だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  プロ市民

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆとり左翼とネット右翼 同種説 彼らはどこから来てどこに向かうか①

はじめに

「お前は顔をださないから卑怯だ」と
言われたことがあります。
そこで最近はFBや雑誌でもなるべくプロフィール写真を
出すようにしたので嫌がらせでもなんでも
お好きなようにお使いください。


●実態を知らない左翼・右翼論

今、かつてないほど左翼・右翼論が隆盛です。
現状の左翼を見て左翼を論じるならば、それは「本物」に
失礼だし、ネット右翼というのも本当の「右翼」に失礼だと
思っています。
どうも机上の空論と願望、それから結論ありきの
論調のような気がしてなりません。
示現舎をやってよかったのはリアルな現場の声や不満が
いくつか聞けることでした。自分の経験則かもしれないけど
少し聞いてほしい話があります。


●思い出

自分の中にどうしようもないほどの左翼・リベラルアネルギーが
あって「同和と在日」問題に取り組む理由もそこにあった。
決して後付け論ではないことをお断りして、現状の左翼運動、
とりわけ脱原発運動についていくつか考えてみたい。

私は93年に法政大学に入学した。入学後、10日後くらいに
機動隊が正門付近に整然と並んでいたのを覚えている。
生でジュラルミンの盾を見たのも初めてだった。

サークル勧誘もセクト、ノンセクトのダミー団体がいくつか
声をかけてくれた。一見して世捨て人風情なのだが、確かに
話は刺激的で非常に興味深かった。例えばキャンパスが郊外に
移転した理由と80年代左翼運動などから、あるいは
シャーロック・ホームズから近親相姦を論じる。
こんな話も聞いた。場合によっては海外文学の原書から
論じる人もいた。驚愕だった。
こうした運動を彼らの一部は「学術文化創造」といった。
確かに学術と言えるだけのものがあった。
名前はよく覚えていない。確か「フロームZ」という
ミニコミ誌だった。当時、学生にとってフロームAという
アルバイト情報誌が必携の雑誌だった。
そのもじりだろう。

そこには公安警察に職質されたらなどのマニュアルから
実際の公安警察の顔写真などがあった。
19歳の自分には刺激的などという
レベルではなかった。
彼らは確かにとても”上から目線”で話し方もどこか
説教調だが、何しろ話が深いしためになる部分もあった。

深夜、友人らと学生会館で遊んでいた。当時は法政は事実上、
24時間開放だった。あるとき
「反革命だ」と怒鳴り声がした。

行ってみると血まみれの人が倒れていた。他セクトの襲撃だろうか
あるいは内ゲバなのか、わからない。どこからともなく
現れた胡散臭い人たちに介抱されけが人が運ばれていった。

ある一定の時期までは「唯物論者」を想起させる何かを持っていた。

しかし95年ぐらいだろうか。
左翼と自称するあるいはそうした志向のある人びとがどこか
変わった。
彼の口癖は
「東大生は学校の勉強はできるけど、人間的に頭が悪いし社会で
通用しない」
人間的に頭が悪いという意味が分からないし、東大生が
社会で通用しないという根拠が分からなかった。


「早稲田を目指した時点で在野精神がない」

これも分からなかった。要するに早稲田大学が権威化したと
言いたかったのだろう。しかしその割に
「あと3問正解していたら早稲田に受かっていた」
という。

ずいぶんムシのいい自己採点だな、と思った。
しかし面白いことにこうした主張をする人は二部生、つまり
夜間だった。それも苦学生というわけではない。
二浪、三浪というのもザラだった。

東京六大学の末端の大学に藁をもすがる思いで入ったのが
法政の夜間。ところがこの藁には間違っても
「六大学」というプレミアがあった。

このプレミアは一種の「麻薬」である。
挫折感の一方で、六大学というプレミアは
その肥大しきった自我と根拠無き自信とプライドを満たすに
十分であった。

ただ一方で
東大、早大を云々しながら結果、二部という現状。
ある意味では滑稽でもあり痛々しくもあった。
これは学歴偏見や差別とは別として。

そして彼らの怒りやもどかしさは日本、保守、自民党、政治家
という漠とした対象に向けられていった。
隣にある暴力には目をつぶるが、しかし壮大な「権力」という
ものに対しては雄弁だ。

