だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  同和問題 >  昨日の解放新聞毎日版の記事について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨日の解放新聞毎日版の記事について

昨日の毎日新聞に仰天記事が掲載されたので
紹介します。なんだかツッコミどころをが
満載すぎてどうしたらいいものやら。
まずは解放新聞と運動体の主張をグツグツ
煮込んでできたフォンドボーのような記事を
ご堪能ください。

毎日新聞 2010年8月20日 東京朝刊


記者の目:京都・弥栄中学の人権教育=林由紀子(大阪社会部)
 ◇心の内を語るみずみずしさ
 京都・祇園の市立弥栄(やさか)中学校
(東山区、野里基次(のざともとつぐ)校長、72人)
の今春の卒業生を、昨年10月から約半年間、追った。
複雑な社会背景や家庭環境を抱えた生徒たちが、
独特の人権教育を通して成長し、卒業するまでの姿を、
大阪本社版朝刊のルポ「弥栄のきずな」
(毎日jp「http://mainichi.jp/kansai/reportage2010/archive/」参照)
で6月に16回にわたり紹介した。

 私が初めて同校を訪ねたのは03年秋。1カ月前の文化祭で、
部落差別などをテーマにした人権劇が上演されたが、
それらを通して感じたことを発表する研究発表会を取材した。
生徒たちは、同和地区出身であることや養育院(児童養護施設)
で暮らしている事実を堂々と告白し、心の内を自分の言葉で語った。
そのみずみずしい感性に魂を揺さぶられた衝撃を忘れることができなかった。

 今回、6年ぶりに取材の機会を得た私は、生徒たちが内面と向き合い、
将来を見据える中で、その思いを言葉にするまでの軌跡をたどった。
管理教育で有名な愛知県で育った私にとって、時間を惜しまず生徒に寄り添い、
内なる声を一つ一つ拾い上げる教師のひたむきな姿は新鮮だった。

 ◇同和地区出身を子に伝える苦悩
 取材の中で最も印象深かったのは、同和地区出身の生徒の多くが
「将来、差別されるかもしれない」と不安に思っていることだ。
ただそこに生まれたというだけで、なぜ、こんなに苦しまなければ
いけないのか、その不条理さに怒りが込み上げた。彼らは葛藤(かっとう)
しながらも、自分の境遇を受け入れ、乗り越えていこうとしていた。
その姿と肉声を多くの人に伝えたいと思った。

 02年、同和対策のための特別措置法が期限切れを迎えた。
数十年にわたる行政上の特別措置は終わっても、
心の問題はいまだに解決していない。むしろ、差別は見えに
くくなったといわれる。「生徒たちは、自分は差別に遭った
ことがないと言う。でも、実際は毎日遭っているんです」。
弥栄中に勤めて23年になるベテラン教師は語る。
彼らが生まれ育った環境や生活習慣、物事に対する考え方、
そのすべてに部落差別の影響が残っているのだと。

 私がそれを理解できたのは連載後、同和地区出身のある
男子生徒の母親に会った時だ。彼は中3だった昨年、
初めて出身を知った。ショックを受け、自分を見失いかけた時、
教師や級友に思いをぶつけた。人権劇の取り組みを通して
現実を受け入れると、受験勉強にも励むようになった。

 母親自身が、同和問題と向き合うことに悩んでいた。
大きな差別に遭うことなく育ち、同じ地区出身の夫と結婚、
1男1女に恵まれた。同和問題を意識したこともなかったが、
子供が成長するにつれ「いつか自分の出身を知るだろう」
と思いながら「このまま知らずに育ってくれたら」と願った。
出身を知ったことで命を絶ったり、結婚差別の末、
親子の縁を切った人を身近に何人も知っているからだ。

 「私は産んだことを後悔していないけれど、
子供は生まれたことを後悔するのではないか」。
そう考えると、自分から伝える気持ちにはなれなかったという。
「差別は、教えるからなくならない」と思うこともある。
まだ出身を知らない長女とどう向き合えばいいのか、
心は今も揺れ動く。私の前で、目に涙をためて語る母親の姿こそ、
現代の同和問題そのものではないか。

 ◇無関心が増加
 市民運動や行政による啓発の結果、同和地区に対して
明らかな差別意識や偏見を持つ人は、以前より少なくなった。
しかし、私がそうだったように、学校で同和問題を教わらないなど、
無関心な人は増えているのではないか。特別措置がなくなったことで、
自分の出身を知らないまま大きくなり、
ある日突然、悩みに直面する現実もある。

 法律の期限が切れたことと学力重視の風潮が相まって、
同和教育は今、岐路に立たされている。来春の統合で
名前が消える弥栄中も例外ではない。新しい学校で、
部落差別の現実をどう教えるのか、同和地区の生徒をどう支えるのか。
学力やルールを重視するあまり、困難な状況にいる生徒が
置き去りにされることだけはあってほしくない。

 同和問題を考えることは、障害者や在日外国人問題など、
すべての人権を考えることにつながる--今回の取材でそう教えられた。
弥栄中の生徒たちは、自分を表現し、相手の気持ちに耳を傾けることで、
思いやりの輪を広げている。さまざまな環境や立場の子供が集まる
公教育こそ、人権教育の絶好の場だと私は思う。「教育とは何か」。
弥栄中の教育は、その原点を問いかけているように思う。



