だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  同和問題 >  週刊朝日謝罪記事、そして糾弾はありえるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週刊朝日謝罪記事、そして糾弾はありえるのか?

週刊朝日11月2日号に「ハシシタ奴の本性」の謝罪記事が掲載されました。
表紙の右上には「安倍自民いつか来た道」というタイトルが出ていますが
「ホラ、本当の敵はこっちこっち」と
いうメッセージなのでしょうか。

おわび記事自体は、無条件降伏というか
こんなものだろうなという内容でした。
本音を言うともうやったものだから
押し通して連載を続けるべきと思いますが
やはり「マスコミ」と「行政」にとって
同和とは最大の免罪符と考えると
打ち切りも止むえなかったのでしょう。

それからお詫びの趣旨はやはり地区の
特定を問題視しているようです。

そういえば数年前に八尾市の人権安中地域協議会の理事長が
逮捕されたましたけども、この事件もごく普通に報じられており
「そういう地域」と分かるようなものですが
結局は「地区の公開」が一般メディアにおける
最大の地雷原であることを痛感しました。

それよりも「お代は見てのお帰りに」という小倉千加子さんの
コラムで「不気味なのは、橋下の支持者たちが自分の殻に
閉じこもって顔を見せないことである。
彼らの多くが自分を誇示するのはツイッターの匿名世界だけである」
(佐野眞一本誌10月26日号)
と引用されているのが意外でした。

なんだか玉音放送が流れている時に
「本土決戦」と竹やりを持って
ルーズベルトの藁人形に突っ込んでいるというのか。
そんな感じでした。
とりあえず今週は、喪に服すという手もあるのでしょうか
せめてもの意地を見せたという方針なのか。
また橋下を批判しているのか、擁護しているのか
よく分からない内容でした。

さて問題は、これから部落解放同盟はどう動くのか?
専らの関心はそこです。

同盟内部からも朝日許さずといった声があるようだし、また
真面目な運動家ほどこのまま看過できないものと思います。
いかに政敵たる橋下市長とは言え、血筋を暴かれ地区を侮辱された
という怒りは強いでしょう。

では朝日の糾弾はありえるのか。
糾弾すれば
「朝日を許してはいけない」という運動家も納得するだろうし
同和にアレルギーがあっても「アンチ朝日」という立場の人からすれば
「しめしめ」という思惑もあるでしょう。

ですが私は、まず万に一つもないと予想します。

それをまずひも解くに当たりまず橋下市長の同和に対するスタンスを
整理する必要があります。
大阪府知事就任以来、橋下市長は同和事業の縮小を名言して、そして
市長に転身してからも事業自体の見直しは変わっていません。

先の市長選の頃、平松前市長と舌戦を繰り返した当時、
「平松は同和寄り」
という声が有権者からもネット上でも多く聞かれましたがこれは
間違いで平松路線であっても事業見直しは変わっていません。
市自体もすでに関市長時代から見直しに入っていたわけで。

しかし心情においての橋下市長は同和に対して一定の理解があります。
それが如実に表れたのが大阪府部落差別調査等規制等条例でした。

月刊「同和と在日」2011年2月号
●“ザル条例”大阪府部落差別調査等規制等条例に企業はどう向き合うべきか

これはぜひご一読頂きたい内容です。
タイトル通り同条例は、ザルそのもので極端なことを言うとこれから
私が大阪駅前のバスターミナル辺りで大阪の同和地区地図を配布しても
何ら条例に抵触しません。
ひょっとしたら道路交通法で処罰対象になる可能性はありますが、
少なくともこの条例で規制されることはありません。
ザル条例と題したのはこうした理由があります。

だからよく分かっている関係者はこの条例を批判していました。
それでも条例ができた背景には
「今なお土地差別がある。橋下さん分かっているな」
「おお、それは分かっている」
といういわば確認書であって、一種のガス抜き条例という見方もあります。

条例を批判した同盟員の人が上手いことを言って
「事業を打ち切る一方で心情的には同和に理解を示したい橋下氏の気持ちの表れ」
と言っていました。
事業を打ち切る橋下、しかし地区出身当事者であり
心情では理解を示す橋下、この2つの顔は、同盟内部でも評価が苦しいところでしょう。