しかしお説はごもっともだが、浪人して二部という現実。

さらにもう一つ、幸か不幸かこの時代には市民参加型政治という
学説や主張が隆盛となった。後に民主党政権を実現した
議員らの多くも、若手時代、
「市民」というキーワードに心酔しており、やがて
彼らは民主党を作っていくことになる。

確か96年のTBS『ニュース23』
にジャーナリスト・カレルヴァン・ウォルフレンが3夜連続で
出演し、同番組の筑紫哲也キャスターと時局を論じた。

彼の主張の骨子は「アカウンタビリティ」「情報公開」「市民参加」
だった。この「市民参加」というフレーズは

「セクトに入る勇気はないが、燃え上がるようなルサンチマンと自我を
反権力めいたもので昇華させたい」という層の自尊心を満たすには
十分であった。

ひょっとすると
当時の二部生からお叱りを受けるかもしれない。
「全てではない」と「偏見」だと。
ところが後に指摘をするが、現状、「オタクや貧乏人は保守化する」
という論調が一般論としてまかり通っている。
ところがこうした論調に対して
「全てではない」と「偏見」だと論考する社会学者らは
あまりお目にかからない。

自身らが忌み嫌う属性のものに対してはいかなる
独断と偏見と印象論も許される。ところが
自身らの好む属性に対しては「市民が変える」「市民の力」
あるいは「ネットの新潮流」となるのはどうしてだろう。

ともかく90年代の少なくとも非エリート大学生には
少なからず受験失敗型ルサンチマン的模倣左翼がいたことは
確かだ。

要するに現状、置かれた立場というのは全て社会や日本のという
システムのせいであると言いたげだ。

現在、あるアンチ自己責任論者に対して感じるもどかしさや疑問も
ここにある。つまり公の責任と自己の責任を完全に混同し
要するに猫も杓子も国のせいという論調に、昔感じた
耐え難い薄っぺらさがあった。


スポンサーサイト
[ 2014年03月01日 09:14 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

いわゆる「ヘイトスピーチ」について

いわゆる「ヘイトスピーチ」について



 自分も在日コリアンをめぐる諸制度や戦後の歴史、
あるいは総連、民団のあり方について否定的、批判的で
ありますが、ヘイトスピーチは反対です。
やはり聞いた時の不快感は説明ができないものがあります。

実際に参加した人に聞くと
「俺は朝鮮人出てけとは言っていない、その場にいただけ」
と言いました。
それは筋違いだと説明しました。
言う言わないじゃなくてその場にいた時点で
アナタも参加者だと共犯関係にある、と。

要するに部落解放同盟が「不祥事は一部の者がやった」という
理屈と同じです。


ただ規制せよ、厳罰化せよ、という意見はおかしいと思います。
じゃあ散々、福島の農産物は汚染されていると
言いふらした脱原発デモのスピーチは許されるのか。
じゃあこういう運動も規制しましょうよ。

というとまた劣化の如くお怒りになる。

それからヘイトスピーチを批判している
諸団体は同時に死刑廃止運動に関わっているからです。

彼らはたいがい「死刑囚は本当は善人だ」
「凶暴な人ではない」と言います。

印象的なのは光市事件で
「(母親を亡くした)少年はお母さんお肩を叩きましょ、と
いう感覚で被害者(本村さん)に抱きついて殺害してしまった」
という人権派弁護士もいました。

殺人にすら寛容な左翼の人が、ヘイトスピーチについては
厳罰せよ、という。

つまり罪の深さとしてはヘイトスピーチ>殺人ということでしょう。


この疑問を運動家にぶつけたところ
「差別で傷ついた心や痛みは一生消えない」と言いました。

じゃあ殺人事件の遺族の心の痛みは3日も経てば
癒えるということでしょう。死刑廃止運動家は随分と冷たいものです。

自身の擁護する者に対しては徹底的に寛容で
自身の嫌悪する者に対しては徹底的に攻撃する

これが左翼や人権屋の正体です。


どちらにしても
過去の在特会裁判、ロート製薬裁判などを見ているとすでに
厳罰化は進んでいるようにも見えます。
そもそも貴重な休日にデモに出て楽しいですか。
それよりももっと楽しいことやためになることは
たくさんあると思いますが。