本紙では記者・林由紀子さんの顔写真も掲載されてました。
全体的な記事のトーンとしては
「頑張れアタシの記者ライフ」的な雰囲気がムンムン。
ご本人もどえらい勲章と思って振りかざしてるんだろうけど
意外とその勲章も牛乳瓶のフタだったりして。
観光地に行くとよく「京都にいってきました」みたいな
饅頭が売っているけどあれと同じようなもので
「社会派記事しちゃいました」みたいな薄さ000・1
ミクロンくらいの薄っぺらい記事といったら言い過ぎかな。
ま、同和減免申請書の裏側にでも肩叩き券を作って
進呈したいけどさあ受け取ったらたいしたものですわな。


<爆笑、珍説ここがツボ>
私が初めて同校を訪ねたのは03年秋。1カ月前の文化祭で、
部落差別などをテーマにした人権劇が上演されたが、
それらを通して感じたことを発表する研究発表会を取材した。
生徒たちは、同和地区出身であることや養育院(児童養護施設)
で暮らしている事実を堂々と告白し、心の内を自分の言葉で語った。


→まずこの時点で、弥栄中学付近は同和地区と全国に
広めたようなもんです。ただ問題はありません。
部落解放同盟大阪府連の北口末広氏によると「差別をなくすためなら
同和地区を知っても、聞いてもいい」そうです。
で、問題はこの中学では「立場宣言」が行われていることが
判明したことです。この記者さんおそらく「立場宣言」なる
用語さえ知らないでしょう。実はいやいや立場宣言をさせられた
ケースがあることもご存知ないでしょう。
また立場宣言によって無駄な軋轢が生じた過去も別段問題は
ないのでしょう。なにせ「機関誌毎日」ですからね。
時にカミングアウト、時に隠ぺい、この2つを上手く
コントロールしたところに同和問題の歪みがあることも
お忘れなきよう。

同和地区出身であることや養育院(児童養護施設)
まるで前提が異なる現象をズラズラ列記するのも
マスコミ様の常套手段です。児童養護施設にいることを
カミングアウトすることがどの程度意味があるのか分かりません。
そもそも児童養護施設とは差別の目に晒されているのかどうか。

「生徒たちは、自分は差別に遭った
ことがないと言う。でも、実際は毎日遭っているんです」。


彼は中3だった昨年、 初めて出身を知った。

→あれれ不思議。毎日差別が起こっているのに気づいたのは15歳!?
ってことは15年間は少なくとも気づかない程度の差別だったのか。
しかもカレンダーの六曜が差別って糾弾されるくらいだから
実際どんな差別があったのか、またはそれが部落差別だったのか
疑問です。

母親自身が、同和問題と向き合うことに悩んでいた。
大きな差別に遭うことなく育ち、同じ地区出身の夫と結婚、
1男1女に恵まれた。同和問題を意識したこともなかったが


→あれれ不思議。毎日差別が起こっているこのお母さんは大きな差別に
遭うこともなく育ったそう。それと大きな差別と小さな差別って
誰がどうジャッジを下すのでしょか。意味が分かりません。
しかもこれおかしな話で母親は同和地区を意識したことがなかった
というのに子供が成長するにつれ「いつか自分の出身を知るだろう」
なぜか子供は意識するという。最終的に何を伝えたいのか
分かりません。

同和地区の生徒をどう支えるのか。 学力やルールを重視するあまり

→同和地区の奨学金無返還などルール無用の現象に対してどう
考えるか聞いてみたいものです。

出身を知ったことで命を絶ったり、結婚差別の末、
親子の縁を切った人を身近に何人も知っているからだ


→出ました! 水戸黄門なら印籠を出した辺りでしょう。
この「物語」のクライマックスです。出身を知って命を絶った人が
いたら相当な報道があったと思いますがぜひいつの事件か聞きたいです。
親子の縁を切った!? たぶん糾弾闘争に発展すると思いますが
何人もいたなら解放新聞に掲載されているでしょ。どの事案か
見せてほしいですな。ちなみにお隣の滋賀県では解同の同盟員名簿が
ネット上に流れましたがこれで誰か命を絶った話は聞きません。

で、この記事の中には「悪魔の選択肢」が隠れています。

①生徒たちは、自分は差別に遭った
ことがないと言う。でも、実際は毎日遭っているんです

まずこの部分。これ人権意識調査で定番の手法です。
「部落差別にあったことがある」と答えると
「ほれ見ろ差別があるやんけ」と結論付ける。
「ない」と答えると「差別と感じられないほど
差別が浸透している」と分析する。なんとでも
操作できます。

②学校で同和問題を教わらないなど、
無関心な人は増えているのではないか


これ「無関心差別論」というべきものです。
①と同様に同和問題に関心の有無を尋ねても
いずれも「差別」を助長しているという主張です。
解同の主張をまんま書いたんだなって一目瞭然。

つまりこの林記者は現場取材をしていないのです。
取材といっても極めて表層的なもので
同和万歳!記事としてもえらく低いクオリティ。
要は当事者、それも運動体の言説をまんま書いているに
すぎないのです。
これ邪推ですけど文中の母親は林さんの脳内キャラか
運動員かどちらかです。

ということで配達してくれるアジビラ・毎日新聞に
ついて考えてみました。
スポンサーサイト
[ 2010年08月20日 22:19 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。