だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  プロ市民 >  紀州鉱山の朝鮮人追悼碑の固定資産税払えぬとゴネる人々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紀州鉱山の朝鮮人追悼碑の固定資産税払えぬとゴネる人々


日本の植民地時代に強制動員されて
死亡した朝鮮人を追悼するために
建立した記念碑の土地に、日本の地方自治体が「公共性がない」
として税金を課し、現地市民団体が強く反発している。

 日本の市民団体「紀州鉱山の真実を明らかにする会」によると、
同団体は昨年3月に、三重県熊野市の紀州鉱山に強制動員され、
現地で死亡した朝鮮人35人を追悼する碑を建立した。

 同碑には「朝鮮の故郷から遠く引き離され、紀州鉱山で働かされて、
亡くなった人たち。父母とともに来て亡くなった幼い子たち。
わたしたちは、なぜ、みなさんがここで命を失わなければ
ならなかったのかを明らかにし、その歴史的責任を追及していきます」
と書かれている。

 市民団体は当初、鉱山を運営した石原産業と熊野市に
土地提供や資金などの支援を要請したが、断られた。
そのため、在日韓国人有志に資金を借り、2009年7月に土地を直接購入した。

 熊野市は「公共性のない私有地」として、その土地に
不動産取得税2万6300円と固定資産税1万6200円を課税した。
市民団体側は、「土地は朝鮮人強制動員事実を伝え、
歴史的責任所在を明らかにする公共的場所」と主張。
朝鮮人を追悼する場に対する税金を、1円でも納入することは、
日本の行政機関の侵略犯罪に加担することだとして強く反発している。

 これと関連し、同団体は3月18日に三重県と熊野市に
課税賦課処分の取り消しなどを求める行政訴訟を津地裁に起こした。

 紀州鉱山は1934--1978年に運営され、
1940--1945年に江原道を中心に
朝鮮人1000人余りが強制労働を強いられた。
熊野市当局は当時、鉱山に強制動員されて死亡した
英国人捕虜16人の墓地は史跡と指定して管理しているが、
朝鮮人死亡者と関連しては何の措置も行っていないという。

 民族問題研究所の朴漢竜(パク・ハンヨン)研究室長は、
「日本の市民が朝鮮人強制動員現場を保存したのは誤った
過去を繰り返さないという重大な成果。自治体が公共性を否定するなら、
真の韓日友好と連帯を妨げる行為だ」と話した。
朝・日友好ニュース No.019.11.05.21



主張はご自由だが、こういう活動はそもそも民間の有志で
やるところに価値があって、そこに「市民運動」の意義が
あるはず。しかも国なり自治体に依存しないことが
逆に主張の自由度を高めるわけで、主張します、
それで免税しろというのはかなりムシのいい話では?

参考に

<渡日理由別にみた渡日決意の状況>
●経済的理由(438人)
43・2% 自発的に
20・3% どちらかといえば自発的に
33・6% 仕方なく
3・0%  不明

●結婚・親族との同居(191人)
27・2% 自発的に
22・0% どちらかといえば自発的に
48・2% 仕方なく
2・6%  不明

●留学(105人)
71・4% 自発的に
19・0% どちらかといえば自発的に
8・6%  仕方なく
1・0%  不明

「アポジ聞かせてあの日のことを」(在日本大韓民国青年会)

彼らの言う「強制動員」と「自由意志」がどう歴史的に
線引きされてきたのか、再検証すべきです。
スポンサーサイト
[ 2011年05月29日 20:13 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。