だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  民主党

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通信教育課程は学歴ロンダリングの温床か!?

安倍晋三首相は25日午前の参院予算委員会で、古屋圭司拉致問題担当相の靖国神社参拝に対し、拉致被害者が落胆していることはないとの認識を示した。「古屋氏が家族会などに問い合わせたが、一切そういう声は上がっていない」と明言した。古屋氏の靖国神社参拝をめぐっては、民主党の徳永エリ氏が24日の予算委で「拉致被害者が落胆しているとの声が聞こえる」と批判していた。
首相は25日の質疑で「非難には相当な根拠があったと見るのが当然だ。それがなければ捏造(ねつぞう)の質問になり重大だ」と徳永氏の質問手法を疑問視した。自民党の北川イッセイ氏への答弁。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130425-00000554-san-pol




目下のところホットなこの話題。
徳永議員の発言自体はいかにも民主党的と思うだけですが、
ちょっと別のことで気になった問題があります。
それは彼女の経歴について。

1974(昭和49)年 札幌市立緑丘小学校卒
1977(昭和52)年 藤女子中学校卒
1980(昭和55)年 藤女子高等学校卒
1981(昭和56)年 法政大学法学部法律学科(通信教育課程)中退

ということになっていますが、私も法政なのでちょっと思うところがあります。
まず制度上、通信教育課程に中退というのはありえるのでしょうか。
一度大学側にも扱いについて聞いてみたいのですが
これって河合塾中退、下手をしたらユーキャンや
進研ゼミ途中解約とかそのレベルではないでしょうか。

私が在学中少なくとも通教は書類一つで入学可能で大学というよりも
生涯学習に近い性質だったと記憶しております。
現在は以前よりも選考の難易度が上がったそうですが、それでも一般入試よりは
門戸は広い。卒業できるかどうかは別として。

なにしろ「振り向けば日大」「日法駒専」と他校から揶揄される法政大学。
しかしこの大学の幸運は「東京六大学」というカテゴリーの中にあることです。
つまり通信教育にとりあえずなんでも入るだけで、一応、下っ端とは言え
「東京六大学」というプレミアに預かることができてしまう。


一方、慶応義塾大学にも通信教育はありますが、こちらはかなり難易度が高い。
とは言え難解な入試を経なくても慶大生になれる可能性があるわけです。
もちろん立派に勉強されている人は多いと思いますが
それでも「通教中退だろうがなんだろうが慶大、法大に”籍を置けたパスポート”を得た」
という格好になります。しかし実態は、中退といよりただの挫折なのですが…

こうした性質上、特に政治家のようにそれなりに肩書きが求められる職業には
ちょっとした抜け道になるような気もします。

法政といえばかつて野中広務さんも法大出身と学歴詐称していたと記憶していますが
この時も通信教育中退だったような。(二部中退だったか)
真面目に勉強されている方には本当に申し訳ないのですが
ただ学歴ロンダリングの材料にされている側面も否定できません。


●もう一つの学歴ロンダリングの意味

夜間(二部)なり、通信教育でもう一つ挙げておきたいのが左翼活動家の
学歴ロンダリングにもなっている点です。えらくおじさんの新入生がいると
思ったら他校の活動家が卒業して、法政の通教や夜間に入ってくることです。
これならちゃんと「法政大学生」という身分を得ることができます。
つまり学歴ロンダリングというよりも活動家再生産の場という表現の方が
適切でしょう。大学生という立場は意外といい社会的免罪符で
そのモラトリアムチケットを入手できるなら夜間や通教の学費など安いものです。
(働きながら頑張って卒業された方には本当に申し訳ない表現ですが)
しかし繰り返しますがそうした真摯な思いの一方で、活動家の抜け道に
なっていたこともございました。

夜間にせよ通信教育にしても本来は何らかの事情で学ぶ機会がなかった人の
再チャレンジの場。あるいは働きながら学びたいという人向けの制度だったと
思うのですが、当初の趣旨とは離れた存在理由があったのも事実です。

●「参考」政治家と学歴詐称の過去

昨年、河村たかし名古屋市長の取材をした時に旧民社党の方々にお話を聞いたのですが
よもやま話になった時、かつて明治大学出身と詐称していた新間正次元参議院議員の
話になりました。
東海地方ではちょっとしたタレントだったから私もテレビに出ていた時のことを覚えて
いますが、なんでも星野仙一さんがまだ中日の監督をしていた時に
激励会があったと。
そこに新間氏も出席して
「我が明治大学の仲間である星野さんがドラゴンズを率いているのは喜ばしいこと」
などと挨拶をしたそうです。
それで参加者のOBから「あの人はタレントで有名人だけども明治の卒業生か?」
というようは疑問が持たれ、そんな疑惑が深まる中で当選後、詐称が発覚したそうです。

●「おまけ」なぜ六大学なの?

