だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個人情報保護法と鳥取ループ裁判

本誌月刊同和と在日の鳥取ループ編集長が
地域総合センターの名称・位置、同和地区名等の公開を求め滋賀県を提訴し
現在、係争中です。
http://tottoriloop.miya.be/

ざっくりいうとこの裁判、地域総合センターの所在地を
公開すると周辺の住民の個人情報が判明する、という
滋賀県の不思議な主張が発端で訴訟に至ったわけです

1月27日、判第2回口頭弁論が開かれましたが
こんなやりとりがありました。

裁判官「具体例として、公営住宅の名称と位置が明らかになると、
そこに住んでいる住人が住所から分かりますよね。
これも条例第6条1項に該当することになるのですか」

県「…そういうことも、あると思います」



そういうこともあるって具体的な事例を見せてほしいものです
これがどれだけ無茶苦茶な論法なのか。

滋賀県庁の所在地は〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号
HP上で堂々と公開されています。
これで誰かの個人情報が分かるでしょうか。
嘉田知事の給料だとか、口座番号が分かるというなら
話は別ですが。
住所で個人が特定できる。同和事業を検証する上で
他県でもぶちあたる不思議な言説です。

信じられないことに公共機関(某県の図書館ですが)の中には
古文書や昔の人が書いた日記ですら「個人情報が特定される」と
言って公開を拒否したところもあります。
死者にも個人情報があるとは驚きです。

(二条一項 この法律において「個人情報」とは生存する
個人に関する情報)



実は、同和はタブーではない、ならびに
同和と在日では個人情報保護法の欠陥も
ターゲットにしています。
なにしろ同法、運用に問題点が多い上、さらに
役所の逃げ口上に堕しているからです。

もちろんこうした指摘は有識者からも出ています。
この関係では多くの著書で問題を提起している
青柳武彦氏は『情報化時代のプライバシーの研究』
で「現実には重点が”個人情報の規制と保護”に
偏りすぎたために”有用性への配慮”はすっかり
おそろかになってしまい、数々の混乱とデメリットを
生む結果となった」と指摘しています。

同書によると国民生活審議会の個人情報保護部会は
2006年に「個人情報保護に関する主な検討課題」を整理・公表し
意見募集を実施。この段階では法改正に
期待が高まったといいます。
ところが翌07年6月11日に公表された
「個人情報保護に関する取りまとめ(案)」は
「過剰反応は落ち着いてきており」
「きめ細かな周知徹底」をはかれば、事態は
沈静化するというものだったそうです。

同日の部会では委員から個人情報を活用する
などの意見の他、原則がきびしすぎるといった
意見も相次いだようですが、事務局の
過剰反応は落ち着いている、という主張に
押し切られた、とのこと。

考えてみれば役所にとって個人情報保護法ほど
便利な法律はありません。
「個人情報の保護を鑑み」とかまあなんとか
言っておけば相応にエクスキューズが
成立するからです。


個人情報保護法の問題点については
過去の「同和はタブーではない」
「月刊同和と在日」でも随所に
扱っておりますのでぜひご覧ください。
特に企業の法務管理担当の方や
法律家希望の学生さんにもオススメです。
個人情報保護法の運用と実例を
学べかつ同和対策特別措置法、
人権擁護法案まで
学習できる便利な本です。

http://atamaga.jp/dz4
http://p.booklog.jp/book/19275


スポンサーサイト
[ 2011年01月31日 19:06 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

土地やモノは差別対象になるでしょうか???

全国隣保館連絡協議会が発行している
「情報誌」という会報誌があります。
編集部は大阪府福祉人権推進センター内で
頒布価格は500円。紙質も体裁もしっかりして
いますが、この種の媒体としては結構な
お値段と思います。

さて大阪の土地差別条例においては
「土地は差別対象にになるのか」という疑問を
問いました。またあるいは「モノ」は差別の対象
なのかどうかも事例としてあります。

『情報誌』(10年4月30日号)にこんな記事があります。

人権のふるさとを訪ねる
佐賀人権ふれあいセンター唐津

「ムラ」を歩いて

(7)差別墓石
同和問題に取り組む県同宗連は、解放同盟唐津支部の
「差別墓石と疑わしい墓石が存在する」という提起を
受け、「宗教による差別の歴史を洗いなおす必要がある」
として所属する各寺院が過去帳を調査した。
2007(平成19)年7月に常任委員会で唐津の墓石に
ついて検証した。

・恵岸彼向信士(岸の千が牛となっていることから
差別墓石の可能性が非常に高いと考えられる)
・墓石については差別墓石と考えられ、宗教者が
死者を冒涜し、差別を容認・助長したことは
決して許されない行為である。


