だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マウントゴックス社の債権説明会を取材しました

本日、東京地裁でマウントゴックスの債権者説明会にいきました。
一応、債権者付き添いという形です。

管財人の小林信明弁護士から8億円の残高しないない旨が伝えられ債権者たちかは
口座情報の公開や分配方法を求める意見が相次ぎました。

結局、法務関係の経費やまたなぜコインがなくなったのか調査しなくてはなりません。
これだけで数千万円がかかっている上に調査を担当する監査法人トーマツへの
報酬はまだ計上されていないため、まだ経費はかかるということでした。

ビットコインユーザーは外国人が多く、会場には多くの外国人がいました。
ある外国人ユーザーに聞いたところ
海外には億単位のユーザーもいるということで
「預けたものが突然、ありません。まだ説明できない、でアナタは納得できますか」
と不満を露にしていました。

僕が情報弱者だからこういったものに無縁だけど
やっぱり100円握りしめて缶コーヒーを買いに行くというライフスタイルの方が
最終的には安心だし、便利じゃないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2014年07月24日 00:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(3)

クオンパ(救援派)について

実は昨年の琉球新報を読んでいたら都内の出版社の編集者になぜ
嫌韓本を作るのか? というインタビューをしていました。
その答えが「売れるから仕方がない」というものでした。
これには衝撃を受けました。
出版物とはしょせん心意気みたいなものです。自分も業界紙を作った、エロ本作った、健食の本作った
あらゆるものを作りましたがどんな時も理屈というか「建前」を持っていました。
社会に一石を投じたい。それで十分なんです。
屁理屈なんて後からなんとでも言えます。
しかし
「売れるから作った」これははっきり言って”それを言っちゃおしめえよ”というやつです。
少なからず読者はそこに何らかの答えを求めているわけだし、はっきり言えば読者への裏切り。
要するにこの分野の刊行物はこの程度のシロモノにすぎない。

自分も嫌韓本で書いているけども、扱うのはもっぱら国内問題です。
習近平やパククネなんて批判したところでのれんを殴っているようなものだし
じゃあ韓国や中国が「反日行為」をやめたら日本がよくなるか。そういうものでもありません。

同和と在日というのは実生活に影響を及ぼすリスクがあるからやっています。
まあただこれも正直、どうこうなる相手ではありませんし、何よりも日本人が
関わりたがらない。特に同和には。
だから影でごそごそ言ったり、ネットでデマ飛ばして
いる程度のものでよければどうぞおやりなさい、というぐらいで
自分としては地道にライフワークとしてやろうかと思っています。

しかし生活にもっとリスクがある分野は他にもたくさんあります。
それが新興宗教です。大阪の同和地区の人に「そんなん”だらけやで”」と言われたのには
驚きました。まあそんな経験があってこの分野もやってもう少し扱うジャンルを広げていこうと
考えています。

そんなわけでとりあえず現状、得ている知識で警告できるものについて
レポートしようと思っています。

そんな中で新興宗教、例えば韓国大阪教会など一般のキリスト教団体も含めて取材をしています。
ひょっとしたら「結局、韓国?」という指摘があるかもしれないけど
はっきり言って新興宗教=韓国由来、といっても過言ではありません。
ただぶっちゃけた話、同和を取材していればこの分野はそうハードルが高くはない。
もっともほんの入口だから分かりませんけど。

今回はセウォル号でも話題になったクオンパ(救援派)についてまとめました。
日本国内の直接の被害はまだ報告されていないのですが、韓国では同団体の関連団体
IYF(国際青少年連合)がガンとエイズの特効薬(どういうクスリ?)を宣伝して
服用した人が亡くなる事件も起きています。日本でもクオンパは活動しているので
一応、予備知識だけはあった方がいいと思います。

よく誤解している人が多いのですが、クオンパとは団体が名乗っているのではなく
韓国キリスト教総連合会などが「クオンパ」(救援派)と総称したものです。

それからセウォル号の「清海鎮海運」の実質的オーナー、兪炳彦(ユビョンオン)が
クオンパを設立したという声も散見されます。しかしこれも間違い。

60年代の初め、韓国に布教に訪れたアメリカ人、ディック・ヨーク氏が
キリスト教に根ざした宗教団体を作りました。この当時は朝鮮戦争で疲弊しており
その救済活動が中心だったそうです。
そして
     ↓
1962年、朴玉洙氏(バクオクス)が「喜びのニュース宣教会」、
1963年、兪炳彦氏が岳父、権信燦氏と「基督教福音浸礼会」
1983年に李要翰氏が「大韓イエス教浸礼会」