[ 2014年02月16日 08:20 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

政治運動に夢を見ない方がいいですよ



しばらく今、思っていることをずらずら書いていきます。


「お前は保守の世界で相手にされていない」
こんな意見もありました。保守の世界とはどういう世界か分かりません。
というよりもそもそも党派、属性でモノを書いているわけじゃないから
別に相手にされてなくても構いません。
今の編集者って結局、ネットの評価でしか判断しないから
皆様の罵倒のおかげで今後、一般商業誌は
あまり相手にしてくれないでしょう。ただ自分もネット情報のまとめ記事
みたいなものはやりたくない。ちゃんとしたルポやら取材記事に
取り組みたいのですが、発表場所が少なくなっています。
まあ最後の切り札、示現舎で細々とやっていくしかないでしょう。


もっとも家庭の都合もあって、たぶん今の仕事もやってあと2年くらいだと
思っています。
自分の目標は
①部落解放同盟に「暴力と恫喝による過去の運動を反省して、企業、行政への
要求は今後一切しない」
②民団と総連については「伊賀市等、市民税減免措置はなぜ起きたのかを
再検証し、通名制度を放棄する」

これを誓ってもらったらもう思い残すことはありません。
だからネット住民の人や橋下信者さんたちは消えろ、死ねと言いますが、
たぶんそうなるから大丈夫ですよ。
というとまた匿名で負け惜しみと言われるかな。
まあせいぜい大好きな橋下と大好きな大阪版人権擁護法案で仲良く暮らしてください。


ただどうしても気になることがあります。ぜひ伝えておきたい。

20代の子から「保守の世界で名を挙げたい」という
話を聞きました。保守の世界って・・・何だろう?

どうもご本人としては例えば在特会的な団体を率いたり、
あるいはチャンネル桜に登場するとか、そういうイメージのようでした。

これはかなり衝撃を受けました。本当にこういう子がいるんだって。


ひらたくいえば右翼的言説で喝采を浴びて、言論界でデビューしたいという
ことでしょう。
だけど20代やそこらでそんな世界に飛び込むのってどうなのだろう。
あるいはその「保守の世界」とやらが、若者にニ階級特進のイメージを
持たせたとするならば大変な誤解を与えたと思います。

ところが困ったことに20~30代くらいでそこそこの論客に祭り上げ
られるから誤解してしまう。
私は保守の意味が分かりません。それでもニートのお隣さんみたいな人が
「保守主義者の端くれとして」みたいなことを言うとびっくりします。


それにしても保守というものは20代やそこいらで語れるほど薄いもんですかね。



とにかく運動体を率いて事を起こすのは絶対に考えた方がいいです。
というよりもそんな物に夢を見ないほうがいいと思います。
なぜなら保守運動は永遠に左翼に勝てません。
もし勝てたように思えたとすればそれは「ネット上」だけの話。
一般的にはどうでもいい話で、社会に影響は与えないと思います。



左翼にあって右翼にないもの、それは「救対と担保」。

嫌韓デモでもなんでも逮捕されてから弁護士を探すという現象が見られました。
これは運動体としては失格です。
まずは弁護団を作り、いざという時に備えます。だから左翼はちゃんと
専門の弁護士を講師に招いて
勉強会をして例えば港区はデモ申請が通りやすいとか、ガサ入れでPCを
押収されたらどうするか、そういう研究をしています。
しかも福島みずほのご主人だとかそういうプロ中のプロが直接指導します。
おそらく右の人は「万歳突撃」で逮捕。またそれがカッコイイことだと思っている。


それでもっと大事なのは担保です。
活動をする上でまず基本は生活の道を確保しておくこと。
左翼の人は生活基盤がしっかりした上でやっています。
それにカンパの額も正直、桁違い。脱原発で名を挙げたジャーナリスト(運動家?)
の中には月50万円のカンパを集める人がいます。ちなみに50万とは
総額ではありません。個人一人の最大額です。特に実績もなかった人がこれ
だから名のある人は一体どれぐらい集めているのでしょうか。

