だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  2014年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

投書頂いた方ありがとうございました

滋賀県知事選について情報を頂いた方ありがとうございました。

政党間における同和の支持/不支持の構図は複雑です。
県南部のある市を例にとってご説明したかったのですが、
ひょっとしたら当該自治体の在住の方かもしれないので伏せておきます。

あまり関係ありませんが、面白い情勢があるのでご紹介しておきましょう。

http://www.city.koka.lg.jp/8186.htm
平成26年 6月13日 甲賀市議会定例会(第3日程)
山岡 光広
大飯原発3号機・4号機運転差し止める福井地裁の判決に関して
部落解放・人権政策確立要求びわこ南部地域実行委員会から甲賀市が退会したことに関連して
健康なまちづくりへ、健診受診率向上対策と子どもの時期から生活習慣病対策を
子ども・子育て新制度と甲賀市の対応について
JR等各駅に地域情報基盤の音声告知端末と光電話の公衆電話機能サービスを



ご承知の通り、びわこ南部実行委員会は滋賀県でも最も運動が盛んな地域です。
甲賀市はとても盛んという印象があったので意外でした。
製薬産業が伝統的に強く大小問わず企業が多いため、役所から金を引っ張らなくても
いいという判断か。それとも純粋に運動は無用となったのか分かりません。

しかしいずれにしても滋賀における自民ー民主ー同和ー役所の相関図は
複雑です。

これは以前、同和と在日でも書いたことですが、例えば東近江市の市長選でも
一見は自民vs民主+同和の構図かと思いきや、実はすごい深い裏がありました。
より大きな悪を倒すために、同和を逆手に取るという凄まじいもので
やっぱり政治家ってすごいなあと思いましたね。
スポンサーサイト
[ 2014年06月30日 15:06 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)

示現舎、「ノー――」って

よく言われるのが「お前の取引している出版社に圧力をかけて仕事を干してやる」とか
そういう感じのことです。
しかしこれは逆に有難い話で、人権屋さんも美しい国を目指されているという真正保守さん
とやらもそういう程度の人間でしかない証左だから、それを証明するいい資料となります。

示現舎だけでやっていくのは難しいけども、というか不可能ですが、
この前、正論の取材で朝鮮総連関係施設に取材した時に
「産経新聞の取材は受けない」と言われたから
「じゃあ示現舎じゃダメでしょうか」と言ったところ

「示現舎? 駄目、ノー」と
さらに激しい拒否反応を示されました。
これはすごいことですよ。
いやまさか知っていたこと以上に、産経新聞よりも激しく拒絶されるのは
自分にとっては光栄でした。

なんとかこれをもっとうまく活用して面白い本作りをしたいのですが。
なんでも今度、滋賀県の長浜市の図書館が一冊置いてくれるから
こういう地道なことをするしかありません。

ブログや動画サイトで朝鮮人ー、日教組―と言っていることが保守とは思わないし。

残念ながら保守系の人って「演説集」とか
中国だ、北朝鮮、マスコミだって大きな話と大きな陰謀論しか
食いついてくれないから、なかなかルポやジャーナルってのは
厳しいですね。

そういう意味で実は左派の人は羨ましい。
まあ分かる人が読んで頂ければいいのだけども。
[ 2014年06月28日 12:01 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

三日月大造を滋賀県知事にしてはならない

信頼筋の情報によると草津市は部落解放人権確立要求びわこ南部委員会に対して
人権救済法の制定を目的に補助金を出している他、これについて同市は「県も出している」と
いう弁。

滋賀県は部落解放同盟の同盟員名簿流出を無視した経緯があるものの、もっともリスクがある
同盟員名簿について看過してなぜ人権救済法なのか。

これについては県も追及する。
[ 2014年06月28日 00:47 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)

速報 滋賀県知事選情報

滋賀県の方より情報提供。

嘉田由紀子滋賀県知事の後継として、同県知事選に出馬した三日月大造元衆議院議員。
6月23日の解放新聞滋賀版(一面)は「三日月大造予定候補者の勝利を勝ち取らなければならない」と
報じている。

三日月氏は過去の解放新聞で人権救済法の制定に意欲を示した他、
民団新聞で永住外国人の地方参政権に賛同のコメントを残している。
[ 2014年06月27日 09:21 ] カテゴリ:政局 | TB(0) | CM(1)

仁義なきオキナワ

菅原文太さんが沖縄関係の活動、特に反基地支援の活動をしています。
同氏は松本龍氏とも懇意にしており、選挙応援に立つなど支援者の一人です。

たまたま昨年、もらった革マルの機関紙を整理していたのですが、
勉強会でも沖縄について話をしていました。
ちょっと認識不足でした。

平沼騏一郎の「欧州情勢は複雑怪奇」じゃないけど、今、沖縄政界は自民、公明、大衆党、社民、共産が
複雑に絡んで本当に理解しにくい状態です。

県知事選も控えているだけに菅原氏の応援演説はかなりの力になるかもしれません。

bunta.jpg
[ 2014年06月26日 23:24 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

