だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  2014年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いわゆる在日特権という言説について

竹島の日である本日、「嫌韓流2014」 (晋遊舎ムック)が出ました。

特集在日特権などを担当しております。
この手の企画はたいてい活動家の人が出てきてただ「ある」を
繰り返し「ネットでも出てるだろ」という程度のものだから
もっと実証的に検証しています。

不毛なあるない論争ではなく「何があったのか」「何でそうなったのか」
を取材に基づいて書いております。

また取材先は大宅文庫でもなければ、国会図書館でもなく
あくまで現場と当事者です。

この特集の強化版についてはいずれ示現舎でも出します。

この在日特権といわれる言説についていくつか疑問があるので
指摘していきます。
まず「ない」という人は絶対におかしい。
なぜなら三重県伊賀市、桑名市、四日市市で在日韓国籍・朝鮮籍者に
対する市民税の減免措置がありました。これは条例や要綱ではなく
覚書、念書でやっていたという結論に至りました。

もう制度は終わったからという問題ではありません。
民団や総連がこの問題を総括しない限り、在日特権という言葉は
いつまでも残ります。逆に言えばこの問題をきちんと検証さえ
すれば在日特権という言葉は風化するでしょう。

その他の問題についてはむしろメディアや行政の手続き上の問題で
あって少なくとも「在日」を対象にした特権ではありません。
むしろ問題とすべきは総連・民団のあり方やあるいは朝鮮学校に
関する諸問題でしょう。

逆に「ある」とおっしゃる方にはさらに疑問があります。
例えば「伊賀市や桑名市は在日が減免されていた、特権だ」と
怒ります。しかしいずれの市も「同和特権」の方が比較にならないくらい
莫大な公費が投じられてきたにも関わらず、責めは必ず在日に向けられる。

要するに「同和」には何も言えないのですよ。
怖いから。在日には言えて、同和には言えない、そんな人たちが
日本復権などという浅はかさ。

それからネットではよく「メディアは真実を報じない」
「ネットに真実がある」といいます。
在日特権の象徴的に語られる伊賀市の市税減免措置の第一報が
中日新聞である現実をどう感じるでしょうか。

中日新聞はよく「中国新聞日本支社」また系列の東京新聞を
「トンキン新聞」と揶揄しますが、その中国新聞日本支社が
報じたものが在日特権の最大の根拠になっているという現実。

もちろん在日コリアンに関する諸問題はたくさんありますが、
それは特権とは別のところにあると思います。

すでに在日よりも「沖縄特権」「アイヌ特権」の方が莫大で
あり今後、さらに伸びると思います。さらに反社会的勢力の
介入もある。そして「男女共同参画」、これも今後伸びる
特権・利権構造だと思います、というか現にそうです。

ここをちゃんと追及しないと、正直者がバカをみる世の中は
改善できないと思います。















スポンサーサイト
[ 2014年02月22日 23:50 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

いわゆる「ヘイトスピーチ」について

いわゆる「ヘイトスピーチ」について



 自分も在日コリアンをめぐる諸制度や戦後の歴史、
あるいは総連、民団のあり方について否定的、批判的で
ありますが、ヘイトスピーチは反対です。
やはり聞いた時の不快感は説明ができないものがあります。

実際に参加した人に聞くと
「俺は朝鮮人出てけとは言っていない、その場にいただけ」
と言いました。
それは筋違いだと説明しました。
言う言わないじゃなくてその場にいた時点で
アナタも参加者だと共犯関係にある、と。

要するに部落解放同盟が「不祥事は一部の者がやった」という
理屈と同じです。


ただ規制せよ、厳罰化せよ、という意見はおかしいと思います。
じゃあ散々、福島の農産物は汚染されていると
言いふらした脱原発デモのスピーチは許されるのか。
じゃあこういう運動も規制しましょうよ。

というとまた劣化の如くお怒りになる。

それからヘイトスピーチを批判している
諸団体は同時に死刑廃止運動に関わっているからです。

彼らはたいがい「死刑囚は本当は善人だ」
「凶暴な人ではない」と言います。

印象的なのは光市事件で
「(母親を亡くした)少年はお母さんお肩を叩きましょ、と
いう感覚で被害者(本村さん)に抱きついて殺害してしまった」
という人権派弁護士もいました。