をそれぞれ創設した。この3つをクオンパと言います。
喜びニュース=クオンパというイメージが強いですが、これはもっとも最初に分派したためでしょうか。

また喜びニュースは東京にも大阪にも教会があります。しかし基督教福音浸礼会の事務所はまだ
秘密のベールに包まれています。なんでも東京に事務所(教会?)があるそうです。
いまのところそれらしい事務所は把握していますがまだ直接、ごめんくださいを
していないので正確な話はもう少し後になります。
しかし十中八九、そこで間違いありません。あえて言うなら東東京にあります。

傾向としては従来の在日コリアンがキリスト教、またはキリスト教系の新興宗教、または
創価学会などに入信しているのに対してニューカマーがクオンパに入信する傾向があるようです。
今、在日とニューカマーの軋轢が水面下で問題になっていますが、
こうした宗教事業も関係しているのではないか。こう邪推しています。

さて冒頭にクオンパの関連団体、IYF(国際青少年連合)と書きましたが
正確には喜びのニュースの関連団体です。

彼らは国際交流とか文化親善といった名目で接近します。
この点に注意したほうがいいでしょう。
[ 2014年07月23日 01:40 ] カテゴリ:東アジア情勢 | TB(0) | CM(0)

人権屋は儲かる!

まささんというネット弁慶さんから誰も見ていないブログという風に
お墨付きをもらったのでならばこういう資料を出してもいいかと思い公開します。

同和関係者の方でご不満があったらこのネット弁慶さんに言ってくださいね。

それにしても人権屋は儲かるからいいなあ。
行政から光と熱(笑)をたっぷり頂いているご様子で。

ところで解放同盟とネット弁慶さんたちってそっくり。
集団でしかモノが言えない、匿名でしかモノが言えない、行政にはやたら強気に出る、弱いところしか
叩けない、反論しないものには強い。

お互いこの程度なのだよ。

それからこの前、訴えると言ってきた人がいたけど早く訴状をもらえんですかね。
裁判所で同和の不当性を堂々と述べられるからありがたいです。


人権屋講演会収入ランキング
村崎太郎 70万円
高山文彦 40万円
栗原美和子30万円
組坂繁之20万円


キャプチャ

kumisaka.jpg



















[ 2014年07月20日 11:24 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(2)

沖縄に関する電子書籍を企画中です

沖縄に関する電子書籍を企画中です。

普段、全国メディアに出てくる沖縄はいつも反戦、反基地、反ヤマトンチュで
私たちはそういう声のみが沖縄の声と錯覚しがちです。

しかし県内ではそうではない人もたくさんいるとお聞きしています。
ところが沖タイ、琉球新報はともかく本土の新聞でこうした声が
取り上げられることはありません。

だからせめて電子書籍はいわゆる「オキナワ論」に抵抗してもいいのではないか。
そういう声を受けて出版計画を立てました。

今、進めているのはとにかく沖縄の人、現地の人による執筆で
着々とラインナップを集めています。
それでもし沖縄の方でご興味がある人で自分の何か寄稿してみたいという
方がおられたらぜひご一報ください。

ただ中国許せない、左翼が悪い、とかそういう類のものじゃなくて
●本土の人が知らない心温まる沖縄話
●本土ではありえないビックリする風景やスポットを知っている
●沖縄の居酒屋、飲食店事情
●沖縄の進学事情(受験で本土に行くにはこんなに苦労していた)
●本土で知った沖縄のギャップ

こういう系統の話があればありがたいです。
ぜひご検討ください。


[ 2014年07月19日 14:02 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(4)

同和とTPP 部落産業をどう保護するか

一見、まるで無関係なこの両者。
しかし水面下では切実とも言える同和サイドの要求と自治体の苦悩があります。

通常、同和を検証する時に「事業と教育」という双方の観点が重要となります。
教育派の人が言う同和とはまるで本質を掴めておらず、では実態を知っているかというと疑問です。
逆に事業を見れば社会全体が抱える問題点が浮き彫りになることがあります。

