だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  編集後記 大阪市人権協会の解散について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

編集後記 大阪市人権協会の解散について

大阪市人権協会が8月末解散方針、資金繰り行き詰まる
2012.8.17 12:04
 社団法人「大阪市人権協会」(中本順一理事長、同市港区)が、財政難を理由に8月末に解散する方針を決めたことが17日、分かった。同協会は、市有地で運営を受託していた駐車場に関し、訴訟で不足が指摘された市への納付金を支払った結果、資金繰りが行き詰まったという。

 同法人は昭和28年に設立された市同和事業促進協議会が前身で、市内に12カ所ある地域人権協会とともに同和問題解決への取り組みなどを担ってきた。

 しかし、市から管理委託された駐車場の収益に伴う納付金を契約通りに支払っていないとして、市民団体が市に支払い請求するよう求めた住民訴訟で、市側の敗訴が確定。これを受け、協会は利子分を含めた4億4千万円を市に支払った。

 協会は今月7日の理事会で解散方針を固め、31日の総会で正式決定する。各地域人権協会の運営などは、財団法人「大阪府人権協会」に依頼する方向で協議している。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120817/trd12081712050004-n1.htm



大阪市人権協会の解散は、大変驚きました。
むしろ府協会の方が存在感が薄いし、解散がありうるなら府の方だと思っていました。

それで解散のきっかけというのがこの駐車場の委託管理なんですが
問題視されたのがここです。

2012y09m06d_145154601.jpg

要するに原告側としては、なぜ06年に急激に納付金が増額したのだと。
ならその基準に合わせて過去分も納めろというわけでした。
ではこの06年に大阪市では何が起きたのか?
勘のいい人ならすぐに分かるでしょう。

関係者は否定しますが、あの事件の影響があったと考えるのが普通だと思います。

あの「飛鳥会事件」です。
要するに事件の影響もあるだろうから、こっちに火の粉が飛んでくる、と。
じゃあ払っておこうと、そういう思惑を指摘されても仕方がありません。

また協会の管理費も不自然なところがあって
平成18年の実績だと以下の額。

2012y09m06d_151922770.jpg

2千万円近い会議通信費とは一体なんぞや、というわけです。

ともかく飛鳥会事件のインパクトは大阪の同和行政を一変させたことは言うまでもありませんが
同事件の事件前事件後の状況がものすごく分かる解散劇でした。

スポンサーサイト
[ 2012年09月06日 15:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。