殺人にすら寛容な左翼の人が、ヘイトスピーチについては
厳罰せよ、という。

つまり罪の深さとしてはヘイトスピーチ>殺人ということでしょう。


この疑問を運動家にぶつけたところ
「差別で傷ついた心や痛みは一生消えない」と言いました。

じゃあ殺人事件の遺族の心の痛みは3日も経てば
癒えるということでしょう。死刑廃止運動家は随分と冷たいものです。

自身の擁護する者に対しては徹底的に寛容で
自身の嫌悪する者に対しては徹底的に攻撃する

これが左翼や人権屋の正体です。


どちらにしても
過去の在特会裁判、ロート製薬裁判などを見ているとすでに
厳罰化は進んでいるようにも見えます。
そもそも貴重な休日にデモに出て楽しいですか。
それよりももっと楽しいことやためになることは
たくさんあると思いますが。







[ 2014年02月16日 08:20 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

政治運動に夢を見ない方がいいですよ



しばらく今、思っていることをずらずら書いていきます。


「お前は保守の世界で相手にされていない」
こんな意見もありました。保守の世界とはどういう世界か分かりません。
というよりもそもそも党派、属性でモノを書いているわけじゃないから
別に相手にされてなくても構いません。
今の編集者って結局、ネットの評価でしか判断しないから
皆様の罵倒のおかげで今後、一般商業誌は
あまり相手にしてくれないでしょう。ただ自分もネット情報のまとめ記事
みたいなものはやりたくない。ちゃんとしたルポやら取材記事に
取り組みたいのですが、発表場所が少なくなっています。
まあ最後の切り札、示現舎で細々とやっていくしかないでしょう。


もっとも家庭の都合もあって、たぶん今の仕事もやってあと2年くらいだと
思っています。
自分の目標は
①部落解放同盟に「暴力と恫喝による過去の運動を反省して、企業、行政への
要求は今後一切しない」
②民団と総連については「伊賀市等、市民税減免措置はなぜ起きたのかを
再検証し、通名制度を放棄する」

これを誓ってもらったらもう思い残すことはありません。
だからネット住民の人や橋下信者さんたちは消えろ、死ねと言いますが、
たぶんそうなるから大丈夫ですよ。
というとまた匿名で負け惜しみと言われるかな。
まあせいぜい大好きな橋下と大好きな大阪版人権擁護法案で仲良く暮らしてください。


ただどうしても気になることがあります。ぜひ伝えておきたい。

20代の子から「保守の世界で名を挙げたい」という
話を聞きました。保守の世界って・・・何だろう?

どうもご本人としては例えば在特会的な団体を率いたり、
あるいはチャンネル桜に登場するとか、そういうイメージのようでした。

これはかなり衝撃を受けました。本当にこういう子がいるんだって。


ひらたくいえば右翼的言説で喝采を浴びて、言論界でデビューしたいという
ことでしょう。
だけど20代やそこらでそんな世界に飛び込むのってどうなのだろう。
あるいはその「保守の世界」とやらが、若者にニ階級特進のイメージを
持たせたとするならば大変な誤解を与えたと思います。

ところが困ったことに20~30代くらいでそこそこの論客に祭り上げ
られるから誤解してしまう。
私は保守の意味が分かりません。それでもニートのお隣さんみたいな人が
「保守主義者の端くれとして」みたいなことを言うとびっくりします。


それにしても保守というものは20代やそこいらで語れるほど薄いもんですかね。



とにかく運動体を率いて事を起こすのは絶対に考えた方がいいです。
というよりもそんな物に夢を見ないほうがいいと思います。
なぜなら保守運動は永遠に左翼に勝てません。
もし勝てたように思えたとすればそれは「ネット上」だけの話。
一般的にはどうでもいい話で、社会に影響は与えないと思います。



左翼にあって右翼にないもの、それは「救対と担保」。

嫌韓デモでもなんでも逮捕されてから弁護士を探すという現象が見られました。
これは運動体としては失格です。
まずは弁護団を作り、いざという時に備えます。だから左翼はちゃんと
専門の弁護士を講師に招いて
勉強会をして例えば港区はデモ申請が通りやすいとか、ガサ入れでPCを
押収されたらどうするか、そういう研究をしています。
しかも福島みずほのご主人だとかそういうプロ中のプロが直接指導します。
おそらく右の人は「万歳突撃」で逮捕。またそれがカッコイイことだと思っている。


それでもっと大事なのは担保です。
活動をする上でまず基本は生活の道を確保しておくこと。
左翼の人は生活基盤がしっかりした上でやっています。
それにカンパの額も正直、桁違い。脱原発で名を挙げたジャーナリスト(運動家?)
の中には月50万円のカンパを集める人がいます。ちなみに50万とは
総額ではありません。個人一人の最大額です。特に実績もなかった人がこれ
だから名のある人は一体どれぐらい集めているのでしょうか。