奈良県と解放同盟が交わした「産業・雇用振興部と企業連との意見交換会に関する回答書」
を見ると一層、痛感します。

「解放のふるさと」と言われる奈良県ですが、恥ずかしながら過去、あまり取材をしたことがありません。
やるべきことはあっても正直、そこまでの余力がなかったというのが本音ですが。
それから奈良についてはすでに県連が分派し勢力が弱まっていたとの情報があり、それほど
重視していませんでしたが、これは甘い見通しでした。そこはやっぱり解放のふるさとなんです。
水面下では非常に興味深い議論と協議が重ねられてきました。

奈良県は伝統的に皮革産業が強く、靴や靴下のシェアは日本有数です。
それから野球のグローブなども奈良が有力な産地です。
そしてこれは「部落産業新興資金」という制度によって
行政に保護されています。

ただ問題は皮革産業を部落産業としてしまう点に彼らの愚かさがあり、一層、部落=皮革
という偏見を植え付けてるようにしか見えません。
しかしここが難しいところで確かに優遇措置とも言えますが、県内の有力産業を保護すること自体、
方針としては間違っていないと思います。

さてこの協議の中でこのような懸念がありました。
皮革産業などを中心とする中小企業が多くを占める奈良県の企業連が
中小企業・零細企業の経営支援を求める要求をしています。

その中で関係者の懸念が、TPPでした。

TPPというと農業、工業製品、最近ではジェネリックなどの医薬品、保険分野なども
ビジネス誌で論議の的になっています。

しかし部落産業も例外ではなく
TPP交渉では(見通しは不透明ですが)、革製品、履物、スポーツも
関税撤廃が予想されています。
これらは従来は関税で守られてきたものの、TPPという妥協のない制度の前に
危機的な状況にあります。

企業連に利することはやりたくありません。
しかし伝統ある産業がTPPに飲み込まれるというのは同胞として
耐え難いものがあります。

ではどうすれば同和、はっきり言えば解放同盟に利することなく
伝統産業を守ることができるでしょう。
答えは簡単で仮に支援事業、補助金制度があったとしても受け皿団体を
解放同盟や企業連にしないこと。そうした勢力は排除し
外部の監査・指導の下で補助事業が行われるべきでしょう。

企業連や運動体の幹部が肥え太り、腕のいい職人がバカを見る。
そういう制度にするべきではないでしょう。
[ 2014年07月16日 07:32 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(5)

カルト保守主義

保守派という人の中には統一教会や幸福の科学に与する人々がいます。
現状の保守という人たちは特定の政治家に対しては非常に熱狂的というか
一種の宗教みたいなものだから結局、同じ穴のムジナとも思えますが。

第143回国会 法務委員会 第3号
平成十年九月二十二日(火曜日)

