だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純)

週刊誌、月刊誌などに寄稿した記事の 補足、追加取材ブログです。 ネットと雑誌メディアの融合を目指します。
だが待ってほしい早計ではないか通信(フリーライター三品純) TOP  >  スポンサー広告 >  人権・平和 >  アイヌレポート近日中に発刊します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイヌレポート近日中に発刊します

たぶん過去、同和取材より時間も金をかけてアイヌ取材をしました。

左派にありがちな当事者の主張をそのまんま載せるものではなく
右派にありがちな当事者への取材なしの演説集でもなく
おそらくアイヌに関わる主要な人々には全て取材をしました。

今回はご無理をいって阿部ユポ札幌アイヌ協会会長兼北海道アイヌ協会副理事長を
はじめとするアイヌ団体の幹部、有識者の方にもお話を聞くことができました。

同和も在日団体もこうした幹部の人が取材に応じてくれたことはただの一度もありません。
しかしアイヌ団体の方々は受け入れてくださったことに感謝します。

またのりこえネットでも活躍されている石井ポンぺ氏とはサンマの塩焼きを肴に
アイヌ酒で激論を交わすという貴重な経験ができました。
これも感謝です。

全く考え方が違うけども、思想や主義主張の違いで相手を拒絶する団体や
保守派の人たちとは大違いだと思いました。

●アイヌはなぜ創価学会が多いのか?

当初、非常に戸惑ったし全く点と線がつながらない話でした。
しかしアイヌ幹部の人たちの話を聞いて、得心したというか
答えは異常にシンプルなものでした。
難しく考えすぎて足元の答えを見つけられないということはよくあるけども
本当になーんだという話でした。

●アイヌはどう定義されるのか。何をもってアイヌとするか。

むしろこちらの方がまだ「X」が多いですが、現状の答えとしては
たぶん最もベストな回答を用意できると思います。
不遜な言い方かもしれないけど、すでにこちらが把握している情報や内情は
おそらく市町村の担当者すら知らない、理解できていないと思われます。
(というよりも『先駆者の集い』を知らないという自治体の担当者も多かったから
その時点でもう程度のほどは分かるかもしれませんが)

●アイヌと同和

アイヌと同和はまるで兄弟のようなものです。
腹違いの兄弟と言うのが適切でしょう。

あるアイヌ団体の幹部はこう言いました。
「うちは解放同盟とは関係ないからな。そう書くなら取材には応じないぞ」

これもすごくお気持ちは分かりますが、各支部はともかくアイヌ全体、アイヌ政策全体で
言えば同和と関係が大ありです。

●自民党とアイヌはベッタリ

保守派の方々。
絶対にアイヌを批判しない方がいいですよ。
御自分たちが信奉する政治家さんたちの名前がじゃんじゃん出てきます。
なにしろ安倍首相もアイヌ政策はやる気満々です。
そんな安倍首相を支持する保守派の人たちは人権的でえらいなあ。
さすがです。
まあ何を保守されとるか知らんけど頑張って保守ってください。

というようなことをレポートします。
スポンサーサイト
[ 2014年09月29日 23:07 ] カテゴリ:人権・平和 | TB(0) | CM(7)
とても楽しみ
私の知らないジャンルの話なので、レポートがとても楽しみです。
しかし、なぜアイヌに創価学会の学会員が多いのでしょう?
かんたんとお書きですが、想像がつきません。
[ 2014/10/04 19:47 ] [ 編集 ]
Re: とても楽しみ
> 私の知らないジャンルの話なので、レポートがとても楽しみです。
> しかし、なぜアイヌに創価学会の学会員が多いのでしょう?
> かんたんとお書きですが、想像がつきません。

klg88さん

いつもありがとうございます。
アイヌと創価の関係は本当に簡単なんですよ。
klg88さんだったら絶対に分かると思います。
[ 2014/10/05 10:32 ] [ 編集 ]
発刊、楽しみにしています。
このエントリーを読む限りでは、かなり幅広い声が聞けたようですね。
北海道に住んでると、いると言われてもわざわざ会いにいかないといないし、別にアイヌの悪口を言う人にあったことがないどころか、そもそも言及すらされないしで、全くピンと来ない。
だから、そういう本はとても楽しみなのです。
[ 2014/10/07 20:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 発刊、楽しみにしています。
> このエントリーを読む限りでは、かなり幅広い声が聞けたようですね。
> 北海道に住んでると、いると言われてもわざわざ会いにいかないといないし、別にアイヌの悪口を言う人にあったことがないどころか、そもそも言及すらされないしで、全くピンと来ない。
> だから、そういう本はとても楽しみなのです。

ありがとうございます。道民の方にそういって頂けると嬉しいです。
名だたる幹部やアイヌ文化人に接触しています。
しかしながらあらゆる意味で温度差がある問題ですがそれを
どう伝えるか頭を悩ませています。
[ 2014/10/10 23:13 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/04/11 00:33 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/08/25 20:08 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/01/19 08:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さんぴん

Author:さんぴん
フリーライターをしております三品純と申します。
ブログ内の写真や資料などは出典を明記して頂ければ
自由にお使い頂いて結構です。

連絡先はjm347@nifty.com
090-2914-5069


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。