この地域が牛馬の死骸を処理していたことから
岸の千が牛になっていたということです。
これが差別意図があって千を牛にしたとか
今になって誰がどう判断できるのでしょう。
この取り組みで分かったことは
墓石などのもモノも差別対象になりうるという
ことです。
もっと恐いのは血眼になって差別を探した結果、
出てきた答えが「牛」と「千」ということです。
裏返すと巷で差別事例として、糾弾されるのが
こういう程度のものも含まれていることを
「差別」を検証する上で知っておかなくてはなりません。
で、もしこれが差別と主張される人がいたら
お聞きしたいのが、この墓石が誰を傷つけたと
いうことです。

[ 2011年01月27日 02:54 ] カテゴリ:同和問題 | TB(0) | CM(0)

同和と在日2月号 記事案内

今回、同和と在日2月号ではメイン記事に
大阪府部落差別調査等規制等条例を特集しました。
これは著者陣のブログにもこの条例で
ググってアクセスしている方がかなり多く
関心の高いテーマであると思われます。
また今回は、韓国のナヌムの家の問題についても
取り上げました。
日韓で発生した「人権問題」を検証し
読み応えのある内容に仕上がったと
自負しております。
ぜひご一読ください。


鳥取ループ氏の
「〝ザル条例〟大阪府部落差別調査等規制等条例に企業はどう向き合うべきか」
が今回のオススメ記事です。
同条例については「人権擁護法案」と問題点がリンクしています。
それ以上に感銘を受けた記述がここです。

波除にあるビルとは、大阪市港区波除四丁目にある
HRCビルのことである。ここには、大阪市人権協会
だけでなく、大阪府人権協会、部落解放同盟大阪府連合会、
解放出版社といった、部落解放同盟の関係団体が入居している。
「これらの団体には、大部分は大阪府や大阪府下の自治体の
補助金で運営されています。その一方で
釜ヶ崎はあの状態なわけですよ」(元行政関係者)
 中略
「ホームレスはむしろ増えてますよ。
一方で日雇いの仕事は激減しています」(元行政関係者)
「土地」という人格がない物に対する差別が糾弾される
一方で、人間が置き去りにされている現実
に、理不尽を感じざるを得なかった。一人ひとりの
人間に対して仕事があり、帰る家があるというこ
とが〝人権〟ではないだろうか。



土地に対する差別という不思議な主張の反面、
しかもその土地が同和地区であるのかどうか
明確な定義すらありません。さらに運動体には
手厚く垂れ流される補助金。かたや放置される「人」。
戦後、「人権」と目を吊り上げてきた人全員に
一度この問題について見解を問いたいところです。


私の「内ゲバ発生! 反日御殿「ナヌムの家」のトホホ〝お家騒動〟」
では、ナヌムの家の日本人研究員、村山一平さんの
解雇問題をめぐる騒動を扱っています。
ニュース23の筑紫哲也キャスター(故人)も
番組内でナヌムを特集しましたし、
NHKの番組改編問題で発端となった女性国際戦犯法廷
もナヌムの家のハルモニたちが関わっています。
日本でも大変、反響を読んだ「ナヌムの家」ですが
タイトル通り、「トホホ」な問題が起こっています。

土地差別条例とナヌム。全く違う問題でありますが、
そこにはやはり「人権のゆがみ」を読み取って
頂けると思います。
我々、著者陣としましては
「行政、運動体、活動家は人を守るのではなく
守るのは彼ら自身の地位、生活、主張である」
こんな思いに包まれております。

[ 2011年01月26日 11:05 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)

「月刊同和と在日2月号」本日発売

ガチな日本が読める雑誌。

月刊同和と在日2月号本日発売


お買い求めはこちら
http://atamaga.jp/dz4
http://p.booklog.jp/book/19275

目次
●“ザル条例”大阪府部落差別調査等規制等条例に企業はどう向き合うべきか
・条例に抵触せずに同和地区の場所を調べる方法
・アイビー・リック事件と解放同盟による糾弾
・行政が無視したい“本物の”同和地区リストの存在
・人権擁護法と共通の危惧
・“本物の”同和に狙われた工業市場研究所
・対抗すべきは「“本物の”同和」
●内ゲバ発生! 反日御殿「ナヌムの家」のトホホ“お家騒動”
・水曜デモの前線基地、ナヌムの家
・“日韓の架け橋”ナヌムの家の研究員、村山一兵氏が解雇
・ナヌムの家が「これ以上、私たちと共に仕事ができない」と反論
・平和の理想郷、ナヌムの家の人間臭い労働環境
・水曜デモに向かう途中で事故、ハルモニたちと参加を決行
・女性国際戦犯法廷10周年のシンポジウム参加の裏側
・韓国の市民運動の「北」と「宗教」シンドローム
・解雇騒動、見守らざるをえない日本の支援者たち
●滋賀県同和行政バトル日記④特別編
・行政主導で同和対策事業を終わらせた高島市
・ふるさとは葡萄(ぶどう)とともに
・原告第1準備書面提出
●速報 部落解放同盟滋賀県連・建部(たけべ)五郎(ごろう)委員長が退任へ
●直方(のおがた)市の条例がネットから消えたのは、市の“自主規制”
[ 2011年01月25日 21:58 ] カテゴリ:示現舎 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。