だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  示現舎 >  「同和はタブーではない3~本物の“部落地名総鑑”~」発売しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「同和はタブーではない3~本物の“部落地名総鑑”~」発売しました

示現舎の本 ご案内

「同和はタブーではない(3) 

~本物の“部落地名総鑑”~」


本日発売しました。

ご購入はこちらから
http://atamaga.jp/dwa3
http://p.booklog.jp/book/9380

Android Marketでは「同和」で検索!

●本物の“部落地名総鑑”
・被害者は「同和地区住民」
・同和対策事業の対象と住民
・図書館の大阪市同和地区一覧
・誰が差別されるのか
・なぜ差別されるのか
・滋賀の部落
●糾弾のおわり
・最終弁論日
・真相報告学習会
・情報公開審査会の判断
・“東近江市版部落地名総鑑”が開示される
・鳥取ループの存在意義

【編集部より】
「同和はタブーではない」三部作の
最終章。今回はその決定版と
いうべき内容です。
特に被差別部落の根拠の曖昧さが
理解して頂けると思います。
一体、同和事業とはなんであったのか
徒労感さえ感じて頂けると思います。

誰に対する差別が侵害されたのか
まともに答えられない行政。
作られた同和地区住民など
既存メディアは絶対に報じられない
真実の同和問題が本書にあります。

ぜひご一読ください。
スポンサーサイト
[ 2010年09月10日 17:07 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。