だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  示現舎 >  10月25日、月刊同和と在日を創刊します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10月25日、月刊同和と在日を創刊します

鳥取ループ氏との「同和はタブーではない」も
おかげさまで完結することができ、部数も
順調に伸ばしております。

ただ著者陣としましては同和だけに限定せず
日本の暗部に迫りたいと思っており
思案にくれておりました。

そこで定期刊行物でしかも絶対に電子出版でしか
できない雑誌を作ることにしました。
ちょっと遅くなりましたが告知させて頂きます。



プレスリリース

示現舎より新刊のご案内

おかげ様で示現舎は設立から3カ月を迎え、
弊舎『同和はタブーではない』も発行部数100部を
超えご好評を頂くまでになりました。これも多くの
読者の方のお力添えと心から御礼申し上げるとともに
今後も鋭意研鑽し、より充実した電子媒体を
ご提供していこうと思う次第です。

さて示現舎では同和問題以外にも広く日本が抱える
問題点を扱いたいと日々、考えておりまた一部読者
の方からもより日本社会の暗部を知りたいという
お声を頂戴しておりました。

そこで本舎では10月25日に
新電子雑誌『月刊 同和と在日』を新創刊する運びと
なりましたのでここにお知らせいたします。

月刊 同和と在日

キャッチフレーズ
さらばテンプレート記事 

さらばなんちゃってジャーナリズム


本誌コンセプト
同和と在日コリアンをとりまく政策的諸問題、
行政、教育、人権問題をタブーなく語りつくす
ことをコンセプトに新聞、テレビでは語られない
「弱者」の真実を検証する。マスコミによる
テンプレート式な記事ではなく、行政文書、
現場取材を通じてリアルな同和と在日に迫っていく。
また表題の同和と在日とはシンボリックな意味合いで使用している。
我々の真の狙いは人権、差別を訴えることで
不当な利益を得ている諸団体を追及していくことにある。
さらに意図的にステレオタイプな同和と在日を描き自身は
「善導的立場」に座している一部メディアに対する警告の書
としても大いに活用頂けるものと思う。むしろ本書によって同和、
在日コリアンにとっても有意義なものとなり、
真の人権を考えるための絶好のメディアになると信じる。

本誌から読者へのお約束
一般的言説と運動体や特定の団体の主張を根拠にした
「テンプレート記事」を廃し、取材と客観的資料
のみによって記事を構成します。

5W1Hなき差別を徹底検証し、感情と観念のみによる
「声の大きな弱者」の真実に迫ります

特定の団体のスポークス的役割を果たす一部の
メディア、ジャーナリストとは一線を画します。

無駄なページ数調整、字数稼ぎを一切排除し、
既存の出版物の枠にとらわれず、電子雑誌に適した
簡潔で濃い内容を編集方針とします。

発売日 10月25日

発行 示現舎
発行人 三品純
編集人 鳥取ループ

価格 300円
スポンサーサイト
[ 2010年09月23日 10:53 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。