だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  統合記者会見に参加してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統合記者会見に参加してきました

P6200150_convert_20110620191118.jpg

















原発絡みのムックを制作しているので
初めて東電と保安院の統合記者会見なるものに
行ってきました。もちろん内容にも関心があったん
ですが、むしろ以前、ネットで見た会見の風景が
記者会見というよりは
何やら大阪市職労か京都市職労あたりの着任交渉みたいな
雰囲気だったもので一度、ナマを見てみたいと
思った次第です。ただ本日はそういう雰囲気はありませんでした。

ただふと参加要件について
疑問に思いました。
申請書の項目にはこうあります。

所属報道機関連絡先(なお、7.で「フリーランス」と記載された方に
つきましては、本項目の記載は結構です。ただし、過去6ヶ月以内に
日本新聞協会、日本民間放送連盟、日本雑誌協会、日本専門新聞協会、
日本地方新聞協会、もしくは日本インターネット報道協会の媒体に掲載
した2つ以上の署名入り記事を原子力安全・保安院ERC広報班あて
にFAXもしくは電子メールで事前に送付してください。



私は別に何の団体にも所属しておりませんので
記事を2つお送りするわけですけども、
これは雑誌協会に加盟する雑誌であれば何でもいいのでしょうか。

極端なことを言えば署名入りであれば
JJやCanCamの記事でも入れるって意味なのか。
よくお世話になっている雑誌で
月刊テーミス
は無署名記事ですが、政治から経済までいい記事がたくさん載っています。
またそれ以外でも非雑協会だったり、無署名記事でもいい媒体は
いくつもあるでしょう。

となると意欲的なフリーランスで会見の情報を必要と
している人には参加資格が付与されず、
「夏カワメイクで彼の気をひいちゃえ」的な
記事でも雑協というだけで参加できるという事態も生じるでしょう。

かといってどなたでもいらっしゃい、という風になりますと
東電の外でアジっている人も入ってきて
それこそ団交みたいになってしまいます。

一概に記者クラブ開放と言ってもそう簡単ではありませんね。
スポンサーサイト
[ 2011年06月20日 19:39 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。