これも先輩ジャーナリストの言葉を借りると
「左翼は情報に金を使う、右翼は演説しか金を使わない」
に尽きるでしょう。


これから3つの例を挙げていきます。

ケース1「黄昏流星群型」

今から4年ほど前の話。当局の人から話を聞いて嘆息した話があります。
とあるセクトとしましょう。
集合住宅にガサ入れが入りました。ここをアジト化していたそうです。
60代男性、50代の男女各一名がいました。複数の男女が集まって生活しながら
活動します。
これは公安用語ですが、こういう状況を「継続的結合体」と言います。

字面はカッコイイけど、つまり人生一蓮托生ということです。
ではこの話のポイントは何でしょう。

実は60代男性と50代女性は元夫婦で、ガサ入れ当時はその女性は
50代男性と事実婚の状態だったそうです。
この3人が同じ屋根の下で暮らしている。
たぶん左翼活動家なら理解できると思うけど、若いネトウヨさん、保守の
人には想像すらできないでしょう。

すなわち一部の若者が夢見る運動の成れの果てです。
しかし左翼はこれでいいんですよ。
一方、若い保守層や嫌韓デモの参加者を見ていると、普段は個人の生活を
大事にして気が向いたら大久保に行って「朝鮮人出てけ」と言いたい。
こんなところじゃないですか。

この活動家3人は生活を確保するためにこういうライフスタイルにしています。
そして運動を続けています。
若い右の人にこういうことができるか。というよりも自分の将来を
イメージできますか。たぶんここまで人生を賭したくない、
都合がいい時に集まって「朝鮮人!」と言いたい、そんなところでしょ。




ケース2「実家が大金持ち+あの出自」


これは中ナントカというセクトです。
南山(仮名)くんという活動家が逮捕されました。彼は大学を転々として
運動を続けていました。それで逮捕されました。容疑は公妨か不法侵入だったか。

当局の人が彼の実家にもう運動から離れるよう説得に行ったそうです。

するとその実家というのがとてつもない豪邸で、ご両親も活動家でした。
その活動は「日本で出自を言えばなんでも通る人々の運動」と
言えば分かりますよね。

両親はとにかく息子を運動から止めさせる気はないと、応援する、という
ことでした。

さてこれを「チョン出てけ」という運動だったらどうですか。
ご両親は応援するでしょうかね。
脱原発運動ならば、理解を示す人は少なからずいるでしょうが。


ケース3「第二の人生もバッチリ」

リアルな知り合いだからあまり書きたくないけど貴重なケースだから紹介します。

2000年代の初めぐらい。深夜に日本テレビのドギュメンタリーを見ていたら
若者の新しい左翼運動というテーマが放送されていました。
まあよく知った顔ばかりでしたが、ある幹部が都内の自宅で
インタビューを受けていました。
とても小奇麗なマンションです。我々は貧しいんだと。それで同じ若者が
困っているから立ち上がった。こんな話をしていました。
もちろん番組も大絶賛。

後で聞いたのですが、このマンション、この人の実家の持ち物だったんです。
まあ要するに衣食住がちゃんと担保されての運動でした。

ちなみにこの人は後に右翼の人たちが大好きな某局に就職しました。
(裁判も起こされたところ)

逆を考えてみましょう。仮に局の面接で右で運動していたことをアピールしても
たぶん何も評価されないどころかかえってマイナスです。というよりか
絶対に言わない方がいいでしょうね。


左翼運動は安保闘争以来、たくさん人材が育てられ弁護士やら経営者やら
たくさんいます。そんな人たちの支援によって成り立っています。
しかし今、嫌韓デモに行く人たちから
弁護士だの政治家だのが生まれるとは思えません。
だから将来的にも現状の構図は変わらないと思います。
チョン帰れ、出てけと言っている若者が、将来出世して
物資両面から保守運動を支援する。考えにくい話です。

