だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  歴史読本7月号「徹底検証! 本能寺の変」に寄稿しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歴史読本7月号「徹底検証! 本能寺の変」に寄稿しました

歴史読本7月号「徹底検証! 本能寺の変」に寄稿しました

歴史読本
http://www.jinbutsu.co.jp/rekidoku/

泣き笑い本能寺の変
――得をしたのは誰か? 悲喜こもごもの人生模様
・・・三品 純


本能寺の変で笑った人、泣いた人を検証しました。
変発生の原因については、歴史学者や作家さんたちの
間で論争があって、私などが入る余地がありませんので
純粋に利害関係を論考してみました。


本能寺







本能寺。何年かぶりに行きました。実に見事な伽藍であります。

廟






廟2







ついでに安土城も行ってきました。
たまには同和問題以外で滋賀県へ。実は滋賀県は好きな県で、
琵琶湖は心のふるさとであります。
昔、キャンプして早朝湖に入ったら
近くのお婆ちゃんが
「朝から海に入ったの?」と言っていました。
この周辺の方にとってはこれが海なんだなあ、と
感動したものです。淡海=近江ということを考えれば
なるほどなあ、と思うわけですが。

中京圏から関西地方在住の方ならご存知だと思うのですが
琵琶湖周辺には昔、リゾート施設がたくさんあって
「琵琶湖温泉ホテル紅葉」のCMなど今でも胸がキュンとなります。
ポップス調で始まるCMソングがド演歌風になっていく
ので思い出CMの一つです。
あと紅葉パラダイスというのがあって、あれもいいCMでした。



安土城





安土城へはJR安土駅から徒歩だと20~30分でした。
駅前でレンタルサイクルもあるので、お急ぎの方はこちらで。
確か500円だったような。










2安土城





右わきに行くと秀吉邸があったりします。
この角度がとても好きです。


安土城3





今でも石仏がうっすら残っていて、ちょっと痛々しい感じです。






頂上






頂上からの琵琶湖です。
心が洗われます。
この風景がとても人気でみなさんここで記念撮影を
撮っておられました。
ところでなぜ信長はこの地を居城に選んだのか不思議です。
どっちかというと光秀の坂本城(現在の大津市坂本)
の方がアクセスがいいのですが。

スポンサーサイト
[ 2011年06月02日 21:30 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。