しかし仮にアンチ橋下であっても「ハシシタ」などと言われ、地区を暴かれまた
いかにもすさんだ地域のように書かれた。
これは許せない思いがあるはず。

先に万に一つもないと言いましたが、これは正確に言うと少し違って
朝日サイドにまず「学習会」でもと持ちかければホイホイ応じると思います。
ここでポイントとなるのは、「新潮―文春もやってますがな」という
反論は通用しないことです。その辺りは人権と平和を愛する「朝日ブランド」とやらが
口が裂けても”言わせねえよ”というやつです。

対して解放同盟側としても鬱積した思いがあり、末端の同盟員からは突き上げが
あるかもしれません。しかしなにしろ前回の場合がほぼ「スルー」のような対応をしたから
朝日だけというのも難しい。ならば公平に扱うということで今さら新潮や文春の関係者を
引っ張り出すのも無理があります。

しかも幹部辺りはおそらく朝日社内の人権研修会などで講演などもやっているだろうから
そういう縁もあって、攻撃しにくい。
頼みもしないで同和キャンペーン記事を書いてくれる朝日新聞の存在があるから
過去の経緯も算段に入っているはずです。

そこで今回はポイント貸しです。
それも1万ポイントは貸しておく。
しかしこの貸しは分かっているだろうな、というアイコンタクトで
どういう見返りがあるのかは、今後の紙面が反映することでしょう。

もういっそ4~5面あたりを「解放面」にすれば、1万ポイントはチャラかも
しれませんが、さすがにそれは非現実的でオーバーでしょうか。

それからもっと重要なのは、解放同盟が糾弾する対象です。
彼らが糾弾対象とするのは、主に行政、一般企業であって、もちろんメディアも
その対象ではありますが、引き出すものに異なりがあります。
メディアに対する見返りはあくまでキャンペーン報道であって、
本質的な利益にはならない。

一般企業もそれも具体的には、不動産会社、メーカー、建設、交通、
こんなところが核心的利益であって、朝日のようにご丁寧に向こうから
味方してくれる団体を今さら吊し上げたところでメリットはありません。

しかもこれだけ注目されてしまった案件だから
世間の眼もあって、やはり「同和は怖い」という印象を抱かせるのも
得策ではない。
よって糾弾は、システム上は可能だけども、まずありえないと予想します。

ただ世の中、真面目な人や正直者ほどバカをみることがありがちで
熱心な運動家ほどフラストレーションがたまっていると思います。
この辺りはとても気の毒です。
それにしても橋下市長の異常な勝負強さには舌を巻きました。
同和と言えば無抵抗になる朝日を引っ張り出して土俵に乗せるという
やり方はもう天才的としか言いようがありません。
いずれにしてもしばらく橋下批判は低調にならざるをえないでしょう。
道州制だとか、TPPだとかあるいは維新の議員のレベルだとか
橋下マターならやるべきことはたくさんあったのに。

*道州制といえば同和取材を通して問題点を感じたことが
あったので別の機会で書きたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2012年10月22日 21:02 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(2)
No title
第62回
橋下徹に関する『週刊朝日』10月26日号の記事について
http://kanrishoku.jp/facebook/column/new.html

小林健治が今回の騒動に言及していますね。上原善広のことは呼び捨てにして「差別売文屋」呼ばわりだったのに、佐野眞一については「さん」付けで言及。

「橋下氏が、どうも出自に誇りを持っていないこと」を問題の筆頭に挙げているのが、いかにも解同らしいと思いました。
[ 2012/10/23 10:16 ] [ 編集 ]
Re: No title
確かにおかしい対応ですね。
こうなってしまうと作家の好き嫌いで判断しているのかもしれませんよ。

同和問題の場合、
こいつらが言うのはNGで、この人なら許すということが
公然とまかり通っていることに疑問を抱きます。

そのフリーパス所有の条件を「出自」とするならば
実は彼らこそが本当の「差別者」と思いますよ。

> 第62回
> 橋下徹に関する『週刊朝日』10月26日号の記事について
> http://kanrishoku.jp/facebook/column/new.html
>
> 小林健治が今回の騒動に言及していますね。上原善広のことは呼び捨てにして「差別売文屋」呼ばわりだったのに、佐野眞一については「さん」付けで言及。
>
> 「橋下氏が、どうも出自に誇りを持っていないこと」を問題の筆頭に挙げているのが、いかにも解同らしいと思いました。
[ 2012/10/23 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。