河野談話は韓国側の赤ペン先生

suriawase.jpg





今朝の読売新聞より。
韓国側再三の「添削」と見出しにあります。河野談話の性質がよく分かる内容です。
まさか韓国が赤ペン先生をしてくれるとは。
主権というものはどこに行ったのでしょう。
歴史検証で声の大きい人が勝つ、を地で行く結果となっています。

そこまでおっしゃるなら
これから先、連中の痛い話、いくらでも出していきますからね。

それからキムヨンスさんは覚えているかな。オール慰安婦ネットワークの集会で土屋公献氏に
「アジア女性基金を受け取った女性の名前を公表しろ」って
民族衣装でわめいた姿。

本当に見苦しかった。
「聖人」と呼ばれているそうで。

読売新聞ではアジア女性基金についても触れています。

政府による公式の賠償ではなく民間基金を作ることで
代替案にするというのは韓国側も了承した上での手打ち策だったのを
国内の反発を受けて、韓国側が反故にしたのは十分にありうると思います。
[ 2014年06月21日 10:45 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

差別、ヘイトって言う人は何が差別か説明できるのかな

ニュースウィーク日本版!(6月24日号)の『「反ヘイト」という名のヘイト』という記事は10年に1度お目にかかるかどうかというぐらい素晴らしい記事でした。これは両陣営が読むべきでしょうか。
ヘイトスピーチもどうかと思いますが、はっきり言ってまともな左翼の人もあまり見たことがないから
双方をしっかり総括した記事でした。

ヘイトと反ヘイト、いきつくところは最終的には「差別」とは何かという問題だと思います。
自分もたいがい「差別者」と呼ばれる人間ですが、実はむしろ言われて光栄というか
褒め言葉ぐらいにしか思っていません。(というとまた匿名で負け惜しみと、書き込まれるけども)
本当なんです。

特に解放同盟の人に言われたところで、「ああむしろ痛いところだったんだろうなあ」ぐらいな程度で
それ自体はべつにどうでもいいのだけれど、問題はメディア、行政、それから一般人を含めて実は
何が差別か分かっていないという点に尽きると思います。

というとそっちの人がまたうわーーーって怒るでしょう。

記事でもアファーマティブアクション の弊害についての指摘がありましたが、日本のアファーマティブアクション の
最大級はやっぱり同和でしょう。これは無敵の免罪符です。
ところが実態は結構、虚脱感に満ちたもので、自分が過去、もっとも脱力した話をご紹介しましょう。
過去、書いていたらすみません。

マニアに言えばすぐに分かる同和地区の話です。

その地区は特殊な地区でとても住民の力が強いから改良事業も上手くいかず
例えば親の世代はとどまりたいけど、子の世代は外部に新しい住宅を持つか完全に
整備してほしいという地域でした。
そこで自治体は一般対策(かどうかはグレー。この件は置いておいて)で別の地域に
公営住宅を作って、地区には家を残す。それで親の世代が全員、いなくなったところで
完全に改良をしようと、こういう形にしました。

つまり一世帯2つの家がある状況になりました。

そんな時に地区の懇親会(忘年会)がありました。
その席上、住民の喧嘩が起きました。

要するにこういう趣旨でした。

Aさんは現状は新しい住宅に住んでいるが、親はまだ地区に住んでいる。

Bさんは一度、引っ越して新しい住宅に戻ってきた。

この二人で口論になりました。

A「お前もうとっくに地区外やんか。エセやろ。えらそうなこと言うな」

B「お前ももう地区に住んでへんやん。オヤジだけやろ」

かいつまんで言えばこういう趣旨の口論です。
AはBがすでに一度、地区を去っていることをなじっている。
逆にBはAも地区住民でないことなじっている。

なんなんですか?
同和地区出身者だと差別されるんですよね?

ところがお互いが同和地区住民であることをなじるのではありません。
地区外住民であることをなじっているのです。
要するに事業の恩恵に被っているのはどっちかを言い争っているわけで、もうここに
もはや解放運動の理念もへったくれもありません。

これはなにスピーチでしょうか。

差別だ―
人権だ―

という人に一度、お聞きしたいものですが、現状の考え方だと「差別と感じた側が傷ついたら差別」
なんですよね。
同和もこのロジックで成り立っています。

というとまたなじられます。
罵倒されます。
中傷されます。
(最近、流行りのポエムっぽい感じで)

この場合はどっちがヘイトでしょう。

ご教示ください。
皆さんが言う通り一般常識がないし、バカだし幼稚だから分からないのですよ。

[ 2014年06月19日 00:27 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)

ヤスナカの帝王、丸尾事件再び!

