だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  プロ市民 >  アイヌ民族博物館に、初の韓国人ガイドが誕生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイヌ民族博物館に、初の韓国人ガイドが誕生

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/image/0763_1.jpg

胆振管内白老町のアイヌ民族博物館に、
初の韓国人ガイドが誕生した。 北見工大の元研究員朴炳宰(パクビョンゼ)
さん(38)で、アイヌ古式舞踊が 国連教育科学文化機関(ユネスコ)
の無形文化遺産に登録されるなど関心が 高まるなか、
「アイヌ民族と日韓両国の懸け橋に」と意気込んでいる。
朴さんは韓国東部の江原道出身。1998年に来日し、
鹿児島大大学院へ入学。 植物生理学で博士号を取得し、
2006年から今年3月まで北見工大で植物の
成分研究に取り組んだ。
アイヌ民族がよく食べたドングリなどが韓国でも
食材として親しまれており、
その研究からアイヌ文化への造詣も深い。
08年12月からは、アイヌ民族の
伝統食を生かした観光振興に取り組む
同町のアドバイザーを務める。
同館を訪れる韓国人は年々増加。
昨年は約3万5千人がアイヌ文化の魅力に
触れた。今後もツアー客や修学旅行生が増えると予想。
きめ細かな対応でアイヌ文化の発信力を高めようと、
町が来年3月末までの
契約で採用を決めた。
朴さんは、今月1日から活動。
韓国人団体客に館内の資料や古式舞踊の様子などを
韓国の言葉で紹介している。


このところ国内の人権団体などで韓国人ないし韓国籍の運動家の
進出が目立ちます。外国人参政権、人権擁護法案はもちろんですが
夫婦別姓、死刑廃止など別段、「韓国人」というプレミアが
つかない問題にも進出しています。そしてアイヌ。
アイヌ問題もおそらく同和のように補助金がガンガン落ちる
システムができるでしょう。それを見越してのことか。

しかもこの記事だけをこのガイド氏、専門は植物生理学
ってだけの話で、なにしろアイヌと韓国をつなぐ
キーワードが「ドングリ」というのも味わいがあります。

そういえば4年ほど前でしたか大阪の小学校内で
さる民族グループがキムチを販売している学校が
あって市教委に取材してみたところ
「あの人たちは人権に敏感やから」
という素敵な回答を得ました。

なぜ韓国人がアイヌを説明するか?
「あの人たちは人権に敏感やから」

なんでしょう。
スポンサーサイト
[ 2010年04月22日 01:04 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。