だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  東アジア情勢 >  民団は在日を助けたか!? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民団は在日を助けたか!? 

なんというか表題通りの話ですが、朝鮮総連や民団というのは
在日社会に貢献したのでしょうか。
一つ言えるのはこの両団体が在日の生活支援団体というよりか
要は商工業者のクラブ的な意味合いの方が強いような気もします。

結構地域によってはいろいろな事業者支援をやっているようで
税務相談だとか確定申告の指導だとか。
確か3年前に新宿朝鮮商工会にガサいれが入って
若いお兄さんが逮捕されたと思いますが、当時
聞き込みをしたときに何でも新宿は
戦後、朝鮮籍の業者が税金を払いたくないってんで
困った税務署が集団申告を認めるから申告してくれみたいな
話を聞きました。
まあともかく
朝鮮籍だとか韓国籍だとか案外いい加減なもので要は
この両団体のいずれかに所属するのかが「在日」を
「在日」たらしめるところではないかと。

参政権運動というのは「民団」なら選挙権が付与されるという
一種の付加サービスみたいな側面も強いわけです。
だから集会の類でも在日ブラジル人とかインド人とかを
集めるわけですが
「まずは民団から選挙権の付与を」なんて
アジテーションをするから参加した、他国籍の参加者も
「僕って何?」みたいな不思議な表情を浮かべています。
彼らの言う「共生社会作り」という裏には
こんな実態も見逃せません。

それで以前から気になっていたことなんですが
どうも関係各位の話を聞いていると
「民団」って在日コリアンも嫌っている人が
多いのではないか、ということです。
なんとなくこの推定は当たらずも遠からずかなと
思います。

『アポジ聞かせてあの日のことを』(在日本大韓民国青年会)より

「渡航から今日に至るまでであなたにとって最も印象に残っている
ことをお話し下さい」

民団の政治家に泣かされた。30年ぶりにに韓国に帰った時、税関に
荷物を全部調べられた。他の商売人は、荷物が全部通ったのに、
自分の姉、兄にみやげの服をもっていったらバックされた。

民団の政治家とは何を意味するのか探る必要がありますが、
各地域の支部の団長のことでしょうか。
前にも本書を紹介しましたが、もうちょっとじっくり検証すると
いろいろなことが浮かびあがりそうです。


スポンサーサイト
[ 2011年02月28日 23:19 ] カテゴリ:東アジア情勢 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。