だから若い人は絶対にデモや運動やネットに夢を見ないように
老婆心ながら意見させてもらいました。それでもやりたい人は
担保と救対をしっかりやるしかないですね。



[ 2014年02月11日 13:22 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

ソウル教育庁「生徒の人権条例草案」

聯合ニュースに興味深い記事がありました。

【社会】ソウル教育庁「生徒の人権条例草案」公開で波紋

 7日、ソウル市教育庁が公開した「生徒の人権条例草案」に賛否が交錯し、条
例案が確定するまで論議が続くものと見られる。
郭魯[火玄](クァク・ノヒョン)教育委員長の職位が危ない時点で、条例制定を
急がせることに対して、「政治的な意図」があるという批判も出てきている。
この日公開された草案は、市民団体が住民発議で推進中の条例案に比べて穏健
だが、京畿道の「生徒の人権条例」よりは多少急進的という評価だ。
 
最も論議になる条項は生徒たちの「集会の自由」を保障するという内容の19条
だ。集会の自由は当初、「生徒の人権条例制定運動ソウル本部」が提案したもの
で、議論初期から教員と保守教育団体の間で反発が強かった。

 特にソウルより先に人権条例が発効された京畿道でも、反映されずに過度に急
進的だという指摘が出ている。これに対して市教育庁は、
「学校授業に邪魔にならない範囲内で、学校規定に
より制限できる規定をおくことによって、世間の心配とは違い、学校現場の安定
化に気をつかった」と説明した。

 頭髪・服装の自由と携帯電話所持なども許す方向になっている。
だが、「生徒に過度な自立権を与える場合、生徒指導に問題が生じうる」とい
う意見と、「生徒の自立権を最大限尊重しなければならない」という主張が鋭く
対抗している。

 生徒の意思に反する自律学習と、放課後補習を強要できなくした規定も、やや
学校の自律性を侵害するという理由で論議になった懸案の一つだ。
市教育庁はこのような人権条例制定で、教師たちの生徒指導が難しくなること
を考慮して、「学校生活教育革新方案」も共に公開した。
だが、実質的な指導方法が入っていない以上、実効性論議を呼び起こした「体
罰禁止マニュアル」の水準を越えられないという指摘が出てくる。
市教育庁は当初、先月末まで条例草案を作って、生徒、教師などの意見とりま
とめを経て確定した条例案を10月中に市議会に提出する計画だった。
市民団体の住民発議案が提出される時期に合わせて、市議会で2つの案を審議
することができるようにするためだ。

 だが、郭教育委員長が検察の捜査を受けて日程が遅れ、一部では生徒の人権条
例制定が失敗に終わるのではないかという指摘も出ていた。
生徒の人権条例は郭教育委員長の核心公約であっただけに、郭教育委員長が主
導的に行えない場合、推進が難しくなるからだ。
それでも、市教育庁が教育委員長の去就が危険な時点で、条例案を公開したこ
とは、郭教育委員長が「職」を維持している間に、条例作業を急いで終えるよう
にしたと分析される。

 このような作業が仕上げ段階に達したことで、郭教育委員長が途中で席を外し
ても、支障なく進行されるだろうという意思の表現という指摘も出ている。
市教育庁は9月以内に最終案を確定して、遅くとも11月まで市議会に提出して、
年内に条例案が通過されれば、来年3月(新学期)から条例が発効されると期待し
ている。



「市民が主役」「市民による政治」
個人的な印象ですが、特に90年代からこんなフレーズが喧伝されるようになって
今では内閣府や自治体の審議会にまで「市民」や「市民団体」の関係者が
有識者として参画するようになりました。
実は「市民」という言葉そのものに全く意味も実態とないと思われます。

一種の政治的マーケティングと考えてもいいでしょう。
つまり政党にしてもメディアにしても「市民様」と愛でることで
支持を得ようと。
とは言え自治体の広報や新聞で「市民万歳」としている間は
まあ頑張ってつかあさい、という程度ですが
しばしこの市民という存在、というよりか市民という言葉を隠れ蓑にした
活動家によって議会政治、地方自治の原則すら破られてしまう
という事態が起こりえます。

それが如実に表れているのが
月刊同和と在日2010年11月号です。
韓国大好き、片山善博総務相が鳥取県でやってきたこと

よく議会政治では「数の論理」という点で批判されることがありますが
逆に言えば「数」で決めなければ何で政治決定をするというのでしょう。
本記事ではいわゆる「市民政治」とやらが
単に「ゴネたら勝ち」「声のでかさが勝負」
に陥った点を指摘しています。