○中村敦夫君 国会議員に対して統一協会やその政治組織などから秘書が派遣されているというのは広く知られているわけですね。多い人は統一協会から一人の議員に九人もの秘書がついているというようなこともあります。私たちもそういう議員や秘書というものの数を調べておりますけれども、公安調査庁では、統一協会系の秘書の提供を受けている議員が何人いるのか、そしてそういう秘書たちは国会全体で何人いるのか、数でお答えいただきたいんです。私らの数とどう合うか、ちょっと知りたいものですから、お願いします。
○政府委員(豊嶋秀直君) お答えいたします。
 公安調査庁といたしましては、統一協会が種々社会的な問題を引き起こしている団体であるということは十分承知しておりまして、統一協会側によると公称の会員は四十七万を超えているというふうに発表されておりますが、実質的には五万人ぐらいではないかという見方もあるようです。そういうことで、大いなる関心を持って統一協会という団体の動向については広く情報を集めております。
 中村委員御指摘の、国会議員に秘書が派遣されているというようなことが一部のマスコミで報道されたこともよく承知しておりますけれども、その内容の真偽についてまでは把握いたしておりません。
○中村敦夫君 数はわからないということですか。それは大変困ったことなんですね。これは我々だってわかっているのに、公安調査庁がこれをつかんでいないということは大変危険なことではないかと思います。
 といいますのは、冷戦後、文鮮明は反共というのを取りやめて急速北朝鮮に近づいていくわけです。金日成主席に大金を提供したり、あるいは事業の共同経営を持ちかけたり、そういうことを積極的に開始したわけです。ポトンガンホテルを買い取るとか、それから観光開発を積極的にやるとか、日本人妻の帰国連動なんかも統一協会が一番しんになってやっているわけであって、非常に政治的な動きをするという団体であります。これは、今の日本と北朝鮮の非常に複雑な危険性を伴った緊張のある関係の中で大変危険な、公安の問題ではないかと思うんですけれども、そういう意識は公安調査庁はお持ちではないんでしょうか。
○政府委員(豊嶋秀直君) 先ほどもちょっとお答えいたしましたが、統一協会の動向については非常に関心を持って見守っております。ただ、団体の動向自体については非常に関心があるわけでございますが、破防法上個々の構成員の具体的な、いわば私的な活動まで一々調査をすることの是非、適正の問題ということもございまして、今後そういう必要が生ずるというふうに判断した場合には私どもはさらなる調査を続けていく必要があろうかと思いますが、現在は破防法上の調査でそこまでできるかどうかという問題もあるのではないかという観点から、団体の動向の調査にとどめている段階でございます。
○中村敦夫君 そういう個人的な問題とか、そういうことを超えた問題ではないかと思うんです。やはり国会議員のそばにたくさんの北朝鮮と協力している団体の秘書がいるということ自体が、国家機密が筒抜けになるというような状況なわけですから、そういう消極的な考えで公安がいられるということは私は大変疑問に思っているんです。そんなことでいいのだろうか。
 それに関連しまして、実は高村外務大臣、この方はかつて統一協会の代理人だったわけですね。裁判の記録などにも載っているわけです。それから、一九八九年の資産公開では、統一協会の霊感商法の元締めであるハッピーワールドという会社、ここから時価三百八十万円のセドリックを提供されているというような、これは相当に深い関係だと思うんです。こういう方が今、日本と北朝鮮の問題のさなかで外務大臣をやっているということを私は大変危惧するわけです。
 ですから、高村さんは現在とこれまでの統一協会との関係、具体的なものを全部公開すべきではないのかなというふうに思うんです。もし公開できないとしたら、これは外務大臣としては大変不適任でありますから、これは罷免すべきではないかと思います。



こうして下の一族が繁栄するのだから、日本の保守派はとても親韓派なんです。

TOUITU.jpg



[ 2014年07月11日 21:50 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

声優アイコと生活保護

「生活保護への偏見だ」
「煽っている」
とか言われても事件が起きて、その結果、生活保護の受給者でした、という
生保オチが多すぎやしないでしょうか。

睡眠薬を男性に飲ませ、現金や腕時計を奪ったとして今月7日、昏睡(こんすい)強盗容疑で、
神いっき容疑者が逮捕されました。神容疑者は「声優のアイコ」などと名乗り、男性に接触していた他、
生活保護の受給者であることも報じられていました。

生活保護問題を考える上で少しポイントがあると思っています。
各自治体で生活保護申請者が増加し、対応に困っているという実態もありますが
以前は「大阪モデル」といって近隣の自治体が、相談者に大阪への交通費を渡して
早い話がお引き取り頂くという事態が横行したといいます。

しかし周辺の自治体に貧困ビジネス屋が出てきて、わざわざ大阪に
行かせるよりも地元で申請させて中間搾取しようというわけで皮肉にも
そんな理由で大阪モデルは減少したそうです。(もちろん自治体間の協議もあったと思いますが)。

またもう一つの古典的手段としては共産党、公明党の議員を通じて申請させる
鉄板ルートがありましたが、これもかつてほど有効ではなくなったそうです。
理由としてはそれ以外のルートが充実してきたことが挙げられます。

また気の毒なもので昔は共産党の先生にお世話になったから赤旗日曜版も合わせて
1年とりますという話にもなったそうですが、最近は生活保護の支給が決まった途端、
携帯の着信を拒否する人も多いそうです。

では生活保護における最新の鉄板ルートは何か?(但し女性に限るですが)
公明党や共産党に頼むのはど素人、あるいは担当窓口に直接行くのはもっとど素人。

じゃあどこに行くのか。
「男女共同参画」関係の部署です。
ここで生活や雇用などの相談をする。それで生活費に困っているという話になると
職員から「ではこういう手段もある」と生活保護の申請が提案されます。
それで共同参画の部署を介して、生活保護担当に行くルートの方が
確実だ、というわけです。

