だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  民主党 >  朝鮮王室儀返還ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝鮮王室儀返還ニュース

8月10日、首相談話に盛り込まれた
「朝鮮王室儀軌」の返還を
受けて民主党・石毛えい子衆議院議員、
戦後補償ネットワークの有光健氏が歓迎の
声明を発表した。
石毛議員は日本政府に謝罪と賠償を求める
日韓議員ネットワークに名をつらね、
有光氏は2008年、米下院議員の
マイク・ホンダ氏が来日した際、
江田五月参院議長らとの面会にも
関わっている。

本日、日本政府はかねてより韓国国会や民間の
朝鮮王室儀軌還収委員会より返還を求められていた
宮内庁書陵部に所蔵されている
朝鮮王室儀軌の韓国への引渡しを発表しました。
 「併合100年」の歴史的な時機に返還が実現することを歓迎します。
本来は「引渡し」でなく「返還」であるべきと考えますが、
日本政府が「返還」を決断したことを評価します。
 植民地支配下で多数の朝鮮・韓国文化財が朝鮮半島から
日本に持ち込まれ、中には不当・不法に持ち出されたものも
多いとみられています。今後、日韓両国政府は、
民間の研究者や市民らの協力も得て、調査を進め、朝鮮・
韓国から持ち込まれた文化財の来歴を明らかにし、不当に
持ち込まれたものに関しては、進んで日本側が返還するよう
呼びかけ、返還方法やその支援策について検討をすべきと考えます。
 国立博物館や全国の大学・博物館・美術館あるいは私的に
所蔵されている朝鮮・韓国文化財の数は万を越えると
推定されています。それらの詳細を明らかにすることは、
不幸な過去も含めて、朝鮮半島と日本の歴史を知り、
学ぶ契機ともなります。政府あるいは専門の研究者だけでなく、
学校や民間のサークルなどでも市民や学生・生徒が参加する形で、
こうした努力を始めることも呼びかけたいと思います。
 とくに、この間、韓国・利川市より返還を求められている
大倉集古館所蔵の五重石塔も、こうした政府の措置を見習って
早期に返還するよう促したいと思います。
 朝鮮半島と日本の間で文化財をめぐって対立したり、
不信が広がるのではなく、良好な関係が醸成され、
新しい交流が広がるよう新しい100年に向けて強く願うものです。


スポンサーサイト
[ 2010年09月06日 09:00 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。