹部はかつて言いました。
では、名簿が流出したからひょっとしたら被害者がいるかもしれません。
これは大変だから警察も自治体も琵琶湖を総点検したらどうでしょうか。

その一方でニセモノの部落地名総鑑の流出が起きると、運動体もメディアも大騒ぎしました。
ところが本物とも言うべき名簿がネットで流出した時に
一般メディアでこれを報じたことがあったでしょうか。
また部落解放同盟から何らかの声明があったわけでもなく、「無視」でした。

面白いもので滋賀県連は、名簿が流出した各支部に
「内々」で謝罪していたそうです。もちろん「内々に」せざるをえないのは
よく理解できます。その辺りの事実関係はもう何も言いません。

しかし「一般住民の無関心が今日もなお根強く残る部落差別を助長する」
としてきた彼らの言説からすれば当然、流出した事実を
公に出して注意喚起をするべきです。

誰が書いたか分からない落書き、しかもなぜか人権週間が近づくと多発する落書き、
事実関係すら曖昧な差別発言、こういうことは表で大々的に
喧伝して、一方で都合の悪いことは「それはお前らに関係あらへん」というのは
ムシが良すぎます。

パナホーム糾弾でも糾弾でどのような学習や啓発があったのか
解放同盟、自治体に聞きました。


「無視」でした。

外部に言えない啓発と学習とは一体、どういうものでしょう。

そういうことが記事に書いていますので、ぜひご一読ください。

それから記事中では、過去、糾弾された企業の実例を出しています。
差別落書き事件の後、とある企業に何を求めたかというと
人権啓発の社内で進めるために

「解放新聞の購読部数を増やせ」

ということでした。
なるほどでは、差別落書きがあると解放新聞が売れるということで、
差し支えありませんね? 

ということは、人権侵害が起きると部落解放同盟が利する。
そう言っても過言ではありません。差別事件の時は彼らのにとっての柿入れ時という
ことがよく分かりました。

それに解放新聞を買えば人権意識は高まるものでしょうか。
裏返すと解放新聞を買いさえすれば差別事件は解決するという意味なのか。
1部買えば1%人権意識が高まるという意味なのか、部数が増えたら
差別はなくなるのか?

こういった視点も書いているからぜひご一読ください。


スポンサーサイト
[ 2012年10月28日 00:45 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(4)
No title
「琵琶湖で毎年10人自殺者がいるがこれも部落差別と考えている」とは摩訶不思議な発言ですね。

部落解放同盟では、琵琶湖における毎年10人の自殺者が全て部落出身であると何らかの方法で確認しているのでしょうか。
[ 2012/10/28 17:51 ] [ 編集 ]
Re: No title
kさん

そんなのはザラですよ。
もし同和と在日の読者の方でしたら
奥田均さんの講演録も読んでみてください。

「部落出身」とは何であるかあらためて分からなくなります。
というかなんでもアリというのか
[ 2012/10/29 21:23 ] [ 編集 ]
空前絶後の!
4y2psH6i
空前絶後の韓流ブーム!
在日女は金持ってて尻が軽いって知ってた?

ここにわんさかいるわwww
http://ME4uQ0ca.koria.me/ME4uQ0ca/
[ 2012/10/31 22:50 ] [ 編集 ]
自殺者
「琵琶湖で毎年10人の自殺者」
日本全国では毎年3万人近くの自殺者が出ていて、OECD加盟国では最悪の数字です。
さらに、自死遺族(自殺者の遺族)は現在政府統計で約300万人。
自殺原因が部落差別かどうかではなく、このように「自分の命を絶つ」しかない
状況を生む要因と少しでもそれを減らし、これ以上自死遺族を増やさない
活動を進めるのが「人権擁護団体」のあり方だと思いますが。
「部落と言えば部落解放同盟」
みたいな売り文句を止めないから、同盟員がどんどん減少し、
「運動を維持するための運動」になり「最後はカネ」っていう
同対予算ジャブジャブ時代の思い出に浸りその継続を追求するのみになるんです。
[ 2012/11/13 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。