アイコこと神容疑者は現在、性同一障害という憶測がありますが、
私はさもありなんと思っています。つまり
この障害を含めて「男女共同参画」関係の部署に行き
生活保護を得た、というシナリオは大いに考えられます。

それからこれは痛々しい証言ではありましたが、田舎に行くと町の厄介者みたいな
人が生活保護受給者で町をウロウロしているということがあります。
この人たちは就労能力、あるいは意思が著しく欠けていることもありますが
要するに生活保護でもしてやらないと何をしでかすか分からないという
自治体の判断も苦しいところでしょう。
[ 2014年07月09日 20:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

拉致問題、口だけの人々

なんでも一部の自治体で同和議員が反対しているから、拉致問題の非難決議ができない
議会もあるそうですよ。
なんか保守様、普段はお勇ましいけども、同和が絡むといつもこう。

拉致なんて解決する気ないでしょ?

同胞があんなゴミみたいなクズ国家に拉致されたのにこのザマ。

言いやすいところ、弱いやつ、雑魚には勇ましい。それが愛国者様。保守様。

私おっしゃる通り雑魚は雑魚だけども自分なりのやり方で一矢報いたいですね。
[ 2014年07月07日 23:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

愛国エンタメで盛り上がっているところ恐縮ですが

保守とか愛国とかいう運動がもはやエンターテイメント化して
本来、こうしたイデオロギーめいた分野に入ってくる必要のない層までが
在日だ、日教組だと、騒ぐ時代になりました。

こうした層が人生において、では在日や日教組と関わったことがあるのかと言えば
おそらく皆無だと思います。
みなさん「怒り」のタイミングを待っている。とにかくモノが言いたい、騒ぎたい、
リスクがない中で誰かに当たり散らしたい、そんな矛先が中国だ、在日だ、
なんであって、物凄くチープで手軽な偶像を作りだしている。

じゃあ彼らが現実的なリスクに対処できるのかと言えばそうでもない。

保守村で集まって手製の偶像を皆で罵倒する。その程度でしょう。

ところでそうした現象の中で注目され、人気なのがテキサス親父さんです。
今や大人気で各地で講演会を行っています。
すごい話で戦勝国の方におすがりして韓国や中国を批判してもらい狂喜している。
アメリカなんて日本に悪意を持つ人などいくらでもいる。
その中で出てきたわずかに「好意的」な人を引っ張り出して熱狂している姿は
ある意味、哀れでもありそこに知性とか教養的素地というものはありません。
これが愛国エンタメの世界。
おそらく大学時代に憲法を学んだ、とか、そんな人はまずいない。
ネットで真実を知った、その集合体。

ところで仮定の話ですが、テキサス親父さんの話はああ確かにこういう層の心をつかむ
面白さがあります。
じゃあ仮にもっと弁が立つ「シカゴ親父」が出てきたら、みなさんは今度はそっちに
行くのでしょうか。今度はシカゴ親父ナイトのようなイベントが開催されるわけで。
そうなるとテキサス親父さんからすると
「あれ? 俺って・・・」
ということになります。

じゃあシカゴ親父ではなく今度はルックスもいい「サンフランシスコ兄貴」が出てきて
「よし中国人や朝鮮人を皆殺しだ!」って演説して、保守村の村民も
狂喜乱舞して、そーだってなって大盛り上がり。

そうなると今度はシカゴ親父が
「あれ? 俺って・・・」
ということになります。

ではサンフランシスコ兄貴が隆盛になった次に今度は超美人のマイアミ娘が
水着姿で出てきて「反日組織を壊滅よ」って演説して、保守村の人も熱狂して。
そうなると今度はサンフランシスコ兄貴が
「あれ? 俺って・・・」
ということになります。

申し訳ないけども何が言いたいのか村の人はよく分からないでしょうが
まあ現状の保守村を(茶化す)というか内情はこの程度ってことです。
(アホな人は女性に飛びつく意味と勘違いしそうだけど)