それからもう一つ聯合ニュースのケースだと
日本でも話題になっている「自治基本条例」の問題点に相通じるものがあります。
この場合だと住民発議で条例が立案できるということは
つまり権力の二重構造を意味します。
議会の場合は内容はどうあれ、議論のプロセスは傍聴したり、議事録を読み
確認することができますが、住民発議なり、審議会の場合、いかようにも
非公開とすることができます。

この市民マインドについては拙著
民主党「裏」マニフェストの正体―水面下で進行する危険な法案
でもその実態を取材して、指摘しておりますので
ご一読ください。
[ 2011年09月08日 09:18 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)

紀州鉱山の朝鮮人追悼碑の固定資産税払えぬとゴネる人々


日本の植民地時代に強制動員されて
死亡した朝鮮人を追悼するために
建立した記念碑の土地に、日本の地方自治体が「公共性がない」
として税金を課し、現地市民団体が強く反発している。

 日本の市民団体「紀州鉱山の真実を明らかにする会」によると、
同団体は昨年3月に、三重県熊野市の紀州鉱山に強制動員され、
現地で死亡した朝鮮人35人を追悼する碑を建立した。

 同碑には「朝鮮の故郷から遠く引き離され、紀州鉱山で働かされて、
亡くなった人たち。父母とともに来て亡くなった幼い子たち。
わたしたちは、なぜ、みなさんがここで命を失わなければ
ならなかったのかを明らかにし、その歴史的責任を追及していきます」
と書かれている。

 市民団体は当初、鉱山を運営した石原産業と熊野市に
土地提供や資金などの支援を要請したが、断られた。
そのため、在日韓国人有志に資金を借り、2009年7月に土地を直接購入した。

 熊野市は「公共性のない私有地」として、その土地に
不動産取得税2万6300円と固定資産税1万6200円を課税した。
市民団体側は、「土地は朝鮮人強制動員事実を伝え、
歴史的責任所在を明らかにする公共的場所」と主張。
朝鮮人を追悼する場に対する税金を、1円でも納入することは、
日本の行政機関の侵略犯罪に加担することだとして強く反発している。

 これと関連し、同団体は3月18日に三重県と熊野市に
課税賦課処分の取り消しなどを求める行政訴訟を津地裁に起こした。

 紀州鉱山は1934--1978年に運営され、
1940--1945年に江原道を中心に
朝鮮人1000人余りが強制労働を強いられた。
熊野市当局は当時、鉱山に強制動員されて死亡した
英国人捕虜16人の墓地は史跡と指定して管理しているが、
朝鮮人死亡者と関連しては何の措置も行っていないという。

 民族問題研究所の朴漢竜(パク・ハンヨン)研究室長は、
「日本の市民が朝鮮人強制動員現場を保存したのは誤った
過去を繰り返さないという重大な成果。自治体が公共性を否定するなら、
真の韓日友好と連帯を妨げる行為だ」と話した。
朝・日友好ニュース No.019.11.05.21



主張はご自由だが、こういう活動はそもそも民間の有志で
やるところに価値があって、そこに「市民運動」の意義が
あるはず。しかも国なり自治体に依存しないことが
逆に主張の自由度を高めるわけで、主張します、
それで免税しろというのはかなりムシのいい話では?

参考に

<渡日理由別にみた渡日決意の状況>
●経済的理由(438人)
43・2% 自発的に
20・3% どちらかといえば自発的に
33・6% 仕方なく
3・0%  不明

●結婚・親族との同居(191人)
27・2% 自発的に
22・0% どちらかといえば自発的に
48・2% 仕方なく
2・6%  不明

●留学(105人)
71・4% 自発的に
19・0% どちらかといえば自発的に
8・6%  仕方なく
1・0%  不明

「アポジ聞かせてあの日のことを」(在日本大韓民国青年会)

彼らの言う「強制動員」と「自由意志」がどう歴史的に
線引きされてきたのか、再検証すべきです。
[ 2011年05月29日 20:13 ] カテゴリ:プロ市民 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。