だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  SPACE BATTLESHIP ヤマト と尾形英夫先生の思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SPACE BATTLESHIP ヤマト と尾形英夫先生の思い出

SPACE BATTLESHIP ヤマト

http://yamato-movie.net/index.html
が封切となりました。

個人的にはいかめしいフォントを使った
OPで始まる初期作を愛するわけですが
まあノスタルジックはさておきまして
劇場版だと何度目か忘れましたけど、
確か「さようならヤマト」みたいな
エンディングにも関わらず、次回作では
ちゃっかり
乗組員たちが生き返ったわけです。
古代くんのナレーションでヤマトの
カプリコのCMもありましたが、あれは
81年くらいでしたっけか。
かなり長い人気を誇った作品です。

4年前に「EX+35」(光文社)という
雑誌で70~80年代の
アニメ、漫画の美少女キャラクターのという
企画をやったときに、元アニメージュ編集長・
尾形英夫先生にお話をうかがいました。
この方はアニメージュの創刊から
アニメブームは、もちろんジブリ作品にも
大きく貢献された方です。

取材した当時は「萌え」という言葉がブームで
70~80年代のアニメファンを最も
”萌え”させたのは、誰だったのかという
質問をさせて頂きました。

私は「うる星やつら」のラムちゃんかと
思いましたが、尾形先生は「ヤマトの森雪」
だと話されました。その次が「コンバトラーV」の
ちづるも人気だったと話されましたが
それでも森雪の人気はズバ抜けていたそうです。

なにしろ当時のファンレターや投書、読者アンケート
などの資料をお持ちで、森雪についての
ものがかなり多かったです。
SPACE BATTLESHIP ヤマト
では、森雪役を黒木メイサさんがやっておられますが
若干イメージと違う気もします。
果たしてどんな森雪なのか気になるところです。

尾形先生は、東映の長浜忠夫監督がどの
ファンレターにも丁寧に目を通していたから
自分も読者からの手紙は必ず目を通していたと
おっしゃいました。
とにかく70~80年代のアニメをいろいろと
教えて頂き、貴重な時間を過ごさせて頂きました。

ですが残念なことにその数ヵ月後に先生は
亡くなられました。
尾形先生ならSPACE BATTLESHIP ヤマトを
どう評するかお聞きしたいものです。
スポンサーサイト
[ 2010年12月02日 01:44 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。