だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  教育問題 >  記事執筆のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記事執筆のお知らせ

月刊WILL11月号

「朝鮮高校無償化 超法規的措置を認めてよいのか」
を書きました。
無償化適用を求める朝鮮高校関係者、国会議員の
主張への疑問点。また制度上の問題なども
指摘しております。ぜひお買い求めください。
いろいろイタイ話も載せていますから
どうぞご一読を。

もはやこの種の政策が泣き女戦法に左右されつつ
ある実態も見逃せません。

ですからこういうのに政治家も役人も弱いのです。


●朝鮮高校無償化除外反対アンソロジー
―京都朝鮮中高級学校生による詩と散文―
より抜粋

ウリ(私たちの)ハッキョ(学校)

黒板に写し出される朝鮮語
音楽室に並べられているチャンゴとプッ
サッカー部が着ている赤いユニホーム
これはウリ・ハッキョの風景
毎日楽しく通う学校
朝鮮学校でしか学べない民族の誇り
学校があるから私たちがいる
私たちがいるから民族が輝く
明るい朝鮮語が響き渡るウリ・ハッキョ
いつまでも在り続きますように

私たちにあるもの

私たちにあるものは
悲しくつらい過去である
私たちにないものは
楽しく明るい過去である
私たちにあるものは
ないはずの差別である
私たちにないものは
あるはずの権利である
私たちにあるものは
明るく眩しい未来である
私たちにないものは
暗く進めない未来である

どうしてだろう?

どうしてだろう
疑問と悲しみと憤りしか感じない
この答え
もっとちゃんと見て
私達の明るい姿を
学生達の目の輝きを
普通の高校生が
うけなければならない差別とは
一体なんですか?



チャンゴとプッとは太鼓みたいな楽器ですね。
ユニホームはユニフォームでしょう。
まあこんなものを日々、送りつけられては
役人なんてひれ伏すしかないでしょうに。

過去エントリーでも指摘しましたが適用除外は
差別ではなく制度上の問題にすぎません。
「差別」という言葉を多用すれば
するほどより反発が起きるってそろそろ
分かりませんかね。

それと輝いてもらうのは結構ですが
まず朝鮮高校自体が在日朝鮮人に負担を
強いた過去も検証されるべきでしょう。
また教育内容についても同様です。

しかもその愛しいハッキョですが
担保にしてしまった団体があります。
それはどこか?
朝鮮総連ですよ。
神戸朝鮮高級学校   10億3千万円
京都朝鮮初中級学校  40億円
生野朝鮮幼稚園    18億9千万円
東京朝鮮第八初級学校 42億円
           (『朝鮮総連』金賛汀著)

これも日本の差別がゆえでありましょうか。

スポンサーサイト
[ 2010年09月24日 23:15 ] カテゴリ:教育問題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。