東京六大学を始め全国に六大学とつけられた大学群はいくつかありますが
なぜ「6」なのでしょう。野球のリーグが組みやすいからなのか
語呂がいいのか。

95年に法政大学は全日本野球選手権というものに出場して日本一になりました。
当時は副島(元ヤクルト)、矢野(元横浜)といった有名選手がいて
門倉(元中日)率いる東北福祉大学を破っての優勝でした。
確かその時、準々決勝で創価大学とあたりこれはコールド勝ちだったと記憶しています。

それがなんとも神宮球場は異様な雰囲気で試合前からどう見ても
信者と思しき御一行が
大挙して「頑張ろう、今日は勝つぞ」と言っていたのが印象的でした。
あれ気づいたら法政の学生席以外、あっち? みたいな雰囲気と申しますか。

それで当時、面白かったのが創価大学が所属する東京新大学野球連盟での話。
同じく同リーグの東京学芸大学を創価大学はライバル視して
「早慶戦的」な気合とセレモニーで盛り上げていたそうです。
ところが学芸大学からすると「ちょっと何、コレ…?」みたいな雰囲気だったそうです。
これは学芸大学が国立大学ということから創価大学側が「同格」を演じるための
ことだったのでしょう。
気合が入る創価大学、しれーっとした学芸大学
それも「六大学」というあまり根拠のないグループ分けによって生まれた光景だったのでしょう。
スポンサーサイト
[ 2013年04月26日 10:59 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(3)

人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)関連について1

滝法相は4日の記者会見で、「人権委員会」設置法案の今国会提出を断念すると発表した。
同法案は、差別や虐待からの救済を目的とする人権委員会を
法務省の外局として設置することが柱。与野党や閣内から「人権の定義があいまいで拡大解釈される恐れがある」
といった懸念の声が出ていた。滝氏は会見で「次の臨時国会での閣議決定を考えたい」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120904-OYT1T01122.htm



民主党政権の発足以来、人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)の提出、断念という現象が
続いてきました。今回も同じオチだろうと思っていたところ案の定の結果だったから
むしろ脱力感さえあります。

組坂繁之部落解放同盟委員長は「人権委員会」設置法案について「こじんまりしたもの」と表現しながらも
成立に意欲を見せたそうです。逆に本気度が伺えます。
本来は国内人権機関の設置、救済法の制定が最大の狙いだから、
支援団体やその弁護士のいうところ「小さく生んで、大きく育てる」という意向なんでしょう。

http://www.moj.go.jp/content/000082631.pdf

法務省のHPを見る限り、まだ同法案の運営方針や意図、狙いが分かりません。
組坂氏というか解放同盟サイドとしてはこの委員の数にこだわっており、それが5人なのか7人なのかも
見えません。ただ昨年の解放研究集会岐阜大会で組坂氏は「(委員が)5人になったら誤認逮捕だよ」と
冗談を交えて7人制を訴えていました。

とにかく委員数、内容を問わず同法案下での委員の調査は「任意」ということですから
あまり実効性はないと思います。骨抜き法案です。
ただ骨抜きであっても運動団体としては、とにかく制定を急げと。

というのは、最近の解放同盟の主張の一つに

「行政も差別と認めた」

というものがあります。

面白いことに階級闘争をしていて、しかも反体制、反権力を謳う団体が
最後に持ち出す、すがるのが行政というもの一種、滑稽なところがあります。
糾弾について聞くと

「ほれみろ、役所も差別と認めとるやんけ」

これ実際に言われたことです。だから「人権委員会」設置法案の中身が
骨抜きであっても、構わないのです。つまり
「国もついに人権救済の必要性を認めた」
ということの一種のアドバルーンにすぎません。

●実はやってみてほしい気も・・・

アドバルーンということは、すなわち張り子の虎であってこけおどしです。
だからそのこけおどしを使ってどうおどしてくるのかちょっと見たい気持ちもあります。

自分の本でも人権侵害救済制度や国内人権機関については批判したし、
月刊同和と在日の是としても反対の立場をとっています。
しかし最近、鳥取ループとも話しているのですが、むしろ推進派に
転向しようとさえ思っています。

それには理由があります。

(1)人権委員会が何かやらかさないはずがない。これに尽きます。運動体も関わったらお笑いで言うところの出オチというのか不祥事オチが待っているのが目に浮かびます。正直、ネタだけ振ってくれてオシマイと思います。


(2)一応、当事者間の調停があるそうですが、もし月刊同和と在日、あるいは私か鳥取ループが告発されたら裏返せば、主張する場を与えてもらえるということです。これまで人権問題に疑義を唱えても、役所にも解放同盟にも逆上されて終わりでした。それなら公の場で堂々とこちらの主張ができるというならありがたい話です。

(3)しかもその間のやり取りを記事にできる。いやむしろ手続きや委員の質、言動などを探るのに絶好のチャンスだからこれ以上の取材はない。

こんなところが挙げられます。

それにすでに人権救済制度は事実上、行われているから別に法制度として立法されようがされまいが
今さらという思いがあります。
それも密室の議論で、そして狡猾に施行されています。