関係ないけど集団的自衛権に反対された村上議員が動画サイトで
自説を述べていたところものすごい批判のコメントが殺到したそうです。
ところが次に出てきた女性ジャーナリストがやっぱり
集団的自衛権に反対する意見を語ったら今度は絶賛コメントが
増えたそうです。
何が大切か、ではなく、誰が言うか、を大事にする保守村の村民たち。

この人たちが言うところの日本復権って一体、どんな社会になりますでしょう。

[ 2014年07月06日 04:50 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

自民党議員「安倍首相は統一教会と関係がある!」②

昨日の続き。

小野寺議員は北朝鮮の交渉カードとして、安倍首相が統一教会を
利用して拉致問題の解決を図る。こんな趣旨の話をつぶやきました。

おそらく小野寺氏も勢いで書いてしまったのだろうから
信ぴょう性は低いと思います。
むしろ同じ宗教関係者ならば
鹿児島県・最福寺の池口恵観氏ルートの方が
信ぴょう性はともかく整合性はあると思います。

この池口氏は朝鮮総連中央本部の施設を入札するという
ことで注目されました。

もともとモンゴルなどの国々とのパイプも深く
国際交流も活発です。北朝鮮とはよど号事件の犯人グループと
の交流がある他、金正日の供養も行っています。

国内においては右翼にも左翼にも顔が効く
超大物フィクサーでしょう。
何しろ右も左も演説屋が跋扈する中で
スケールというものを感じさせる
最後の人です。

もちろん政界にも顔がきいて、鳩山邦夫元法相がいわゆるベルトコンベア
発言で死刑について悩んでいる際に池口氏が相談にのっていたといいます。
古くからの清和会の相談役でもあり
総福寺内には徳田毅氏のポスターが貼られていたのも印象的でした。

そして総連本部施設の買収。

これを安倍首相他、清和会の方がどう見ているか分かりません。

しかし関係者の方の話として
「池口氏の一連の行動は静観しつつ、(池口氏の動きから出てきた)
北の情報を活用する」
との証言も。

日朝交渉と言っても過去を見ると妥結は容易ではないでしょう。
池口氏の動きも目が離せません。

*統一教会についてはある素晴らしい出会いがあったからもう少し
有意義な話が提供できると思います。

souhukuji.jpg
[ 2014年07月03日 17:32 ] カテゴリ:政局 | TB(0) | CM(0)

自民党議員「安倍首相は統一教会と関係がある!」

onodera.jpg






10年に1度お目にかかるかどうかの珍現象を見ました。

小野寺氏は安倍首相を弁護したのか? 一体、何がこうさせたのかよく分かりません。
ネット社会が落とした珍現象というべきか。
関係ないけど大阪市人権協会が市からの補助で運営されているから裁判が起こされ結局、
違法となって解散に追い込まれました。その時の裁判を思い出しました。

原告「大阪市人権協会は市営駐車場を30ヶ所も委託している。違法だ」
協会側弁護人「原告の主張には間違いがある。30ヶ所ではない。40ヶ所だ」

弁護してへんやん。あれはさすがにズッコケました。

しかし小野寺氏はとても含蓄に富んだ主張をされました。
これは裏返すと
なぜ日本の保守と統一教会はなぜ親和性があるのか、という言い方もできるでしょう。
もちろん「反共」という点が通説です。しかしもうこの時代、反共だけでは説明がつきません。
統一教会の教えに「母の国の使命を達成する」というものがあるそうです。これは日本は母の国と位置づけ、夫に尽くすことを諭しています。これは一説ですが、『資本論』では家族が富の根源として否定されているのに対して、逆に統一教会は富の根源であることを重視しています。お布施を集めるのもこちらの方がいいわけです。
統一教会下では歴史を6千年と位置づけています。
そして夫婦で両家の父母、祖父母、曽於祖父母とたどってその祖先たちの供養をしろと命じます。これにもお布施が求められます。父母両方で仮にウン十万円。これを6千年分に遡ったら一体、いくらになるでしょう。
この集金の目論見と日本の家族主義の復権が一致したと推定できます。
世界日報がジェンダー教育批判のキャンペーンをはるのもこの一環ではないかと思われます。
もちろん純粋に左翼が言うジェンダー教育に反発を覚えたこともあるかもしれないですが。
北朝鮮との関係は別の話がありますが、遅いので後日にしましょう。




[ 2014年07月03日 02:45 ] カテゴリ:政局 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。