だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  示現舎 >  示現舎も環境と人権に優しいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

示現舎も環境と人権に優しいですよ

kyousei.jpg



































よくコミケの時期になると、同人誌専門の印刷会社が営業をかけたり
学園祭になるとリーフレットを大学のサークルに配ったりしますが
アニメ専門とか成人誌専門だったり印刷会社にもいろいろと
強みがあります。

こちら共生社さんは人権と環境にやさしいということが
社是になっているようです。
「人権と環境を印刷する」というフレーズが
なにかこういい感じであります。


SOYインクとかあるいは再生紙だとか環境配慮型の印刷ツールの
技術は進んでいると思いますが、果たして印刷技術はどこまで
環境に優しくなれるのか。今後、紙媒体の生き残りを探る上で
とても重要な問題ですね。

さて月刊同和と在日3月号はただいま好評発売中です。

月刊同和と在日3月号発売

ガチな日本が読める雑誌「同和と在日」。
大阪土地差別調査事件の背後にある糾弾ビジネスを徹底追跡。
やっぱりあの団体が作っていた大阪府部落リストを発見。
同和行政の総本山大阪を現地から大特集。


ご購入はこちら

http://p.booklog.jp/book/21477
http://atamaga.jp/dz5


目次
●リベラルな電波グラビア館
・俳優・宇梶(うかじ)剛士(たかし)の母がアイヌを語る
・小沢一郎にハマる中高年左翼たちの謎
●追跡 大阪土地差別調査事件
・「隠蔽(いんぺい)」と「暴露(ばくろ)」
・同和地区が個人情報であるという拡大解釈
・糾弾はビジネス? 企業が入会をすすめられる「同企連」の会費は○○万円
●ワイド 大阪同和大帝国
・やっぱりあった“大阪府部落リスト” 作ったのはあの団体
・同和奨学金返還業務は大阪市職員の墓場?
・隣保館運営費等補助金は一般対策!?
・豊中市同和住宅 一般化の意外な手法
・大阪地域支援人権金融公社のなんでやねん? 極楽返済計画
・興信所条例改正を迫る民主党にギブアップ気味の橋下府知事
●自伝本はゴールできなかったサッカー日本代表・李(り)忠成(ただなり)
●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅
・第1回「大阪の部落史第7巻」
●草津市ゴージャス隣保館ぶっちゃけ裏事情
・自立したくても自立できない、甘やかしと甘えの構造
・同和地区と一般地区に立ちふさがる壁
●滋賀県同和行政バトル日記⑤
・第2回口頭弁論「公営住宅の名称と位置は個人情報か?」

スポンサーサイト
[ 2011年03月02日 11:59 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。