久々に同和記事更新。

実は最近、たいした話がなくて困っています。
情報をください。


ヤスナカの帝王、丸尾事件再び!

丸尾事件再び!

清掃会社の売却を持ちかけ現金2000万円をだまし取った疑いで八尾市内の丸尾勇容疑者が逮捕された。同容疑者と言えば2006年にも八尾市の市営住宅改善工事に関連し、知人の下請け業者を使うよう建設会社に要求。その際、現金数百万円を脅し取った恐喝で逮捕されていた。何よりも度肝を抜かれたのが容疑者の風体で、絵に描いたようなコワモテの容貌は同和事業の闇を伺い知るに十分だったのである。丸尾氏が隆盛の頃、

「実は警察すらおいそれと手が出せなかった」とは地元の事情通である。

このため06年に逮捕された際も「府警対応で八尾警察署はノータッチ」(同)というのだ。

丸尾氏は解放会館内(現八尾市立 安中人権コミュニティセンター)に自身が経営する造園土木会社の電話を設置し、営業活動をしていた他、市から業務委託されていた墓地の管理・運営をめぐり委託料を受け取っていたものの、墓の使用者からも二重に受け取っていたという過去がある。八尾市行政に食い込み長年、不当な利益を得ていたのだ。

現在の 安中人権コミュニティセンターは完全に八尾市で運営され、部落解放同盟安中支部はセンター近くに八尾市人権安中・高美地域協議会を設置し、再スタートを切ったのである。

一方、丸尾氏自身も出所後、八尾市内で「風の水平会」を立ち上げ、活動を続けてきたが今回の事件に及んだのである。

事件について地元の人権運動家はこう解説する。

「実はまだ詐欺行為だったのかまだ不透明な部分が多い。というのは一般ゴミの清掃会社は表向きは一般ごみ収集許可を得たということになっているが、実は一代限りの株といったもの。だから子供でもその株を引き継げるかはグレー。そのことを知りながら清掃会社の権利を売ろうとしたのかが事件の争点になるだろう」

つまり清掃事業は行政の許認可ではなく一種の慣習的な要素が強く、「丸尾氏も清掃事業の組合を運営していた」(同前)というから丸尾氏の個人事業という性格が強いのだ。

これは八尾市に限ったことではなく清掃事業や下水道が完備していない地域における「衛生車」(バギュームカー)の汲み取り事業も特定個人に委ねられていることが少なくない。このため「必ずしも事業の跡取りがいるわけではないので、事業主が高齢化し事業を継続できなかった段階で自治体に権利を返上するなどの段階的な措置を取らざるをえない」(自治体職員)。

再び逮捕された丸尾氏。しかし今回の事件から見えるのは単に同和事業の弊害ではなく清掃事業が極めてグレーな慣習によって成り立っている点だ。我々の生活にゴミ収集は不可欠な事業。だからこそ一層の透明化が必要になる。事件からはこんな教訓を得ることはできないか?(三・鳥)
[ 2014年06月12日 21:23 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

同和問題に関する意見、質問、苦情、クレームなどについて

今日はある方と大阪市人権センター設置条例についてやり取りをしました。
自分もエキサイトするところがあってすごく未熟だなと反省していますが
最後はいい話し合いができてうれしく思います。

今まで本当に自分の態度が悪かったと反省しています。

というのは自分の取材してきたものや、同和の内情を
ストレートにぶつけすぎて、もっとみんなに分かりやすく
伝える努力を怠ってきました。

要するに分かる奴が分かればいい、という態度で
結局、「月刊同和と在日」が成功しなかったのも
裏社会の業界紙に堕していた点にあります。
文章が下手というのもあるかもしれません。
ここは技術の向上をしないといけない。

もっと謙虚というか誠実になおかつ簡潔に伝える
技術を学ぶ必要があります。

それを気づかせてくれた四国のIさん。見てるといいな。
本当に感謝します。
いつか一杯やりながらいろいろな話ができるといいですね。

ただし単に僕が憎い人、気に入らない人、解放同盟や同和事業の
シンパの人でもいい、それにネット上にありがちな
直情型の人でもいい。


これだけは答えてほしい。


●なぜ橋下徹は元ネタの週刊文春や週刊新潮、45よりも
週刊朝日に怒っているのか。これ要するに朝日新聞を封じ込めるために
過ぎません。本来、メディアの人間は一斉に抗議すべきです。
それでもみんな沈黙している。
裏返せば同和を持ち出せばみんなが黙る。
この構造は社会的に正しいでしょうか。

●解放同盟や地区出身者が地区名を名乗るのは正しいが、
広告代理店や不動産会社が地区名を出すと糾弾されるのはなぜですか。


●例えば田中という地名が部落だったとして、これを公開するのが
問題あるならば誰が言おうが問題ですよね。
ある人がいう部落は正当で、ある人がいう部落は不当はなぜですか。


