だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民主党・もう一人の同和議員(元ですが)

2012y06m26d_235117020.jpg

そういえばもう一人の同和系議員の松岡徹元参議院議員は今後どうされるのでしょうか。
一応、波除の某所には後援事務所があるみたいですが。

面構え、声といい迫力という点では松本龍さんよりも強烈な気がします。
スポンサーサイト
[ 2012年06月26日 23:58 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)

松本組会長が襲撃される!

26日午前8時55分頃、福岡市南区大橋のデイサービスセンター駐車場で、同市城南区鳥飼、建設会社「松本組」(同市東区)の曽我部真一会長(80)が男に刃物のようなもので右太ももを刺された。

 曽我部さんは病院に運ばれたが、命に別条はないという。男はオートバイで逃走、福岡県警が傷害容疑で捜査している。
 発表によると、男は身長1メートル60~75。紺色の作業着姿でヘルメットをかぶり、黒色の250ccオートバイに乗っていた。
 松本組は1916年(大正5年)に創業した地場大手の建設会社で民主党の松本龍衆院議員(61)(福岡1区)が大株主。社長は実弟で同県建設業協会会長の優三氏(54)。曽我部さんは松本議員とは血縁関係はないという。
福岡市の建設会社会長、男に刺される

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120626-OYT1T00787.htm

どこの会社かと思えばかの松本組でした。
同社については
月刊「同和と在日」2010年11月号

同和と在日 [ムック]

こちらをご参考に。

松本組小
写真は同社社屋。
同社立地ですが、東京の人は虎ノ門か霞が関、新宿西口あたりに社屋があるとイメージしてください。
大阪だと淀屋橋付近でしょうか。(しかも駅前、しかも社屋の前にバス停)

正直なところ、同社と同一族については、読めば100日寿命が縮まる恐怖新聞並みの知れば100日寿命が縮む思いであります。

ただどうしても不可解な話が多すぎます。
この曽我部真一会長というのが以前、談合容疑で逮捕された人物です。
もう一つ有名なのが2000年に同社に銃弾が撃ち込まれた事件でしょう。
身内にこうした問題を抱えながらも大臣にまで登りつめたのが民主党、松本龍元復興担当相。
実家が建設業者にも関わらずこのポストになぜ就任できたのか?
こうした背景の検証作業は龍氏の「あの一連の発言」で皮肉なことに全て水に流れてしまいました。

・故・田中角栄氏が福岡県に行った際に「おいどうして福岡は社会党が公共事業を握っているんだ」
と驚かせた。
・松本治一郎氏のただの”出入り”をいかにも青春ロマン大活劇のように伝える西日本新聞、
毎日新聞、朝日新聞。
・県内でダントツの公共事業の入札


こういった過去も含めてその後ももう一度、やっておくべきでした。


過去記事を書いた際に、
銃撃事件の背景については十分に裏取りができなかったのですが、まあたぶん「アレ」だろうなあという
のは掴んでいるから、再度調べてみて
次号か次々号あたりでレポートできればと思います。あとは難しいですが、
福岡空港の用地買収の真相にも迫れればと思います。


空港用地

写真は福岡空港の旧地図一部。
買収から今に至る経緯も挑戦してみたいですね。
[ 2012年06月26日 18:59 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)

盲導犬アトム号について

盲導犬アトム号の消息、あるいは盲導犬の飼育状況、管理、もしくは九州盲導犬協会についての
意見等についてですが、どこを窓口にすべきかという声を頂きます。
非常に難しい問題ですし、正直なところどこに意見したところで変わらないと思います。
また残念ながら長崎県、福岡県に何かアクションを起こしたところでムダと
思われます。そもそも身体障害者補助犬自体に欠陥があって、その不備の中から生じたトラブルと
考えられます。よって同法を制定した人たちに直接声を届けてはどうでしょうか。
会長は細川律夫元厚労相、事務局長は社民党・阿部知子衆議院議員です。

2012y06m17d_221549520.jpg
[ 2012年06月17日 22:26 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(2)

月刊「同和と在日」2012年6月号発売しました!

月刊「同和と在日」2012年6月号発売しました!

まだ記憶に新しい亀岡無免許運転死傷事故。現地に赴きネットの噂を検証する。
アトム号事件の背後にある盲導犬の実情をさらに深く追跡。
スクープ!全国の同和地区を精密に調査した「同和対策審議会答申」の添付資料を発掘。

お買い求めは、
http://print.cssj.jp/ebook/buy/item.php?id=A00003-25

月刊同和と在日6月号

http://p.booklog.jp/book/51665
ブログのパブー

アンドロイド版はしばらくお待ちください。

※今回から不定期刊になりました。

目次
●リベラルな電波グラビア館
・アンチ橋下活動家たちのイタい替え歌大会の中身
・東電・新会長は仙谷由人のお友達人事!?
●ウワサの検証・亀岡無免許死傷事故 同和、在日? 加害者少年はただのDQN?
・マスコミとネットの暴走に殺伐《さつばつ》とする地元
・解放同盟「うちらの子やない」
・うちらの子にかぎって…
・少年法の精神とは?
●政治、法律、協会の狭間に闇を彷徨う盲導犬たちに光は差すか
・終わらぬアトム号失踪事件
・産めよ!増やせよ盲導犬?
・アトムの足は生まれつき悪い?
・盲導犬の「貸与」とは一体何か?
・気がつけば犬の大盤振る舞い
・あしながPWで成り立つ制度
・わずか半年で寄付金2千万円超!
・「圧力」という言葉を安易に使う人々
・阿蘇市のユーザーと本当のネット暴走
・補助犬たちの未来に光はあるのか?
・「想定していない」「最後は裁判」馬脚を現した欠陥法
●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅・特別編
・国立公文書館が公開した「同和地区精密調査報告書」
・2つの「同和地区精密調査報告書」
・これが同和対策審議会答申 附属報告書
●僕らの部落民宣言 最終回
・狭山闘争と同盟休校
・空前の同盟休校
・同和教育から人権教育へ



[ 2012年06月08日 09:32 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。