これも先輩ジャーナリストの言葉を借りると
「左翼は情報に金を使う、右翼は演説しか金を使わない」
に尽きるでしょう。


これから3つの例を挙げていきます。

ケース1「黄昏流星群型」

今から4年ほど前の話。当局の人から話を聞いて嘆息した話があります。
とあるセクトとしましょう。
集合住宅にガサ入れが入りました。ここをアジト化していたそうです。
60代男性、50代の男女各一名がいました。複数の男女が集まって生活しながら
活動します。
これは公安用語ですが、こういう状況を「継続的結合体」と言います。

字面はカッコイイけど、つまり人生一蓮托生ということです。
ではこの話のポイントは何でしょう。

実は60代男性と50代女性は元夫婦で、ガサ入れ当時はその女性は
50代男性と事実婚の状態だったそうです。
この3人が同じ屋根の下で暮らしている。
たぶん左翼活動家なら理解できると思うけど、若いネトウヨさん、保守の
人には想像すらできないでしょう。

すなわち一部の若者が夢見る運動の成れの果てです。
しかし左翼はこれでいいんですよ。
一方、若い保守層や嫌韓デモの参加者を見ていると、普段は個人の生活を
大事にして気が向いたら大久保に行って「朝鮮人出てけ」と言いたい。
こんなところじゃないですか。

この活動家3人は生活を確保するためにこういうライフスタイルにしています。
そして運動を続けています。
若い右の人にこういうことができるか。というよりも自分の将来を
イメージできますか。たぶんここまで人生を賭したくない、
都合がいい時に集まって「朝鮮人!」と言いたい、そんなところでしょ。




ケース2「実家が大金持ち+あの出自」


これは中ナントカというセクトです。
南山(仮名)くんという活動家が逮捕されました。彼は大学を転々として
運動を続けていました。それで逮捕されました。容疑は公妨か不法侵入だったか。

当局の人が彼の実家にもう運動から離れるよう説得に行ったそうです。

するとその実家というのがとてつもない豪邸で、ご両親も活動家でした。
その活動は「日本で出自を言えばなんでも通る人々の運動」と
言えば分かりますよね。

両親はとにかく息子を運動から止めさせる気はないと、応援する、という
ことでした。

さてこれを「チョン出てけ」という運動だったらどうですか。
ご両親は応援するでしょうかね。
脱原発運動ならば、理解を示す人は少なからずいるでしょうが。


ケース3「第二の人生もバッチリ」

リアルな知り合いだからあまり書きたくないけど貴重なケースだから紹介します。

2000年代の初めぐらい。深夜に日本テレビのドギュメンタリーを見ていたら
若者の新しい左翼運動というテーマが放送されていました。
まあよく知った顔ばかりでしたが、ある幹部が都内の自宅で
インタビューを受けていました。
とても小奇麗なマンションです。我々は貧しいんだと。それで同じ若者が
困っているから立ち上がった。こんな話をしていました。
もちろん番組も大絶賛。

後で聞いたのですが、このマンション、この人の実家の持ち物だったんです。
まあ要するに衣食住がちゃんと担保されての運動でした。

ちなみにこの人は後に右翼の人たちが大好きな某局に就職しました。
(裁判も起こされたところ)

逆を考えてみましょう。仮に局の面接で右で運動していたことをアピールしても
たぶん何も評価されないどころかかえってマイナスです。というよりか
絶対に言わない方がいいでしょうね。


左翼運動は安保闘争以来、たくさん人材が育てられ弁護士やら経営者やら
たくさんいます。そんな人たちの支援によって成り立っています。
しかし今、嫌韓デモに行く人たちから
弁護士だの政治家だのが生まれるとは思えません。
だから将来的にも現状の構図は変わらないと思います。
チョン帰れ、出てけと言っている若者が、将来出世して
物資両面から保守運動を支援する。考えにくい話です。

だから若い人は絶対にデモや運動やネットに夢を見ないように
老婆心ながら意見させてもらいました。それでもやりたい人は
担保と救対をしっかりやるしかないですね。



[ 2014年02月11日 13:22 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

少しネットや政治情念から離れてみませんか?

ネットの皆さんはブログやネットニュースに書いてあることをすぐに怒りますよね。
ちょっとだけ冷静になってまずは聞いてもらえませんか?