疑惑の糾弾 作られた「就労相談員差別発言事件」の真相リポート-滋賀県湖南市
月刊「同和と在日」2012年2月号

この事件は最たるものでした。
湖南市の就労相談員の間で「差別発言の有無」で発展したこの事件。
疑問ポイントとしては、以下があげられます。

●差別発言について言った言わないの水かけ論になった時に「差別発言があった」という主張が優先される
●市役所内で部落解放同盟に単独で聞き取り調査をさせていた(どういう条例、どういう規則でこれを許したのか
分かりません)
●結局、差別発言をしたという相談員は退職せざるをえなかった。職を追われるものの、市は自主退職と言う。
しかしこんな職場でだれも働きたいと思わない。

時間経過を紹介しましょう。
運動団体とはもちろん解放同盟。事実上の行政機関のような役割を果たしています。

2012y09m09d_141935595.jpg




それで日本には古来より「水に流す」ということわざがあります。
公務員の不祥事も例えばメディアなどで騒がれても懲戒免職になれば一応、そこで追及は終了です。
この相談員ももう退職しているのだから「水に流れる」はずです。
しかしこと糾弾というか人権問題の追及は終わりません。表の最後のところに「電話で接触を試みる」
とあります。





2012y09m09d_141849007.jpg




これだけじゃなくて湖南市は執拗に元相談員への接触を続けるわけです。

つまり「事情を聞かせろ。まだ終わっていないぞ」と。
ただでさえ、ネチネチとやられた上で、退職後も続きます。

特に糾弾会におけるこの聞き取り調査とは凄まじいものです。

例えばある差別事件が発生したとしましょう。

同和問題という認識があったか?(あるいは歴史的に差別されてきた地域であるという認識があったか?)

という問いに対して、仮に「認識はあったが十分ではなかった」と回答した場合、

「それは認識がないということ。まだ啓発が足らない。次回は何月何日にもう一度、来てもらおうかい」
となります。

逆に「認識がない」と答えた場合、

「認識がないというのは本人と同時に行政(企業)の責任。まだ啓発が足らない。次回は何月何日にもう一度、来てもらおうかい」

だから聞き取り調査などエンドレスです。

しかもこうした”啓発”とやらは、役所で起きたことでも密室で進みます。


2012y09m09d_220939968.jpg



この通り、一番音頭を取っている解放同盟員の名前は伏字なんです。



「人権委員会」設置法案が仮に制定して、人権委員会制度ができた場合、まがりなりにも
国がやることだから委員名も公表されるでしょう。それにまるで密室というわけにもいかないでしょう。

でも現行の糾弾ないし自治体の聞き取りは、密室、差別ありき、差別と申し立てた側の立証責任もない
ジャッジは解放同盟に委ねられと運動体のメリットだらけ。

団体のメンツとして人権侵害救済法案の立法を訴えるわけですが、実は現行の手口の方が
案外、有利というか実効性もあり、なおかつ差別者とされた側にはダメージが大きいでしょう。

しかも人権啓発などと崇高な活動をやっているのに全く非公開。
疑問を呈すると怒鳴る、なじる、「そりゃお前の考え方」と逆ギレすれば
いいわけだから便利なものです。














[ 2012年09月09日 23:02 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)

民主党・もう一人の同和議員(元ですが)

2012y06m26d_235117020.jpg

そういえばもう一人の同和系議員の松岡徹元参議院議員は今後どうされるのでしょうか。
一応、波除の某所には後援事務所があるみたいですが。

面構え、声といい迫力という点では松本龍さんよりも強烈な気がします。
[ 2012年06月26日 23:58 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)

チョイ悪風の松本龍大臣

「同和と在日」7月号は好評発売中です。

お買い求めはこちら!!!!


http://atamaga.jp/dz8
http://p.booklog.jp/book/28948

それにしても復興相になって
独自の存在感を醸し出す松本龍大臣ですが
この人については
http://p.booklog.jp/book/13090/chapter/17024
こちらで立ち読みができますので
ご参考に。


mdragon_convert_20110629232415.jpg


















それにしても松本龍大臣を取材する上で一番困ったのは
彼自身の主張、人柄がほとんど見えてこないことでした。
ところが復興相になった時のこのチョイ悪風の
風体。民主党も自民も公明も嫌いという大胆発言は
初めて我を出した印象です。


matuoka.jpg

















同じ解放同盟の組織内候補ならばこちらの方が
人権擁護法案、外国人参政権でも強く訴えてきたのですが。





[ 2011年06月29日 23:35 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)

松本龍復興対策担当相誕生~ヒストリーオブドラゴン~

松本ドラゴンこと松本龍環境相が復興対策担当相へ

松本家家訓

立派な家屋も社屋も必要ない

これは松本治一郎氏以来の家訓ということで、前々回のエントリーの
でもお分かりの通り。松本家では邸宅も巨大な社屋も不要という
合理的な家訓が引き継がれているようです。

そういえば治一郎氏は反天皇でカニの横ばい事件というのを
起こしました。

龍氏が環境大臣に就任された時も
疑問に思ったのですが、大臣は天皇が任命する件。

この行為について龍氏も解放同盟関係者各位も
何か疑問というのか異議はないものでしょうか。



doragon.jpg




[ 2011年06月27日 22:35 ] カテゴリ:民主党 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。