だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  日本のもと(講談社)のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本のもと(講談社)のご案内

「日本のもと」(講談社)を執筆しました。
監修は宮崎哲弥さんです。
宮崎さんのお考えがよく反映されており、子供向けでは
ございますが、とにかく憲法本としてはこれほど
中立的な視点で書かれたものは珍しいと思います。

いわゆる護憲派の人が書きそうな憲法万歳本とは違い
各章ごとに丁寧に用語や学説、憲法史を解説しています。

日本のもと


内容紹介

憲法は、国民から国への命令書だって知ってた?
わかったぞ! 日本のなりたち、今の日本、そして未来のすがた

この本で、日本のもと、憲法について考えてみましょう。
憲法ってそもそもだれのためにあるの? 
日本の憲法が平和憲法ってよばれるのは、どうしてなの? 
世界各国の憲法は、日本の憲法にどんな影響をあたえたの?
 『日本のもと・憲法』は、そんな疑問にこたえてくれて
、日本国憲法のなりたち、特長、これからのことがとてもよくわかる一冊です。

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=282681X

スポンサーサイト
[ 2011年04月22日 14:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。