気に入らなかったらまた罵倒メールでも電話でもなんでもどうぞ。
時間はいつでもいいですよ。
(罵倒メールは返信できない設定のがあるけど、どうやってやるんだろうか)

jm347@nifty.com
090-2914-5069


左右問わずネット上で日常的に勇ましい書き込みをする人たちがいます。
また夜通し在日だ、ネトウヨだ、と罵倒し合っている人たちもいます。
自分のところにも深夜に電話があったり、罵倒メールをよこす人がいます。

この手の人たちはどういうライフスタイルを歩んでいるのだろう。
深夜までネットを見てこんな在日だ、原発だ、反TPPだ、と言っている。
ちょっと自分の感覚では理解できません。

少しネット上の人に考えてほしいことがあります。


月刊同和と在日を発刊して以来、解放同盟からも在日団体からも抗議が
来たことはただの一度もありません。(正確には解放同盟の場合、
しないのではなく抗議できない)。
むしろ過剰な反応を示す人は、同和と在日なんて実は知らない人、
ネット住民、運動団体の衛星的人物。
またはジャーナリストとか人権運動家が「なんであいつらを糾弾しないんだ」
と解放同盟に意見をする人はいます。

一昨年前の年末、こんなことがありました。

ちょうど忘年会シーズン。
カラオケにいたら鳥取ループから電話があったので聞いたら、なんでも
僕と鳥取ループを中傷するブログが乱立している。
どうもそれが同一人物らしい、という話でした。

それからすぐに読者の方からも連絡があってこういうブログがいろいろあるがどうか、と
いうのです。
いやいや。

僕はどうせネット上で罵倒されまくっているから今さらなんやねん、と。
別にいいわ。という感じでやりすごしていました。


それで年があけてブログを解析した結果、ブログの主というのが
北口学さんという大阪芸術大学の人権論の講師の人でした。
この人はネット上の差別や中傷などを専門にしている人で、
部落解放同盟の講演会にも
講師で来ている人です。


彼は月刊同和と在日がお気に召さなかったようです。
俺が商業誌で書いたことも気に入らなかったみたい。

一番、驚いたというか身震いしたことは、彼が年末に一人で複数のブログを書いて
いたことです。しかもネット人権を考えるという人がアホだのなんだのって
物凄い罵倒ぶりでした。

年末って自分の脳裏の片隅の一片でも同和だの在日だの
ありません。なんせ俺は独身だからどうやって飲み会に来ている娘と仲良くするか
そんなことしか考えていません。


しかしいい年こいたオッサンがいけ好かない貧乏ライターを貴重な年末の時間を
費やして罵倒している。
しかも匿名ブログで、さらに悲しいのが自作自演というかブログのタイトルを
書いて、さも複数の人間でやっているように演出している。

この物悲しさ、この痛々しさ。他にやることはなかったのか。
実際に彼に会った時に、彼はこう言いました。
「言論で対抗するしかない」
自演で匿名でなおかつただの罵倒ブログを言論としたことに驚きました。

本当にこういう問題って残酷だ。
一度、政治的、人権的、社会問題的な情念にかられた人は生活の中に
情念が入り込んでしまう。
頭の中はそれで一杯。
もう気になって気になって仕方がない。しかも困ったことに「答え」がない。
自分なりの答えを否定されたらさらに怒りが増幅する。

こうなったらどんどん憑依されるだけ。
政治的な情念が迫ってくる。これは実は麻薬みたいなものです。
だから同じ考えを持つ人と集まる。そこにいる間はとても楽で心地いい。
ところがその空間を出た時にまたイライラしてくる。

周囲はバカばっかり。こう思った人多いんじゃないでしょうか。

そして自分にとって心地良い空間に戻っていく。
それがソーシャルなり、ツイッターなり、メーリングリストです。
ここにいる限りはとても居心地がいい。
ところが自分と異なる価値観や問題意識を持つ人と遭遇すると
もうどうしようもない。
ワナワナ、イライラしてくる。私、大学の時からこういう人を
死ぬほど見てきたからよく分かります。

そしてまた愛の巣に戻っていく。薬が切れたってんで
「朝鮮人が!」「原発村が!」と罵倒書き込みで癒す。
そういう意味では右も左も同じ。
アナタの罵倒で世の中、変わったことがあったかしら。


そこで提案です
少しネットや政治情念から離れてみませんか?
これ、やめた時にびっくりするぐらい楽になれますよ。
体がふわっと軽くなった感じになると思う。



*もし休日、デモやネットサーフィン以外やることがない
というならばスポーツジムや登山やウォーキングは
どうですか。農業やってもいいし。そういうことなら
お手伝いできるし、いろいろ案内できると思う。
希望する人がいたら連絡ください。いつでも待っています。