●決して差別事象とは思えないが、仮に人権侵犯だったとしても
人間を死に追いやったり、仕事を奪ったり、解雇を求めてりすることが
正しい解決でしょうか。

●なぜ人権侵犯が起きたら、解放同盟の幹部や座付きの文化人が
講演して利益を得ているのですか? じゃあ人権侵害が起きたら
儲かる人がいるってことですよね。

●上記の疑問を抱いたらなぜ差別者の烙印を押されるのでしょう。

●在日コリアンとは別の問題に在日を持ち出すのは卑怯者だと思いますが
これはどうでしょうか。つまり同和に言えないから在日に
当り散らそうというのは卑怯だ。


ウチね中野の近所に290~380円のホカ弁があってそこでいつも昼飯を
買っていた。消費税上げないって頑張っていたけど、結局店を
たたみました。競馬好きなオヤジで愉快な人だったけどやっぱり経営は
苦しかったみたい。


みんな日々の暮らしの中で僅かなお金を分けあって生きている
だけじゃないですか。
だけどそうじゃない不当な利益を得ている人間はたくさんいる。
それは在日コリアンの中にもだけど。

それが人権や環境を盾にして富を持つ人はいくらでもいる。
そういう連中が許せないだけの話です。
だから人権屋や政治家、運動家に対しては今後も容赦なく挑みたい。

自分も保守反動と罵倒される人間だけど
例えそれが保守層に人気がある政治家だったとしても
矛先は降ろさない。そこに利権がある限り。
本来は自分みたいなのが左翼と思うのですが、
今の日本はちょっと違うみたいですね。
お前がジャーナリストと名乗るな、という意見がありました。
名乗っていません。このジャーナリストという言葉ぐらい寒気の
する言葉はありません。
自分自身としては誰よりもジャーナリスト的なことをしているという
自負があります。だから「ゴミ」でも「カス」でも構いません。
肩書きが「差別者」って素敵やんってやつです。


それから今後、どんな左右立場の人にも「ネット右翼」とか「プロ市民」とか
スラングは二度と使いません。過去、自分も使っていました。
これは率直にお詫びします。本当にすみませんでした。
こういうレッテル張りは絶対にすべきではない。
繰り返しお詫びします。

あと余計ですが
「こいつは差別で儲けている」という声もよくあります。
残念ながら儲かっていればいいのですが、同和と在日が発刊中で
取材費が5万円ぐらいかかったとしても鳥取ループと約3千円
ずつ分け合う程度ですよ。

別に信念でやっているぞとか清貧的なアピールじゃなく
まあそんなもんですよ、という報告ですね。
とにかく意見や苦情はなんでもください。

090-2914-5069
jm347@nifty.com

運動体の人ならなおさら大歓迎です。

[ 2014年06月12日 01:36 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(2)

橋下徹信者さんたちって

日本をご一新するつもりの維新の会が今や第二民主党。

中には同和議員、労組議員、民主党の落ち武者もたくさんいるし、
永住外国人の地方参政権の推進派だった人もいるし
これがお望みだったんですか。

ところで保守ギョーカイの人にお聞きしたいのですが。
安倍首相は高度能力外国人の受け入れを進めるようだけど
もし鳩山元首相か菅元首相が同じ政策を進めていたら
それでもギョーカイの人は賛成していたのでしょうか。

[ 2014年06月05日 11:09 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

大阪市同和地区にはびこる韓国系新興宗教のなぜ?

関西地方、特に大阪府内の新興宗教事情について取材をしております。

もし何かご存知の方がいらっしゃれば、また実害等あればご意見をお寄せください。

090-2914-5069
jm347@nifty.com
まで

わりと長期戦になりそうだから、地域ごとに期日を分けて取材をする予定です。
それでまずは西成地区からのスタートです。なぜ西成かっていうのはまた別途説明がいります。

今回、疑問に思ったことは西成区内の同和地区に必ず一つは韓国系の新興宗教があることでした。
それも大きなビルや建物を所有しています。
住民の方によると「そんなんだらけやで」ということで
例えば解放運動と連帯ということはありうるのか、という点については
全く交流はないそうで、とにかく密室の空間ということです。

立て看板などのアナウンスなどもほとんどが韓国語で
日本語と言えば「許可なく立ち入った不審者は通報します」といった
注意書きぐらいの団体もあります。

ホームレスの方にも何かこういう団体からのアプローチの有無について
聞きましたが、全く覚えがないということです。

それよりも迷惑な宗教団体として名を挙げたのは
日本国内に住む人ならば誰でも知っているあの両団体でした。
[ 2014年06月02日 19:22 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。