だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  北のOS「赤い星」の真相について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北のOS「赤い星」の真相について

kita.jpg


ロイター通信社の報道によると、韓国の科学技術政策研究院 (STEPI)
が発表したレポートによって、北朝鮮が独自OS「Red Star」を
開発したことが明らかになったそうです。
STEPIは「Red Star」を実際に入手して詳細な分析を加えた上で、
同OSはLinuxをベースにしているものの、
マイクロソフトの古いバージョンのOSの影響を多分に受けており、
10年ほど時代遅れのものであるとした上で、利用できるアプリケーションがほとんど無いため、
自国内でさえ簡単には流通しないであろうと述べています。
http://gigazine.net/index.php?/news/
comments/20100407_north_korea_red_star/


実は昨年、北朝鮮の支援をしている方から
北朝鮮にも独自のOSがあると聞きました。
その時の話では「赤い星」と言っていました。
なるほど「レッドスター」だから「赤い星」。

当時の話だと人民大学習堂(写真、日本の国会図書館にあたる施設)
のパソコンに内蔵されていた専用のOSと聞いていました。
この話は十月くらいに聞きましたから
それ以前に開発され導入されていたのでしょう。
その話ではOSというより図書館などに
よくあるデータベースだとか資料の検索エンジン
みたいなイメージ。
ただ同サイトにはゲームや文書作成ソフトなどの写真も
掲載されていました。一般ユーザーも意識しているのでしょうか。
もっとも学習堂専用でも、一般ユーザー向けでも利用できるのは
一部の富裕層だけでしょうが。

補足をすると人民大学習堂は82年、金正日が責任者の下に
建設されたなかなか荘厳な図書館。
金日成広場の前に建っている辺り、その重要さが伺えます。
そういえばもはや後継者レースから脱落した金正男氏は語学に長けた上、
北のIT技術の担当者だったという話を聞きました。
もっとも各国を渡り歩き、先進国のIT事情を知るであろう
彼にしてみたら「赤い星」をインストールしても
おそらく「MSX」くらいなもんでしょう。
この件でMSXを持ち出す辺りはいかにも団塊ジュニアですね。

それにしても話が出てくるのが遅すぎる印象です。
このタイムラグって面白いもので
韓国の科学技術政策研究院よりも日本のプロ市民の方が
先に情報を得ているわけです。
日本のプロ市民>>>>>>>>>>韓国の科学技術政策研究院
ということでしょう。恐ろしいもんです。
スポンサーサイト
[ 2010年04月07日 23:14 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。