*おそらく今後、皆さんの政治的情念はさらに
増幅していくと思います。なぜかというと、今、論壇にしても
ネットのニュースサイトにしても「こういう事実がある」という
体裁じゃなくて「俺はこう思う」という政治啓発、あるいは
ネット情報もまとめ記事ばかりだし、実はこっちの方しか
売れないから増えていくと思います。
要するに保守村、リベラル村の回覧板で
しかない。どっちかに属性を求めていたら楽ではあるけども、
世の中には糞の役にも立たないでしょう。



[ 2014年02月10日 10:18 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

橋下支持者やネットは人権擁護法案推進派

なんでも橋下徹大阪市長の会見の件では随分罵声を浴びせて頂きまして
ありがとうございました。というとまた匿名で負け惜しみと言われるでしょうが
その説は多くのご意見を頂き参考になりました。

中には「殺すぞ」「死ね」という声もありました。
また父親の通夜の深夜にまでお電話を頂きありがとうございました。
皆さんからバカだのキモイだの、クズだの言われる私ですが
一応感情がありまして、悲しみもありました。
しかし皆さんの罵倒のおかげである意味、とても気分転換になれましたので
どうぞ今後共、罵倒、中傷なんなんりとどうぞ。


どこかのサイトに携帯番号を出してくれたそうですが、失礼しました。
そんなことをしなくても090-2914-5069、03‐6362‐3620です。

こちらは本アド jm347@nifty.com
あとhttps://www.facebook.com/jun.misina
フェイスブックでもいいです。

ただ「殺すぞ」という電話を「非通知」はカッコ悪いです。



【橋下支持者やネットは人権擁護法案推進派】

それはネット住民(中にはネット右翼と言われるような方)、あるいは橋下支持者は
人権擁護法案の推進者ということが分かりました。しかも熱烈な。
(もしそうじゃないネット右翼の方がいたらご容赦ください。しかし罵倒して
こられた方の多くがネトウヨみたいな人でした)

かいつまんで話をします。


橋下氏は大阪府知事時代に「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」
(部落差別調査等規制条例、興信所条例)の改正を決めました。

同条例は企業が土地取得、開発など「土地に関わる事業全般」に規制をかけるもので
要するに部落解放同盟や行政が企業に圧力をかける口実の条例です。


だから私が市長会見の場で同和地区名を明かしたところで何らおとがめはありません。
なぜか? 得しないから。
しかし企業ならば研修会等で金を巻き上げられる。解放同盟の講師を企業に派遣できるなどなど
メリットは多数です。
要するにこれは地方版の人権擁護法案です。
端的に言えばこういうことです。

しかしそれも知らないで多くの罵声ありがとうございました。


だからネットの皆さんは、特に大阪の人はこれから橋下、解放同盟、人権皆万歳で
いいのではないでしょうか。
というとまた殺すぞ、と言われるのでしょうけども。
まあこれから橋下市政(再選か分からないけども)、ぜひぜひ同和大帝国の大阪で
お暮らしください。
それはインターネットの皆さんが望んだ社会です。





(これからについて)

●正直、自分はネットが苦手で嫌いですが、ここまで言われる以上、もう是非もない。
だからとことんネット住民の方とお話を合いをしたいと思います。
どういった立場の方でもどうぞ。

ただしご承知の通り、私はとても話が下手です。だから説明や話に時間がかかります。
できればお話し合いはせめて3日ほど頂きたいです。もし会社員の方ならば
どうか有給を取るなりしてご対応ください。

少なくとも同和について口を出してくるならばそれはマナーです。
というのはこの問題でどれだけの人が自殺をしたり、仕事を奪われたのか。

自分たちはネットで匿名で罵倒して、口は出すけどリスクは負わないというのはずるいです。

●それから深夜の2時や3時に電話をかけてくる人もいます。
仕事をしている時はある意味、眠気覚ましにはなりました。
ただ老婆心ながら、夜中にそんな電話をしてくるアナタ方の神経が心配です。



これから数日間はいろいろと思うところを書いていきます。
また匿名でもなんでも罵倒をどうぞ。


痛みも 苦しみをも 雄々しく 忍び耐えよ

というのが自分の信念です。



*それからもう同和について記事はないのかという励ましもありました。
すみません。これはちゃんとやります。
今、取り組んでいるのが「同和と企業、金」そんなテーマです。
企業を中心に取材をしておりますが、なかなか入る余地がありません。

ちゃんとやりますからまだお時間ください。














[ 2014年02月09日 14:34 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。